リーウェイ営業停止後の再始動‼今後一体どうなる⁈

リーウェイ

今回は、行政処分を受けたリーウェイが2月に再始動し、その後の展開と今後の予測について詳しく掘り下げています。

リーウェイの現状と将来の可能性について考察、ネットワークビジネス全体の課題や消費者獲得の難しさについても言及しています。

ネットワークビジネスに参加している方必見の内容になっています!参考にされてください。

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

リーウェイの再始動:過去の行政処分と今後の予測

 

田原
田原

垣内さんよろしくお願いします。

垣内
垣内

お願いします。

田原
田原
リーウェイ再始動。
盛り上がってるのか?って、今後の予測について。
垣内
垣内

予測ね。

田原
田原

リーウェイ去年ですかね、行政処分になって、あれはメインは薬機法だったんですか?

垣内
垣内
そうですね薬機法ですね。
「ガンに効く」って言ってたのと、特商法違反・薬機法違反で、5ヶ月の業務停止・行政処分を受けたっていうのがリーウェイだったんですよ。
田原
田原

それが明けたのが?

垣内
垣内

2月、今。

田原
田原

2月から再始動したと。

リーウェイのリーダー驚きの動向!

垣内
垣内

再始動で盛り上がってるって話なんですけど、関西で有名なリーウェイのリーダーが行政処分になったからって、ニューユーライフへ行ったんですよね。

田原
田原

はい。

垣内
垣内

ニューユーライフに行ったと思ったらニューユーライフに、「アンビットエナジーのトップだ」って嘘吹いてる”江頭俊文”がここにジョインして、「リーウェイの人が薬機法違反してるからこんな会社は危険だ!俺はやらない!」って今度こいつはリンクっていうのをやって、こっちもこっちもみたいな感じ。

田原
田原

はい。

垣内
垣内
ニューユーライフに入ったと思ってたらこの行った人たちを、普通はそういうことしたら会社としてクビにするんだけど、リーウェイは「帰ってくるのを許します」って、帰ってきてまたリーウェイで盛り上げようと思って、わーって頑張ってるっていう情報が入ってきてます。
田原
田原

あっち行ったりこっち行ったり?

垣内
垣内
あっち行ったりこっち行ったりまた養分になってませんか?
なんか同じだよね今の話。
アイテック、アイムス、アイテックってダブルでお金取られてみんな一緒だよね、こんな一緒のことが起こってるのに、みんなその人達をトップリーダーって崇めてんの?
田原
田原

うん。

垣内
垣内

リーウェイでこれ権利収入になりますよって普通はみんな買わなきゃいけないのに、「一発買ったらもういいんですよ」って言って説明を受けてたね。

田原
田原

うん。

垣内
垣内

「これは投資なんですよ」って、「こんだけ買っといたら、ずっと入ってくるんですよ」って、いや行政処分になったら入ってこないからリーダーが辞めたんじゃないの?

田原
田原

はい。

垣内
垣内
入ってくるんだったらずっとそのままでよかったんじゃないです?
でも入ってこないからニューユーライフに行ったんでしょ?
田原
田原

うん。

垣内
垣内

しかもネットワークビジネスの事例から言うと、ニューユーライフでバーンと最初から上手くいくんだったら、そっちでもう帰ってこなくなるわけじゃない?

田原
田原

はい。

垣内
垣内
だけどまた帰ってきてやるんだって。
これどういうことです?
普通に考えたらわかるよねみんなね。
あっちもこっちもこっちもあっちも言ってる通りじゃなくて、上手くいかないから引っ越しするんです。
上手く行ってたら引っ越しする必要ないし頑張ったらいいわけでしょ?
田原
田原

うん。

垣内
垣内
僕、昔ねトップディストリビューターやってる時、行政処分なったんですよね。
行政処分になったら行政処分中にね、売上が月に3000万プラスになったんですよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
新製品が出ましてね、「みなさんごめんなさい」って。
僕は悪いことしてないですよもちろん。
悪いことをする他所のチームとかがあって行政処分になった。
これは真摯に受け止めて、3ヶ月の行政処分ってのがあったんですけどね。
田原
田原

うん。

業界の課題

垣内
垣内
やっぱりそれは自分たちにも責任あるよなって。
自分たちがやってるとかやってないじゃなくって、そういうことが下されたんだったら全体、連帯責任だよねってね。
「みなさんごめんなさい」って「しっかりとちゃんと教育をやっていきましょう」「今までよりもっと厳しくやります」って。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
その行政処分中にプラス3000万売り上げ上がりましたよ。
やっぱり愛用者がいましたんでね。
3000万プラス売り上げになりました。
翌年はみんなが売り上げて、過去最高売り上げを更新したっていう出来事があったんですよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
正しくやって消費者がいたら、やっぱりそういったことってあると思うんです。
野村証券が行政処分になったとか、色んな会社が行政処分になったり。
法律違反があるから行政処分になるんだけど。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それをアイテックの場合は「会社が悪いんだ!」って言うけど違うでしょって!
それは現場が悪いに間違いない。
僕はやってなかったですよ悪いことはでも僕の責任じゃないですかそういうことになると”トップの責任””会社の責任”
そしたらみなさんに「ごめんなさい」って反省して改善して、やっぱ社会に認めてもらうしかないわけじゃないですか。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
そしたらやっぱり社会に認められたか認められてないかっていうのが、売り上げに繋がるわけじゃないですか。
そういうことをやればいいのにリーウェイもアイテックも行政処分になってるんだけど。
どちらも共通して言えることはそこは「自分たちが悪かった」って反省するのではなく、「わたしたちは正しかったんだ」って何の改善もなくやるところ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内

向こう行ってこっちでまたやって、目を覚ましてくださいねっていうことなんです。

田原
田原

うん。

垣内
垣内
じゃあ帰ってきたとします。
今後の僕の予想ですけど、これダメでしょ会社。
何で僕は個人的にダメかって思うのかって言うと、5万円のプラセンタエキスをどうやって売るんです?
田原
田原

うん。

垣内
垣内
僕は商材ね、消費者が大事。
消費者がいて、消費者がいないのがネットワークには問題で、消費者がいない・獲得できないのが問題であると。
田原
田原

うんうん。

垣内
垣内
じゃあどうやって獲得するの?
5万円のサプリメントを販売する方法ある?
田原
田原

誰に向けてってことになりますね

垣内
垣内
そうそうそう。
5万円のサプリメントを毎月買える人なんていないし、じゃあ「これ1回買ったら収入になるからいいんですよ」とかね、「商品に興味ない?とりあえず買っといたらいいんですよ」って、いや権利収入にならないよね?
田原
田原

うん。

垣内
垣内
そもそも論で、全くないじゃないですか。
だからリーウェイなんかその下に自分のリーダーがまた入ってきてグループを作るんですって、意味不明なこととか結構言ったりするんですけど、んなわけないじゃん!
みんなそうやって言ってるだけ、そうならなかったから移動したんでしょって。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
5万円のサプリメント誰が買うの? って話し。
5万円買える人って相当お金持ちで、それを必要とした人。
じゃあお金持ちの人ってのはリテラシーが高いわけ。
バカではないってことだよね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
じゃあインターネットとかで5万円のって調べるわけじゃない。
このサプリメントいいのかな、シカプラセンタエキスってタンパク質だと思うんですよね。
プラセンタというのを調べて欲しいんですけど、化学構造式どんな成分なのか、これ胃に入ったら分解されるわけですよ胃で。
そしたらタンパク質っていうのはアミノ酸がつながってるので、胃酸で分解されてアミノ酸になるわけですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
なんでシカプラセンタエキスじゃないとダメなんですか?
成分でしょ?
アミノ酸飲めばいいじゃんいろんな。
5万円もします?
アミノ酸いろんなのあるのに、いっぱいやったらいいじゃんアミノ酸ふんだんなサプリメントって。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
なんでプラセンタエキスってシカじゃないとダメ、シカは自然となって「すごい免疫力が高いんです」ってその証明は?
そのエビデンスは?
その学術論文は?
シカじゃないといけないっていうのね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
僕は同じ成分だと同じだなと思うんですけれども、「いやシカのがすごいんですよ」
っていうのがあるんだったら、シカのエビデンス出したらいいんじゃないですか?
田原
田原

うんうん。

垣内
垣内
それがじゃあそこまであって最強だとしても、言えないんですよ。
日本の法律でね、言えない。
臨床データがあって薬として、どんな人でも薬と承認されてないものは無承認薬として効果について言及することは一切できないし、効果について示唆・イメージさせる、そういうこともダメなんですよ法律で。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
だからどうやって売るんですか?
って無理だよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
バレなきゃいいって言って、これワーって5万円で。
いや投資だって言ってたら、なんかリーウェイ独特のコインじゃないけどそう思えるものになってって、暗号資産みたいな言い方をする人もいたみたいですよね。
田原
田原

うんうん。

垣内
垣内
僕その辺は詳細知らないですけれども。
だからそういった「投資になるんだ1回買ったら」って、じゃあなんでリーダーがニューユーライフ行ってニューユーライフ行ってまた戻ってきて、良かったならニューユーライフやればいいじゃん。
田原
田原

うん。

垣内
垣内

なんで戻ってきたのかなって、戻ってきたら今度シカプラセンタエキス5万円誰が買うのかなって、誰にどんな価値をどうやった方法で、売り上げを消費者を獲得していくのかなと思いますよね。

田原
田原

うん。

垣内
垣内
それを飲みます? あなた5万円のこんな大きいの。
どうやって売れるんですかね?
田原
田原

うんうん。

垣内
垣内
売れないでしょうね。
なんでリーウェイがワーって行ったかって、ネットワークビジネスが今から15年位前売上ピークを迎えて、元々は1962年にタッパーウェアっていう会社から始まって、確かにネットワークビジネスは1回ブームが来て1回落ちて、2回目のブームを作ったのが僕なんですよねはっきり言って。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
2回目のブームもあって、そうですね3兆6000億円くらいのマーケットができたんです。
訪問販売と合わせたマーケットですね。
でもこれが今から15年前から下がり続けてるんですよ。
田原
田原

うん。

消費者獲得の難しさとビジネスモデルの限界

垣内
垣内
それは何かって言ったら、やっぱりインターネットが出てきてデジタルトランスフォーメーション、DXですね。
カスタマーエクスペリエンス、社会が大きく変わってネットワークビジネス古いよねって話なんですよ。
コンビニだってセブンイレブンさん、5兆円まで売上いってダウンして2000人リストラ。
2019年ですよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
TSUTAYAとかがあったけど今Netflixだからね。
Amazonプライムだよね。
こうやってデジタルトランスフォーメーション、カスタマーエクスペリエンスが起こって、タッパーウェアの50年前のアムウェイでさえ50年前じゃん。
同じやり方やってたらそりゃ時代についていけない。
売上ピークを迎えて落ちていくよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
これが今なわけですよ。
それをやっぱりね、その時代に合わせたビジネスモデルにチェンジしないとダメでしょ?
田原
田原

うん。

垣内
垣内

それをシカでって、何でだから上手くいったかって言うと、そうやってネットワークがダメな時に「買い続けなきゃいけない」、「勧誘し続けなきゃいけない」と言われてたのに「1回買えばいいよ」って言われたから。

田原
田原

はい。

垣内
垣内
「1回買えばいいよ」「ずっと買わないでいいよ」「1回買ったら」要は噛んどいてって話しですよね。
こういうの多いんです、噛んどいてみたいな話し。
ほんで一気に行ったアウラとかアイテック、噛んどいてって。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
バイナリー2人だからこのアウトラインに入ると、1本出したらいいよって。
本当は2本出さないといけないんですよ?
でも「1本出したらいいよ」って、「だってこっちは伸ばすから、降ってくるから」とかいろんな嘘張ったりをつくのみんな。
田原
田原

うんうん。

垣内
垣内
そんなわけないの。
報酬プランちゃんと自分で勉強しないとダメですよ?
田原
田原

うん。

垣内
垣内
でも「1人出したらいいの」「買うだけでいいの」「2回買わなくていい」、「普通ネットワークは買わなきゃいけないでしょ?」「でも買わなくていいの、これ1回だけでいいの!」ってそういう新手の嘘だったわけ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内

ビジネスが新手の嘘で、みんな上手くいかなかった情報弱者がウワーってやってウワーっていって、ダメだよねっていうのが今なんですよ。

田原
田原

うん。

垣内
垣内
そしたらもう1回同じ嘘に騙されないよねって。
こうやってら僕らも言ってるし、インターネットで本当の真実がこうなるとどうなるのかなって話で、僕はうまくいかないと思いますよね。
あの時うまくいったのは情報弱者達に新たな嘘ですね、暗号資産もそう。
新たな嘘でみんなからお金を集めた。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
魔法はないんだけど、新たな魔法みたいに思うんだろうね初めて聞いた話は。
だから新たな魔法でウワーって盛り上がったけど、いややっぱり魔法じゃなかったよねって冷めちゃって。
田原
田原

確かに。

垣内
垣内
だからそれをもう1回彼らがやられたら、ちゃんと愛用者を獲得しなきゃいけない、正しいビジネスをしなきゃいけない。
じゃあどうなるんだろうねこのサプリメント。
田原
田原
そうですね。
確かに確かに。
でもその1回だけ買ったらいいっていうのって、1回買ったらいいっていうのも消費者に向けた話じゃないですもんね。
垣内
垣内
ないないない。
ビジネス向けの話で。
田原
田原

そうそう、そうですよね。

垣内
垣内
消費者がいない、獲得できない。
それで、それにも関わらず5万円の物をさらにもう一回やって行くんだっていうのは、それは会社は儲かるよねって話だけどもあなた達はただの養分になってるだけだよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内

だから僕からしたらすごい還元率が悪いビジネスを、すごい自分がもらうためのハードルが高いと。

田原
田原

はい。

垣内
垣内

でそれをやるためにすごいコストをかけてセミナーでって、「お弁当がでるんですよ」「何かしてくれるんです」 「こんなパーティー全部が」ってそら会社が利益取り過ぎてるからできるだけじゃん。

田原
田原

うん。

招待旅行やイベント財源はどこから⁈

垣内
垣内
みんなコスト削減になるって派手なことする必要、なんで派手なことをしなきゃいけないの?
派手なことをするからすごいんじゃないんだよ、それあんたたちのお金なんだから。
会社が出してくれてるんじゃないよ?
あんたたちからの利益で派手なこと、派手なことしないといけないっていうのがもう騙されてる。
田原
田原

うん。

垣内
垣内

騙されてると言ったら詐欺でね、香港まで連れてって「こんだけしっかりした会社なんですよ」ってパーティーで散々接待して、いやそれあなた達から騙したお金巻き上げてそうやってやってる。

田原
田原

はははw

垣内
垣内

だから別に会社がすごくて会社が何もないって、会社の金でお前ら接待してるわけでもなんでもないんだからさ、これもう凄いなんかこんなすごい単純なことで、そんな風に派手だったらなんかおかしいなと思えばいいのにさ、なんか騙されちゃうってバカな事が起こってるよねっていう。

田原
田原

うん、確かに。

垣内
垣内
だからリーウェイないんじゃないですか?
僕はそう思いますよ。
逆にうまくいくって言うんだったら、消費者誰なんですか?どんな人にどんな価値をどんな方法で提供するのかっていうのもね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
うまくいった理由はさっき言ったように、新たな魔法っていう嘘をついた。
新たな嘘だったから、みんなうまくいかなかった人は情報弱者がワーっと飛びついただけで、2回も3回もその情報弱者がね、また騙される人が中にはいると思いますけれどどうなんだろうね?
田原
田原
はい。
ということでリーウェイ始動したので、またね同じように処分を受けないようにですね、しっかりとやっていって。
垣内
垣内
そうですね、そうですね。
禊をしたので今の段階ではもういることはない。
ただどうなるかって言ったら、よっぽど変わらないとダメですよねってのが僕の予想ですよ。
田原
田原

うんうん。

垣内
垣内
反省して、でもリーダーが同じことやってるんだったらね。
リーウェイさんね、しっかりと行政処分終わったらしっかりやれば僕は言うことないんで、あとは頑張ったらいいんじゃないですか?
田原
田原

うん。

垣内
垣内

もう1回立ち上がる会社のね、フォーデイズさんみたいに素晴らしい会社もあるわけじゃないですか。

田原
田原

確かに、確かに。

垣内
垣内

だからそういう風にちゃんと行政処分を1つ受け止めて、反省して改善して伸ばしてる会社もあるわけですから、それはそれでいいんじゃないですか?

田原
田原

うん。

垣内
垣内

そうじゃないんだったら、またここでやられるよって話だけじゃない?

田原
田原

ここでねw

垣内
垣内
ここでね、また通報があってやられますよ。
それだけじゃないですかね。
田原
田原
はい!ということでリーウェイでした。
ありがとうございました。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典

このブログを読んでいるということは

今のビジネス・
これからやろうとしているビジネスに
少しでも不安や疑問があるからではないですか?

自分の状況を知るには
正しい知識色んな角度からの情報

を得ることが大事です。

不安や疑問がなくなれば自信をもって次の行動ができます!

そのモヤモヤをぜひ気軽に相談ください。

まずは公式LINEで
あなたの状況を聞かせて下さい。

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


公式LINEはコチラから
↓ ↓ ↓
友だち追加
リーウェイ
シェアする
タイトルとURLをコピーしました