悪徳商法からの脱却を後押し!チャットGPTの可能性と未来について!

悪徳商法からの脱却を後押し!チャットGPTの可能性と未来について! ネットワークビジネス

チャットGPTが世の中に認知されてきている中で、マルチ商法や悪徳商法が受ける影響について、2回シリーズでお届けしていきます。

この記事は、シリーズのうち後編です。

後編では、チャットGPTの進化により、ビジネスやコンサルティングのあり方に大きな影響が予想されることについて解説します。

また悪徳商法や有害ビジネスなど、社会に害を及ぼすコンテンツが明らかにされていく未来について解説します。

前回の記事はこちらから

チャットGPTがビジネス界にもたらす影響とは?Googleの未来はどうなる?
オープンAIが開発した人工知能「チャットGPT」が大変な話題になっています。 チャットGPTが世の中に認知されてきている中で、マルチ商法や悪徳商法が受ける影響について、2回シリーズでお届けしていきます。 前編のこの記事では、チャットGPTの...

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

チャットGPTによって悪徳商法の誘導のやり方は崩壊する

垣内
垣内
悪徳商法、マルチ商法はどうなるの?って話だけど。
チャットGPTに
「アムウェイのこの部分については?」
という形で、アムウェイのデータとか、会社のデータをインターネットで探して打ち込んでいくと、その考察を書いてくれるわけですね。
レポートができちゃうんですよ。

田原
田原
そうですね。

垣内
垣内
だから、ブロガーとかも
「ブログで稼げますよ」
とか
「アフィリエイトで稼げますよ」
とか。
高額塾の悪徳商法は、
「もうチャットGPTでいいんじゃないの?」
みたいな話が出てくるわけですよ。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
そして、ライティングとか手作業でやってるのが。
堀江さんもYouTubeでやってましたけれども。
本をチャットGPTだけで書いた。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
何が流行るのかなと流行るトレンドのワードから、それから大枠の題名、その下の小説から全部チャットGPTにやらせた。
その小説についてもチャットに尋ねたことで、本がチャットGPTだけで完成したんだよと。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
だから、コンサルってあり方も変わってくる。
人間がコンサルすると、やっぱり間違えたり、言うの忘れたりとか整理されてなかったりというのはチャットGPTでできる。
チャットGPTだけで叶えられると思ってない。
ただ、このチャットGPTはもっと進化していく。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
人間の域を超えるかは、人間と競争したら一部優秀な人はいるかもしれない。
間違いなくアベレージで優秀になってくる。
ということは、これをどう使えるかっていうのがこの10年間面白いと思う。

田原
田原
そうですね。

垣内
垣内
例えば、YouTubeの台本でもそうですし、多分ネットワークの人がプレゼンテーションだとか最適なクロージング方法だとか、色んなことがチャットGPTでできてしまう。

垣内
垣内
そうすると、悪徳商法は、自分に有用な教育をする。
それが間違いでも、自分の売上に有用な人を洗脳したり、養分にしたりする、ということを、僕はこうやって発信してる。
というのが、チャットGPTで自分で調べて、何がノウハウなんだろうって言って検索すると、チャットGPTがAIとして回答してくれる。
それで、おかしいよねと気が付く。
「これが儲かるんだよ」って言われて、本当に儲かるのかって検索したら、
「いいえ、今まで過去のデータから言うとこれはありえません。」
とレポートが出てくるわけですよ。

田原
田原
確かに(笑)

垣内
垣内
そうすると、どうなのかなと。
悪徳商法とか、ちゃんと社会に役立ってない、有害コンテンツ・有害ビジネスについてはデータで明らかになる。
僕はデータの話するわけじゃないですか。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
でも、僕だから信用しないわけですよ。
多分この先、チャットGPTでレポートを出すやつがどんどん増えて、これがブログになって。
そうしたら、それはまた、ベンチの落書きって言うと思う。
でも、これ人が言ってるんじゃなくて、チャットGPTがデータに基づいて考察した話です、ということになる。
だから、法律を守ってちゃんとやらないと、とんでもないことになる。

田原
田原
そうですね。

垣内
垣内
情報弱者やマルチの人っていうのは、超スーパーウルトラアナログ変な人だから、
「チャットGPTなんて駄目だよ」
とか
「ハズレが多いらしい」
と、自分に有益な情報、自分へのメリットに誘導してくると思いますけど、それは全部、崩壊していくと思う。

田原
田原
確かに。

垣内
垣内
そして、今までは一部の優秀な人が考察して、
「マーケティング的な概念だからダメなんだよ」
って、俺がダメなんだって今もやってると思うけど。
みんなが検索して俺と同じ言葉になると、俺の立場は上がるけど、俺をダメだと言っていた人の立場は下がると。
これ明らかになってくるし。
こういう風に効率化されると、より優秀なしっかりと書かれたものが世の中に出てくる。

田原
田原
本当ですね。
これ、チャットGPTで、ウェブライターとかブログを書いてる人が仕事がなくなるんじゃないか、みたいな話もあるかもしれないですけど。
優秀な人とそうじゃない人で多分、二極化しますよね。
優秀なライターさんは、チャットGPTで、それこそ記事量産できたり。

垣内
垣内
そう。
だから、優秀な人は効率化、デジタルトランスフォーメーションを考える。
そしたら、今まで時間がかかってたことを、チャットGPTを組み合わせて、より優秀な人が優秀になっていって、他の人たちがいらなくなる。
そして、悪徳商法はチャットGPTによって、淘汰される時代が来るんじゃないの、という。

田原
田原
はい。

競合との差別化を考える

垣内
垣内
まさかGoogle帝国がね、こんな風になるとか。
まさか楽天帝国がこんなことになるとは、みんな思わなかったはずなんですよ。
でも戦国を見てたらそういうことになってるわけですよ。
ラジオがテレビに変わって、テレビがネットに変わってっていうのもあるしね。
商店街で盛り上がって、稼げた時代があるわけでしょ。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
商店街がなんで復活しないかっていうのを、考察がちゃんとできてないの。
みんなイオン行ったから大丈夫→イオンも売り上げ下がってる。
じゃあ楽天行ったから大丈夫→通信業界で赤字になってる。
Amazonだってリストラ発表してる。
これは具体的なことをみんな考察しないからダメ。
ということは、チャットGPTが有効。
僕がこうやって言っても信用しなかったり、僕の意見も外れてることもあるわけだし。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
実は商店街なんて面白くて。
2代目3代目とかになってるから、開ける必要がないのも資産。
それを移動したら、商店街だからっていう税法上、なんか有益性があるサポートがあるんですよ。
これ代替わりしたらなくなるんですよ。

田原
田原
へー!

垣内
垣内
だから、そのままシャッター降りてた方がいい、というメリットが実は今ある。
それが、みんな活性化しようとシャッターを開けると、冷めた目で見るオーナーたちもいてるんですよ。
これが、活性化しない阻害要因になってるとか。

田原
田原
なるほど。

垣内
垣内
田舎の方がなかなかいいよっていうのもあるじゃん。
Uターンとか、村社会があっていじめがあったりするのが、今YouTubeで暴露されてる。
だから行ったけど受け入れられないよねって村八分になったり、それをまた情報発信される。
福井県なんて、あの村に入りたいんだったらこの何か条、というのを言って、またこれインターネットで炎上してるわけですよ。

田原
田原
へー!

垣内
垣内
だからパッと見て、この部分だけ見るんじゃなくて、俺だって間違いあると思う。
でも俺は、情報について考察して自分の意見を持ってるわけなんだけど、人の意見を全部鵜吞みにするわけじゃないからね。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
だから、時にあなたも俺の意見について、
「いや垣内さん、こうじゃないですかね」
みたいなのがあるわけです。
だから、僕はあなたと一緒のビジネスが楽しいわけなんだけど。
鵜呑みにする人達って、僕らにはいらないわけじゃん。
僕らはそういう人を必要としてない。
でも、ネットワークビジネスの人たちはそういう人は必要としてます。
だから、ある一定のマーケットはあると思うけど、このマーケットだから儲かってる人がいるっていうのは分かるんだけど、そのビジネスモデルはどうなの?と。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
これが、チャットGPTが出てきたことによって、戦後、流通からいろんなものの流れも変わってきた。
だから、みんなネットワークの人って過去の流通形態はねっていう歴史の話をするわけよ。
それは、間違い。
もう50年前とかで止まってるわけ。

田原
田原
そうそう。

垣内
垣内
少なくとも30年前までのことは正しかったから、僕はネットワークビジネスで、それによってブームを作った。
でもそこで止まってるから、それは30年前20年前の話であって。
その時のことを今あれから20年。
20年といえばDtoC。
Netflixが創業されて伸びてきた。
D2Cが伸びてったんですよ。
そこで天下を取ったザラ、DHC、ファンケル、それからユニクロ。
こういうところを見て、それがどうプレイヤーチェンジになったのか。
これがインターネットとかでも急激に帝国を作ったところが、またプレイヤーチェンジを起こした。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
僕らは、Googleにはなれない。
おバカなマルチがさ、
「Googleになるんだ!」
って言うけど、なれねえよ。

田原
田原
(笑)

垣内
垣内
Googleのバックにあるもの、資金調達からその仕組み。
なぜ会社が大きくなるのか、知らないでしょ、皆さん。
これがすごいんだって。
だからライフコンシェルジュとかさ。
もうチャットGPTで十分でしょ。

田原
田原
ほんと、そうですね。

垣内
垣内
無料だしさ。
見守るサービスなんて、もうセコムから何から何からあるわけだし。
常に競合=コンペティターがいるわけだから、それとの優位差別性を考えて、しっかりポジションを取っていかないと。

田原
田原
なるほど。

垣内
垣内
だから、僕はすごいプレイヤーチェンジだなと思う。
面白いね。
僕はもう、風の時代だって言って、プレイヤーチェンジが起こると。
みんな、令和になってから風の時代って言い始めた。
それは、いや違うよって。
僕は、2023年の節分以降に顕著なプレイヤーチェンジが起こるよって言ってたじゃないですか。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
だから、僕らみたいな大したことない経営者でも、すごいチャンスをつかむ色んな出来事が起こってるよねと。
チャットGPTはすごい注目してる。

新しいテクノロジーを知る重要性

垣内
垣内
チャットGPTは、APIっていうのがある。
APIは、アプリケーションプログラムインターフェースのこと。
コンピューターって、それぞれが言語が違って通信できないんですよ。
すごくザクッと言うと、それを通信できるようにするのがAPIなんですね。
APIが公開されると、システムにアクセスして、その情報からチャットGPTにレポートとして提出とかできる。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
だから、システムとかグラフがあったら、このデータをここに自動的にぶち込んで、ここから帰ってきてレポートが自動にできる、みたいなシステムができると思うし、うちはそういうAIの研究を始めなさい、と言ってるんですよ。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
AmazonのAIも使うし、openAIのチャットGPTも使ったレポーティングであったり、経営を選択できるシステムにしていきなさい、と僕はスタッフに指示をしてる。
こういう形で、本当にAPI公開するかわからないし、どうなるかわからないけど、こういったチャンスに向けて、何かをしてる所っていうのは、大きく市場を伸ばすビジネスモデルや人っていうのが出てくるんじゃないかなとは思いますね。

田原
田原
でも、その経営者や、ビジネスをこれからやろうとしてる方っていうのは、チャットGPTとか新しいテクノロジーをどういう風に活用するかっていうので、まずは知らないとダメそうですね。

垣内
垣内
俺が使えよって感じですけど(笑)

田原
田原
どこのデータがわかんないですけど、2023年3月の今の段階で、チャットGPTを知らない経営者が60%ぐらいいるそうです。

垣内
垣内
そんなにいるの?

田原
田原
経営者です。
一般人じゃなくて。

垣内
垣内
ネットワーカーだと、もっとじゃないの?

田原
田原
可能性あります。

垣内
垣内
チャットGPTを検索で使われたくないもんね。
使われたくない人がいると、使われたくない人に対して文句を言うリーダーがいるというのは、そこはバカな人しかいないところで、下がるタイプのビジネスです。
何かが伸びると何かが落ちるんだよね。
どちらにあなたが所属してるのかっていうのは考えた方がいいよね。

田原
田原
たしかに。
質問の仕方によっても、チャットGPTの回答は違うと思います。
アムウェイにとって有利な質問だったら、有利な回答が返ってくる可能性がありますよね。

垣内
垣内
そこだけ切り抜くかもわからないから。
全体像見ないとね。
木を見て森を見ずという言葉ありますけど。
鷹の目は上から見る。
蟻の目・虫の目は地面を見る。
木だけ見ててもわからない。
森を見ないといけない。
全体像を見ながら、あなたの判断はどうですかというのがすごい大事。
多くのデータを処理する能力が、これからね10年間はプレイヤーチェンジにおいて大きな力を発揮するんじゃないかなと思いますね。

田原
田原
はい。
ありがとうございました。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


このブログを見てくれているあなたは、
ネットワークビジネスに何かしらの違和感を感じていることでしょう。

その感覚や認識は間違っていません。

かつてネットワークビジネスで億を稼ぎ、帝王だったわたくし垣内も違和感を持ち、
プロの経営者としての視点から、この業界の展望が望めずに辞めました。

それほど業界には問題が多いのです。

そして業界の健全化のためにこのブログを発信しているのです。

あなたがネットワークビジネスを始めた真の理由は何ですか?

ご自身はもちろん、
ご家族やお子さんの幸せを考えて始めた方が殆どかと思います。

しかし一方で、
ご家族やお子さんとの時間を犠牲にしていませんか?

そして犠牲にしてまで活動している
その成果はいかがですか?

家族は何よりも大切すべきです。

4月になり新年度がスタートしました。

あなたやご家族はもちろん、
あなた自身が真に成長し、
本業や副業の結果がより良い方向に進むためにも、

一人で悩まず、ぜひお気軽にご相談くださいね!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓
友だち追加
ネットワークビジネス
シェアする
タイトルとURLをコピーしました