マルチ商法に騙されないために知っておくべき事は?ネットワークビジネスの「すごい!」に注意!

マルチ商法の「すごい!」に騙されないために知っておくべき事を解説! ネットワークビジネス

マルチ商法やネットワークビジネスの話をされる時、

  • すごい人がやってて
  • すごい会社
  • すごい製品
  • すごい報酬プラン

というように、
「すごい!」
と言われたことがありませんか?

このような話を耳にした時は、詐欺か悪徳商法の可能性もあります。
騙されないためには、その会社や製品について調べることが重要です。

この記事では具体的な例をあげて解説していますので、
「すごい!」
という言葉に出会った時の心構えを学んでいただき、騙されないようにしてください。

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

マルチ商法の「すごい!」は詐欺かも?どう「すごい」のかを確認する

田原
田原
今回のテーマは。
ネットワークビジネスは、

  • すごい人がやってて
  • すごい会社
  • すごい製品
  • すごい報酬プラン

こんな会社がたくさんあると思うんですけど。

垣内
垣内
www
確かに。
そんな会社ばっかりじゃない?
田原
田原

逆に、すごくないのはないですから、全部すごいじゃないですか。

垣内
垣内
しかも、それを縁故募集で
「今がチャンス!」
とかね。
田原
田原
なので、
「これを知れば、すごいネットワークビジネスに騙されない」
っていうのをテーマにしたいと思います。
垣内
垣内
だから、何を根拠に
「すごい」
って言ってるかをみんなが理解してるかどうかだよね。
本当に調べてすごいんだったら、すごいんじゃないの?
すごい会社がゼロとは言わないよ。
ただ、
「すごい、すごい」
って言ってくる人たちの中に、例えばあなたが会社A社として、うちがデジタルマックスとして何かプレゼンテーションするとすると。

  • 会社がすごい
  • 経営者がすごい
  • キックバックの報酬がすごい
  • 何々がすごい

っていう
「すごい」
をプレゼンする?

田原
田原

しないですね。

垣内
垣内
しないよね。
「御社に今こんな課題があるから、その課題について解決しますよ」
「それに対してうちのシステムはこういう形で、システム的なこと、運用的なこと、費用対効果で、こうやってあなたにメリットありますよね」
っていう話が、本来プレゼンテーションなわけ。
田原
田原

そうですね。

垣内
垣内
プレゼンテーションの意味を知らない人が多いと思う。
プレゼンテーションって説明とか説得と思ってる人が多い。
プレゼンテーションは贈り物、ギフトなわけよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
プレゼンテーションはそういう意味合いがあるけど、
「すごいすごい」
言う人のプレゼンテーションは全部奪うもの。
盗んでいく。
だから、すごい、すごい、すごい、すごいって言う。
何がすごいんだったっけ?
田原
田原
  • すごい人
  • すごい会社
  • すごい製品
  • すごい報酬プラン
垣内
垣内
こういう話が、もう全然論点からして間違えてるよって話なんですよ。
その話が出てきたら、まず詐欺とか悪徳商法だなって思いながら、じゃあすごいかどうなのかを確認していったらいいですね。
田原
田原
多分この記事を見ていただいてるいろんなビジネスされてる方は、全部
「うちの会社はすごい」
と思ってると思うんですけど。
その見分け方は、すごい会社がいっぱいありすぎてわかんないと思うんですよね。
垣内
垣内
みんな
「すごい」
って言うよね。
すごいっていうのは、例えば成長性。
例えばもしグーグルとかアップルとか、ネットフリックスの3社に10万円ずつ20年前に投資してたら、今7000万になるわけですよ。
すごいよね。
どう考えても、誰が聞いてもすごいでしょ。
田原
田原

そうですね。

垣内
垣内
「10万円が7000万円になったよね」
って、ファクトを言ったわけですよ。
10万円、10万円、10万円で合計30万円が7000万円になった。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それらの会社、例えばネットフリックスは2兆円の会社になってるし、アップルは知らないけどすごいことになってるわけですよね。
アマゾンだって、社会を変えた。
それらの会社も今リストラとかなってきてる。
ビッグテックも出てきて、方向転換期が来てるのかなって感じじゃないですか。
株価なんか見てても。
すごいじゃない。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
イーロンマスクだってすごいじゃない?
あのペイパルからいってテスラの共同創業者になって、スペースXからいろんなのに出資してるわけで。
今回ツイッターを買収してひどい文句を言われてぐちゃぐちゃ。
3分の2を解雇して。
でもいきなり黒字転換したんでしょ。
明らかに実績がすごいじゃない?
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それに比べると、すごいすごいという人は、会社作ったところで何がすごいんでしょうね?
会社の実績がない、今立ち上げなんでしょ?
例えばアイテックは詐欺ばっかりやってたんじゃないの?
詐欺やってて会社の名前をコロコロ変えてる。
事実は全部そういうこと。
社員もいないし、研究職もいない。
誰かバカなマルチの親父が
「えいえいおー、ゴー!」
ってやってるだけで、どこがすごいのか分かんない。
逆にすごいというエビデンスを求めたらいいんじゃないですか?
田原
田原
「アメリカでの実績がすごい」
とかあるじゃないですか?
垣内
垣内
「アメリカでの実績がすごい」
というか、僕が調べたら実績はなかったですからね。
ニューユーライフだって、僕のお世話になってる重鎮が、社長と友達で。
「こんなことで日本はものすごい変なことになってるけど大丈夫?」
みたいに社長にも提言してるって。
「実績は全然聞かないんだよね」
って言う。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そういうマルチ好きだって、以前は日本がすごい盛り上がった時期があって。
アメリカは消費者がいないのはピラミッドスキームとして政府が潰しにかかるような状況があって、ネットワークがみんなダメになっていってる。
だから
「アメリカですごい」
なんて今はないと思うけどね。
どんどん撤退していってるじゃん。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
「これ撤退するんじゃないの?」
って言われてたりとか、いろんな会社がどんどん撤退していってるようなレベルがあるわけですよね。
「何がすごいの?」
と。
日本初の会社だってそうだし。
例えば得意な技術を持ってる、よそと違う優位差別性ですよね。
そういうのをやるために
「ジョハリの窓」
とか
「SWOT分析」
とか是非検索してほしい。
強みがあるとか、他にないものを持ってるっていうものが、技術なのか、営業力なのか、何なのか、っていろんなものがあるわけです。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だから具体的にすごいって何なのか、っていうことなんですよ。
「だってこの社長がすごいんですもん」
っていうのは、ただのネットワーカーでしょ。
事業経験がない。
何かのスキルを持ってるとか、何かの特別なスキームを持ってるとか実績があるとかコネクションがあるとかじゃなくて、ネットワークビジネスの人しか知らない人じゃない?
田原
田原

はい。

垣内
垣内
何がすごいか分からない。
しかも、権利収入って語ってた人でしょ。
リーダーで
「自分は実績あるんだ。何百万稼いだ」
って。
その時権利収入になるって言ったでしょ。
でも辞めてるんでしょ。
嘘つきってことじゃないの?
田原
田原

権利収入になってない人ですもんね。

垣内
垣内
なってない人でしょ。
全然なってない人があちこちやって、その度にみんなを騙して、一瞬何百万儲かったかなっていう人なんでしょ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それで、そんな人が今度ドバイへみんな行ったんですよ。
ドバイって犯罪者引渡し条約がないから、犯罪者がみんな集まる。
全員じゃないけど、気をつけた方がいいよね。
田原
田原
確かに、でもお金があれば何でも解決する。
警察も買収できる。
垣内
垣内
そうそう、お金があれば何でも解決する。
そういう国に行く人たちで、行かなければいけないこと、それが憧れなんですか?って話じゃない?
その人たちはコロコロ動いて、みんなからお金を巻き上げただけじゃないですか?って話なんですよね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そういう話がドバイの成功者と言われる人たちにいっぱいある。
全員じゃないよ、ちゃんとした人たちもいっぱいいるんで。
でもそういう要素もあって、それは憧れなんですか?
それになったのは何十万人、何百万人のうちの何人なんですかって話じゃない?
それはほとんど嘘つきだよねって話。
田原
田原

はい。

「製品がすごい」に騙されないために知っておくべき事

垣内
垣内
で、製品はどうなのか?
まず研究開発部門あるんですか?って。
「こんな優れた科学者たちが集って、よそにはないこんな技術を」
って、調べたらいっぱい出てくるわけです。
サービスだってよそより高いんですよ。
でも、
「ただ仕入れてやっただけじゃないの?」
みたいなのがあるね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
例えば
「牛丼屋やろう」
って開店して、冷凍の吉野屋買ってきて、そのまま出してるのと同じ。
これはすごいんですか?
これはすごい製品?
吉野屋の牛丼だからうまいですけど。
楽天でピッて買って出す。
カレーはここが有名だからここでピッて買って出すとか。
これはすごいですか?
それと今回のテーマの
「すごい」
は何が違うのか分からんですよ。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
それで、
「うちの製品はすごいんだ」
「水素がすごいんだ」
って言って、だからこの製品がすごいって話ではないわけですよ。
でも、先生が連れてこられて、まあこの先生も金もらって
「すごい」
って言ってるだけでまあ、大体すごい先生はいないんだけど。
先生が
「すごい」
って言ってるから、
「製品がすごい」
って勘違いする。
でも、そんなこと言ってないよね。
誰も言ってない。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だって言ったら薬機法違反だから、そもそも薬機法違反のこと言えないし。
先生たちは上手に言って、あなたたちは惑わされてるよねって話で。
そこの研究がよくあるのが、
「外部と提携してる」
って言う。
「マルチの会社がこう言ってるんですけど、本当ですか?」
って聞いたら、あの京大のIPS細胞の権威の大きい…。
田原
田原

山中教授。

垣内
垣内
山中教授は
「一切関係ありません」
って言ってた。
「楽天と提携してる」
とか言ってたけど楽天が
「一切ありません」
とかね。
マルチの会社ってみんなそう言うわけですよ。
「ルイヴィトンと提携」
とかね。
田原
田原

盛りがちですね。

垣内
垣内
そういうのは電話したらいいんじゃないですか?
あと、もう一つ。
提携してて、何がすごいの?
製品がすごくないといけないわけじゃない?
でも、
「提携してるのがすごい」
とか、何々がすごいって、いや研究開発部門もない。
こういうのを
「虎の威を借る狐」
って言うんです。
すごい人と知り合いになっても、その人はすごいことにはならないからね。
一緒に総理大臣と写真撮ってたら、すごいことにはならないからね。
田原
田原
それに惑わされるんですよね。
コンパ行って、
「電通です」
って言われたら、
「あっかっこいい」
ってなるんじゃないですか?
電通がすごいだけで、お前すごいわけじゃない。
垣内
垣内
そうそう。
まあそこに入れたのはすごい要素ではあるけれども。
でもネットワークの人たちって、
「俺の友達が電通の〇〇なんだ」
って言ってるくらいだからね。
田原
田原

芸能人とかね。

垣内
垣内
アイテックなんかよくありましたけど。
「ロシアの皇族」
と言ってたけどただのタレントだった。
嘘だった。
だから、そこまで調べましたか?
「人が言ってることは全部嘘」
って思って調べる。
「信頼をおける人から話がやってきたから大丈夫」
いや、信頼をおける人が騙されてるかもわからない、そいつがバカかもしれないから。
田原
田原

はい。

「報酬プランがすごい」より会社の強みがあるかが重要

垣内
垣内
だから何がすごいのっていうこと。
報酬プランだってさ、それ聞いて
「すごい」
って思うのは、簡単に話をされてるだけ。
でも、原理原則で2人紹介して4人になって8人になって27段目で日本の人口、37段目で地球人口いくんだから、そうはいかないってことですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
だから、報酬プランがすごいっていうのは一切関係なくて、何をしても売上が上がったら収益って上げられるんだよ。
売上が上がった時に収益が上がるかどうか?
売上が上がる仕組みがあるかどうか?
つまりそれは消費者獲得の仕組みとテクノロジーがマッチしてるからなんです。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
丸亀製麺ってうどん屋じゃない?
山ほどうどん屋があったんです。
何がすごいかわかる?
田原
田原

マーケティングってことですよね。

垣内
垣内
そう。
うどん屋っていっぱいあったわけですよ。
でも、出来立ての美味しいうどんを出せる技術、安く出せる技術と、大きな看板、大きな駐車場でどんどん人が入ってくる集客、両方マッチしてるからです。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
そして、飲食店っていうのはやっぱり人が来ない。
人材難なわけですよ。
店が開けられない。
だからゼンショーグループのすき家とかが、コロナの前に社員が集まらなくて店開けられない時があったわけですよ、だから閉じちゃうと。
ブラックすぎて働く人が集まらない、とかそういうのがある。
ゼンショーさんがブラックかどうか知らないけど。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だから丸亀製麺さんって、おじいちゃんおばあちゃんがすごい大活躍してる。
アルバイトのパートのおじいちゃんおばあちゃんが大活躍するような仕組み。
そんな人でもできる、そんな人たちで店を回せる、しかも美味しい。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だから手打ちうどんって謳ってない。
手打ちうどんが皆さんのニーズなのかなと思ったら違う。
自社で機械で打ってるんだけど、美味しいうどんを出すテクノロジー、安く出せるテクノロジー。
しかも元々トリドールっていう会社がやってるから、鶏肉の加工がすごい美味しくてうまいでしょ。
唐揚げとか天ぷら系がすごいうまいでしょ。
田原
田原

美味いですね。

垣内
垣内
それはもともとそういう会社だもん。
そういう会社で大量仕入れやってるから、他のうどん屋さんより優位差別性があるわけ。
だって、それだけ大量に仕入れてるわけだから、原価も安いだろうし、ハウトゥーもあるし、そこがそれを生かす次のビジネスモデルとしてやったうどん。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
で、うどんっていうのは讃岐うどんがうまくて、地元ではそういった今の丸亀製麺のようなセルフが当たり前。
でも本土になってくると、それを仕掛けたのがはなまるうどんでうまくいって、はなまるうどんは買収されて。
それで丸亀製麺のトリドールは上場企業なわけだけども、別に縁もゆかりもない丸亀の名前をつけた。
田原
田原

本当ですよね。

垣内
垣内
でも香川でね、本場に行っても流行ってる。
それぐらいのクオリティを企業として、企業の強みを生かした差別化をしたモデルだから、うまくいったんですよ。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
だから強みがあって、あれが世界一なんですよ。
だって、ジャパネットたかたの例を挙げると。
テレビショッピングって全体で6千億ぐらいしかないんですよ。
でも、ジャパネットたかただけで2千数百億あるんですよ。
通販のくせに商品件数がすごい少ないんですよ。
ものすごい多かったのをすごい絞ってる。
で、今2代目長男さんがついてるんだけど、そこからもずっと伸びてるんですよ。
田原
田原

へぇー。

垣内
垣内
1回名簿流出事件とかあったんですけど。
何で伸びるのかって、絞ってるから。
一番いい製品を売ってないし、一番安くもないんですよ。
比較的おじいさんおばあさんしか見てないテレビショッピングで、その人たちに提案をしてるわけですよ。
その人たちは色々調べられない人たち。
ジャパネットたかたさんは、これだったら間違いないよねっていう商品を普通の仕入れじゃない、何十万とか仕入れる。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
ジャパネットたかたモデル。
例えば空気清浄機もそう。
一括でやるから、そのバイイングパワーってあるから、なかなか真似ができない。
だって、空気清浄機はいっぱい種類があるけど、ジャパネットたかたはターゲットに対してこれを使うシチュエーションを売るんだよ。
若い人はジャパネットたかたで買わないでしょ。
田原
田原

確かに。

垣内
垣内
このリストに対して通販をやってて、これがまた伸びてるというような強み。
よそがジャパネットたかたみたいにやろうかなって、なかなかできないじゃない?
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そういう強みがあって、大きな会社になってる。
マルチの人が言う、
「人がすごい」?
いやいや、マルチの人は嘘つきなんだよね。
「会社がすごい」?
今できたところで、そういった資金調達さえできない。
要はイグジット、上場とかができないから何にもできないよね。
何がすごいの?
何に強みがあるの?
開発者も研究者もいない。
製品は何がすごいの?
田原
田原

うん。

垣内
垣内
そして報酬プランちゃんと調べた?
いやいや、マルチは2人って無理じゃん。
だって、3人以上リクルートできる人は3%しかいないんで、報酬プランがいくらすごくてもあなたが儲からないことが確定してるわけですよ。
報酬プランで踊らされても仕方ないし、あのアウラの右近なんかは
「マーケティングパワーがすごいんですよ」
とか言ってるけど、報酬プランのポイントになるのは何十アイテムあるうちの3つしかない。
これが還元率高いって言っても、いやいや他のも買えって言ってるのに。
だから恐ろしく還元率が低い。
田原
田原

www

垣内
垣内
しかもその恐ろしく還元率が低い中で還元が高いと思って見せてバカを騙してる。
実際計算できる人が計算したら、
「えーっ、こんなにひどいプランなの?」
っていうことになってるわけですよ。
で、しかもそれをできる人がいないから、そもそもあなたに関係ないよねっていう。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そしてもし、できた人はキャップ調整。
これ以上に還元がなったらキャップ調整っていうのをする。
常に30%キャップ調整。
常に30%キャップ調整ついてるくせに、社長はキャバクラで花を送ったりバンバンやってる。
いや、これなんかおかしくないですか?
田原
田原

はい。

垣内
垣内
今の全部事実に基づいてる。
事実に基づいて、事実を検証したら何がすごいの?
会社がすごい?
リーダーがすごい?
人がすごい?
製品がすごい?
報酬プランがすごい?
全部事実に基づいて僕の感想を述べたわけですよ。
マルチの人が言ってる
「すごい」
って言ったら、
「事実について語ってください」
と。
「それについてこの事実があるから、すごい」
と。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だから例えば丸亀製麺は何ですごいのか、ジャパネットたかたが何ですごいのか、ネットフリックスが何ですごいのか。
ネットフリックスだってさ、レンタルビデオの通販というか、レンタルビデオ行かなくても送ってくるやつあったでしょ?
ツタヤで3本までサブスクリプションでやり放題。
田原
田原

ありましたね。

垣内
垣内
これを大赤字だったネットフリックスが、ツタヤみたいな大手の会社に買収をお願いするんだけど断られて。
当時36億円で50億の赤字だった2000年当初噴起したネットフリックスが、2002年に上場して、今2兆円企業になった。
自分で配信サービス、サブスクリプションの雄になったわけなんです。
こうやって何かが伸びて何かが落ちて、経営者も人、物、金、情報、時間のリソースを最適化して、会社の急成長を実現と。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
何がファクトなんですかっていうこと。
すごいって言ってる人たちは、そんなお前の頭がすごいよ。
田原
田原
www
しかもすごかったとしても、イコール自分が副業でうまくいくっていうわけじゃないから。
垣内
垣内

そこって全然関係のない、自分が成長しなきゃいけないのに、なんかおかしなところに騙されてる情報弱者が多いのかなとは思ってます。

田原
田原
ということで、今回は以上です。
ありがとうございました。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


私は元トップディストリビューターで20億円を稼ぎ、ネットワークビジネス業界を創ったひとりです。

この業界の裏の裏まで知っています。

はっきり言って間違ったやり方を続けていくら努力しても成功することはありません。

・アップやリーダーに言われたとおりやっているのに上手くいかない
・勧誘ばかりで正直しんどい
・このまま今のビジネスを続けていいのか不安

と悩んでいませんか?
ひとりで抱え込まずに相談してきてください。

ただし詐欺ビジネスはぶった斬りますw
それが今後のあなたの人生のためですから!

でも安心してください!
僕は女性と年配の方にはとっても優しいです^ ^

ご相談は公式LINEからお問い合わせください。

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内または田原と30分ZOOMコンサル無料
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


登録はこちらから
↓ ↓ ↓
 

友だち追加
ネットワークビジネス
シェアする
垣内重慶公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました