ライフコンシェルジュ詐欺の被害者が集団訴訟すべき理由を解説!

ライフコンシェルジュ詐欺の被害者が集団訴訟すべき理由を解説! ライフコンシェルジュ

今回は、ライフコンシェルジュが詐欺で返金請求すべき会社であることについて、過去の事例も挙げて解説します。

不正な勧誘で契約不成立となり返金請求は有効ですが、返さないのでみんなで集団訴訟しかありません。

僕は以前から注意喚起をしていましたが、自分に都合のいい情報だけを探しにいくのは危険です。

自分は騙されてないっていう思考ではなく、法律的な観点から情報を見て判断をしていただきたいと思います。

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

ライフコンシェルジュは返金請求されるべき立場

田原
田原

今回は、ライフコンシェルジュのその後ということで、今どんな風になってるのか。

垣内
垣内
岡本社長が
「どんどん発表しますから、楽しみにしておいてください」
って言って、このネットの時代にわざわざセレソン会議にリアルに行かなあかんねん。
本人ほとんど出てこーへんかった。
本人が出てきた動画もちょっと見たわ。
田原
田原

イベントがあったんですか。

垣内
垣内
そうそう、イベントがあったで。
俺さ、
「ハイタッチしてた」
とか
「喜んでた」
とか話を暴露したやんか。
「そんなん嘘つき」
って言われたから投稿したってさ、他からの動画見てて、俺が嘘やったんか、向こうが嘘やったんか、分かった?
ライフコンシェルジュのバカなあなたたち。
田原
田原

www

垣内
垣内
ということで、整理していかなあかんけど。
まず返金請求されなければいけない立場のライフコンシェルジュです。
それは何かっていうと契約不成立って言って、不正な勧誘が起こったっていうことは、契約自体が成立してないよねって言って、法的判断がされるんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
特商法違反っていうのは兵庫県からも発表されましたし、皆さんの証拠動画とかあるんで、契約不成立なんです。
だから返金義務があるんですよ。
ここ、皆間違えてるから。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
「返してもらえるんですかね?」
とか相談くるんですけど、返す義務があるんですよ。
もう契約は不成立ですから。
だから法律違反で勧誘した契約が存続できるわけないんですよ。
法律違反で勧誘したのは、契約不成立なんです。
その事実を知ってから時効までの間、この人は返金請求ができるんです。
その間の返金請求は有効で返さないといけない立場で、返さないんですよ。
田原
田原

ライフコンシェルから返金はないってことですか?

垣内
垣内
ない。
ちょろちょろっとあったっていう報告が入ってたやんか。
それは、ライフコンシェルジュ側が言うたんかなんか知らんよ。
作り話を作ってんのかなんか知らんけど、返しよってん、一部。
少額訴訟って言って60万以下の場合は、自分で弁護士を通さずインターネットで調べて訴訟ができます。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それによって返してくださいって言うこともできます。
ここまでの成果については聞いてないです。
これができるので、60万以下の方はぜひやってください。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それ以上の方については、消費者センターと相談してやる。
消費者センターから見て
「こういった不正があるでしょ。返せ」
って言うけど、返さないって言うのが今ここなんです。
どうしたらいいですか?っていうのは集団訴訟しかないです。
田原
田原

うーん。

垣内
垣内
集団訴訟で、「ライフコンシェルジュ被害者の会」みたいなので、集団訴訟の仲間を募集とか言ってます。
そこに一緒に行ってね、みんなで訴えるしかないんじゃないかなと思うんですよね。
田原
田原

なるほど。

同じような判例がたくさんある

垣内
垣内
だから、僕がずっと言ってる話があるんですけど、整理します。
ライフコンシェルジュってのは、コンシェルジュサービスのネットワークビジネスだと。
将来は代理権を打ち切って、そこでテレビコマーシャルしてザクザク入ってくると。
皆さんずっと権利収入が入るんだよって言ってる話で、僕は以前からこれはネズミ講だと。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
ライフコンシェルジュのコンシェルジュサービスっていう実態は、実はないよと。
だから、ネズミ講にならないように実態はやってるだけ。
ネズミ講はやったらいけないっていう法律があるんですよ。
それを回避するためにみんなが使ってないろくでもないサービスでもあるから回避でしょって。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それに対して僕は
「いやいや、これ法律違反ですよ。判例があります」
と。
今から20年くらい前でしょうかね、アースウォーカーという会社があって、カタログ通販のネットワークビジネスでした。
でもカタログ通販での売上が5%以下だったと、これは実は実態はないですよねって。
通販もやってたけど、通販の実態はないですよねって言って、ネズミ講の法律違反になったんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
で、近未来通信なんかの例題も出しました。
これも通信に皆さんが出資をしてくれたら、電波たって新しい通信網を作りましょう!みたいなことをやってたんですけど。
実はお金を出資してくれたけど、使ってる人が5%いなかったんですよ。
お金を集めるだけの詐欺だったよねって言うので、やられてるんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
ジャパンライフ、あれもレンタルでするんですよって言いながら実はしてませんでした。
Jコスメ、これもレンタルしてませんでした。
こういうのは全部犯罪集団になってるわけなんですよね。
問題になってる。
同じじゃないですか。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
ライフコンシェルジュの場合は、それの一番程度が低い嘘の情報で実際使われないサービスですよねって。
それに対してお金を集めるっていうのは金商法違反、出資法違反、特商法違反、騙す意図があったんだったら詐欺に該当するんじゃないですかと、こういうのを問題提起してきた。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そしたらちゃんと僕の言ってた通りに兵庫県から
「ダメです」
と行政処分を受けたんです。
それなのにまだライコンの頭の悪い信者たちは、それを信じて
「いろいろな事業があるでしょう」
って言っているんです。
ないの。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
事業っていうのは、いろいろあったらダメなの。
しかも他所様からお金を集める事業ってのは、少なくともその通りやらないといけないし、やらなかったらごめんなさいって言わないといけないんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
でも、法律違反がある以上、いろいろあるよねってことにならないわけですよ。
法律違反がない前提で、法律にのっとってお金を集めないといけないんです。
法律にのっとった集め方っていうのは、例えば出資法の中では50人以上に言えないんですよ。
49名以下でね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
皆さん、よく覚えておいてください。
LINEで50名以上に
「今度投資の話があんねん」
はいアウトです。
出資法違反なんですよ。
50名以下にしか言えないんです。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
で、エクシアなんかあったじゃないですか。
で合同会社スキームがあって。
「ここでは言いたくない。悪用するやつがいるから。でも、合同会社スキームがあんねん」
って、僕は話してたりしてたんですよ。
僕のそれも閉じられました、アウトになりました。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
全部、日本ではそういうことをやっちゃいけないんだと。
出資もダメ、儲かる権利の話もダメ、特商法的ネットワークビジネスもダメで、判例があってこれは詐欺だと、ネズミ講だと認定されることをやってたんですよ。
だから本来ごめんなさいって言って、契約不成立でお金返すんだったらいいんですけど、それはない。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
で、それが詐欺にならないように松山氏って、これもうずっと詐欺師ですよ。
詐欺師たちがこれやってて、運営してたんですよ。
岡本も詐欺師です。
その人も詐欺師ですよ。
ずっと詐欺をやってたの。
田原
田原

はい。

残された道は集団訴訟

垣内
垣内
で、その中で松山氏がですね、Sフロンティアって言って業務をやってた。
岡本は何もない、雇われ社長だったんですよ。
岡本はやらされてただけだけど、松山に全部お金巻き上げられるからって、クーデターしたんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
クーデターしたら、ここ全部閉じて何も分からない。
だから一応詐欺に該当しないように、一生懸命松山氏とかがやってた。
自分たちが捕まらないように一生懸命やってた。
そしたらそれが全部なくなった。
そしたらごめんなさいってお金返したらいいんだけど返さない。
刑事事件ですよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それしかないので集団訴訟が盛り上がってね、集団訴訟はこちらからって言ってらっしゃる方がいるので、そこと一緒にやったらいいんじゃないかなと思うんですよね。
もうそろそろね、これお金出したら儲かるって話と、ネットワークビジネスは完全に詐欺だと。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
暗号資産もそう。儲かる話とマルチがひっついたら完璧に詐欺だと。
なんで気づかへんの?
田原
田原

毎年毎年出てきて毎年毎年消えていくので。

垣内
垣内
ネットワークビジネスって上に大体30%から40%支払った金が行く。
普通に出資したらいいやん、それを全部分配せなあかんねんから意味がわからん。
そんなところに投資を絡めていくって。
だって暗号資産なんて今雑所得でね、分離課税になるかもわからんって話はあるけれども、雑所得ってのは55%取られるわけですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
55%取られて35%取られたら、90%はなくなるんですよ。
90%はなくなるビジネス、うまくいっても90%なくなるんじゃないのってことをやってる暗号資産のバカな人たちがいるわけですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
で、今ライフコンシェルジュは完全に詐欺ですよ。
僕が言ってる通りになってきて、それもまた岡本氏と結婚した子。
元メンバーかなんかで変なヤバいのばっかやってた子やねんけど。
それで再婚同士かなんかでそこからお金が流れてるとかって話題になってるんですけど、お金が流れてるのか流れてないじゃなくて、そもそも詐欺なんですよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
だからもう何を言うても彼らは更生しないですよ。
残された道は、僕は返金請求を早めに。
お金があるうちに早めにやって、早いもん勝ちやって話をしてきたんですけど。
もう返さないっていう宣言をした会社でありますから、Vyvoもそうですけどね、インペルソナですね。
お金を返さないとコミットメントした会社はもう集団訴訟でしょ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
警察にも言ってください。
これは詐欺られたんだというね、証拠をいっぱいみんなが共有してくれてると思いますので、「ライフコンシェルジュ被害者の会」というオープンチャットありますから。
そこに入ってやっていただいたら。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
泣きっ面に蜂って被害者にお金を出せって巻き上げられるのは後を絶たないんで。
ここは本当にね、弁護士のことも調べて、本当か嘘かっていうのは自分で調べる術を持ってやっていただいたらいいんじゃないかなと思いますよ。
まあ、判例がありますから、これはもう本当にひどいね。
田原
田原

でも被害者の会で集団訴訟した時に、長期戦になるもんなんですか?

垣内
垣内
なる。
お互いに言い分があるからそれを聞いてたら何年もかかる。
早いのもあるけどね、明らかにこれなかったよねとか。
だから、なんでそういったことにお上がすぐアウトって言って、口座凍結とかせえへんのかって言ったら、正しい会社やったのにタレコミ情報が嘘やったら会社は倒産するかもね。
だからできへんねん。
田原
田原

そうですね。

垣内
垣内
ただな、今回凍結されてんねん。
凍結されてへん口座もあるとか、いろんな情報あるけど、凍結された事実があるのは間違いないねん。
凍結されるってことは、そういうことがあって、普通はなかなか罰することができない、凍結できない、もしものことがあるから。
凍結したってことは、よっぽど証拠があって、よっぽど阿漕なことがあるってことを認定されたってことじゃないですかね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
過去には、そういう暗号資産詐欺のユダかなんか。
これも口座凍結されたって言って、YouTubeかなんかで話されてるのを見たことあるんですけど、凍結されるってことはそういうことでしょう。
しないですから普通。
凍結したらそういうことなんで、ライフコンシェルジュの人は集団訴訟。
あとは小額訴訟でしっかりと60万以下の人はやってみて、みんなで声を上げて。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
警察はしっかりとですね、これは刑事事件だっていうことで、逃がさないようにしてもらいたいなとは思います。
むちゃくちゃですよ、最初から僕は言い続けてる。
何年も前から、これは巨大な巨額詐欺事件ですよと、あんなに言ってたのにね、聞かへんお前らよ、頭悪すぎんねん。
田原
田原

www

垣内
垣内
ただね、そういう人はアホやけど、悪い人じゃないんちゃうかな。
みんなのために、みんな儲かったらいいよね、っていうね。
そこが浅はかすぎてバカすぎんだけど、ただ、その人たちが悪いとは思ってない。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
でも、岡本が悪い気持ちでこういうことをやってるのは、僕は本当に嫌いです。
8年前か7年前かね、岡本が出てきた時僕調べて、全然こいつ凄くないでって、ずっと詐欺師やでって僕言い続けてんのに、信用してくれへんかった人多いわ。
田原
田原

純粋ですからね、皆さん。

垣内
垣内
だから情報を聞いて、僕はこんだけ証拠に基づいて話してんのに、自分の都合のいい証拠を探すからね。
自分に都合のいい、自分は騙されてないっていうその思考から証拠を探す。
自分に都合のいい発表であったり情報しか信用しない。
だから結局は最後、騙されてチャンチャンってなってしまうので、もっとフラットに法律的にどうなんだって。
田原
田原

はい。

垣内
垣内

社会はどうなんだって、すごく単純にそしてシンプルに考えていただくのがいいんじゃないかなと思います。

田原
田原
はい、ということで以上です。
ありがとうございました。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


このブログを見てくれているあなたは、
ネットワークビジネスに何かしらの違和感を感じていることでしょう。

その感覚や認識は間違っていません。

かつてネットワークビジネスで億を稼ぎ、帝王だったわたくし垣内も違和感を持ち、
プロの経営者としての視点から、この業界の展望が望めずに辞めました。

それほど業界には問題が多いのです。

そして業界の健全化のためにこのブログを発信しているのです。

あなたがネットワークビジネスを始めた真の理由は何ですか?

ご自身はもちろん、
ご家族やお子さんの幸せを考えて始めた方が殆どかと思います。

しかし一方で、
ご家族やお子さんとの時間を犠牲にしていませんか?

そして犠牲にしてまで活動している
その成果はいかがですか?

家族は何よりも大切すべきです。

4月になり新年度がスタートしました。

あなたやご家族はもちろん、
あなた自身が真に成長し、
本業や副業の結果がより良い方向に進むためにも、

一人で悩まず、ぜひお気軽にご相談くださいね!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓
友だち追加
ライフコンシェルジュ
シェアする
タイトルとURLをコピーしました