プライム共済など、共済系マルチは大丈夫?

プライム共済など、共済系マルチは大丈夫? 保険・プライム共済・WIZ

はい、今回は共済系マルチは法律違反なのかという話をしていきたいと思います。

当時、エキスパートアライアンスは法律改正によって、資格を持っていないと営業することができなくなった末に楽天に売却しました。

営業するためには、外交員の資格が必要なんですね。

共済系マルチは、国の金融庁が抱える保険ではなく、独自にやっている保険らしきものだという事。

その他、大手保険会社についてのお話もしていますので是非参考にして頂けたらと思います。

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

法律改正で外交員免許がいる為、共済は売れなくなった

田原
田原

ということで今日は、プライム共済などの共済系のマルチ、いくつかあると思います。
よろしくお願いします。

垣内
垣内

プライムだったりなごみ共済だったり、WIZ?いろいろあるんでしょ?

田原
田原
会社のサービスとして共済を入れてるとかいろいろあると思うんですけど、共済保険じゃないですか。
これって法律的にどうなの?っていう議論ってあると思うんですけど。
垣内
垣内
みんな堂々とやってるけれども。
まず昔、エキスパートアライアンスっていうマルチの保険があったんですよ。
ものすごい昔ですが、あったんですよ。
それが伸びてる時に僕は警告してたんですよ。
警告通りになったんですけど、何を警告してたかというと、保険っていうのは外交員の資格を取らないと売れないんですよ。
田原
田原

基本的にそうですよね。

垣内
垣内
許可を受けてる資格を持っている人しか販売しちゃいけないんですよ。
金融業ですよ。
金融業とかガードマンっていうのは、例えば自己破産するじゃないですか。
仕事ができないんですよ。
田原
田原

あー。

垣内
垣内
ガードマンはお金を扱うし、金融会社はお金を扱うし、自己破産をすると、保険屋さんはできません。
というくらい厳しいんですね。
その中で当時、エキスパートアライアンスは共済保険だったんですけど、共済保険は、資格がなくても売れるという点が売りだったんです。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
僕は法律の改正が行われることを掴んでたので、売れなくなる、今だけだと。
ちゃんと法律改正が行われ、共済保険も売れなくなりました。
資格を持っていないと営業することができないんです。
営業するためには、外交員の資格が必要なんです。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
売れなくなったから、エキスパートアライアンスは楽天生命に売却した。
その後も、残党たちがやってますけど、それはダメなんです。
田原
田原

原則ダメなんですね。

垣内
垣内
法律を調べれば、外交員免許がないと、金融庁の許可を受けた会社がやらないといけない。
つまり、この共済や保険を売ってる人たちはなんなのかというと、金融庁が抱える保険ではないということです。
独自に行っている保険らしきもの。
田原
田原

はい。笑

農協やコープは営業はしない

垣内
垣内
互助会みたいなもの。
共済保険は、わかりやすいのは例えば農協やコープとか。
田原
田原

県民共済もありますよね。

垣内
垣内
あれはどういう仕組みになってるのかっていうと、組合員さんがいる。
だから生協もそうだし農協もそうだし、みんな組合員さんがいるんですよ。
組合員の制度があってこの中に互助会を作っているんですよ。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
だから営業してるんじゃないんですよ。
これを作ってビジネスモデルとして営業してるんじゃないです。
この中の集団があるからここにやる共済はあって、それを使う人もいるよね。
田原
田原

なるほど。別にその共済で勧誘してるわけじゃないないということなんですよね。

垣内
垣内
だからこれが大前提なんですよ。
ということは…営業してない?
田原
田原

営業しかしてないと思う。笑

垣内
垣内
営業しかしてない、それしかないんだから。
何らかの組合員がいてそこのための互助会じゃなくて、互助会を売りたいから何らかの会員を作ろうとして、脱法行為みたいにやってるんですよね。
田原
田原

でも要は会社の例えば言い分としては、プライムだったら全国福利厚生共済会みたいな、会員向けのサービスの一つとして共済があるよっていうことなんですね、本来は。

垣内
垣内
それに対しても、例えばそういう脱法行為があって、プライムさんもいい感じのサービスがあったんですよ。
でもそれは警告を受けてできなくなる。
だからやってる人が一番知ってると思うけど、あんまり役立たないよねみたいな。
田原
田原

みたいですね。

いきなり倒産するリスク

垣内
垣内
表面だけを見ると、「なかなかいいんじゃない?マルチのくせにに」みたいな一見共済があるわけですよ。
これについて話をしたいんですけど、そういうところに騙されないでほしいんですよ。
なんでかって共済っていう金融商品になってくると、これ金融商品じゃないですか、皆さんからお金を集めて、例えばみんなから1000円ずつ集めて100人だったら10万円しかないわけですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
だから1人死んだら10万円を保証しますってのがあったとすると、100人中1人死んだら10万円で原資がないわけですよ。
ということになるものになってませんか?
絶対にブレイクイープンポイント、損益分拠点があるから、これはちゃんと計算上出されてるわけですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
保険会社にしてもそうだけど、なんでも計算上これはクリアできるようにちゃんと利益が上がるよねっていうものになってるんですよ。
だから、それをもしかして震災とかになった時どうなるかって言って、免責事項があるわけですよ。
この時は払いませんよとか免責事項が、だって集団で死んだら困るから、パンデミックで困るから、地震で、だから地震保険があるわけですよ。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
地震保険かけてなかったら、家が倒産してももらえないとか、こういうふうにちゃんと計算され尽くしてやるんですよ。
それをまたリスクを、共済なり保険会社、リスクを回避する再保険といって、世界的な保険会社にかける。
要は不足の事態が起こった時払えないよね、いきなり倒産するよね、ってこと。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
だって、千円ずつ集めて100名で10万円で10万円もらえるって言ったら、100人分が一瞬で飛ぶじゃないですか、ということをやってるわけですよ。
そしたら、みんなから集めたお金を回さないといけないんですよ。
ここに置いてあったら、ポンジスキームみたいになるわけですよ。
置いてあったのを誰かに払うだけだったらそもそもポンジスキームで、それで利率の良いとか、すごい良いものはできるわけないんですよ、ポンジスキームですから。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だから、集めたものが、すごい実績の良い運用ができる体制、保険会社もなんですけど、運用実績のある運用部隊がいるわけですよ。
でもそれは運用部隊があるの?っていうことになれば、金融会社であれば、ここをちゃんと金融監査する。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
会計監査して不正がないか、パクられてないかとか、適切に処理されてるかっていう。
そして、決算状況が出てるわけです。
会計監査と決算って違うので、税務処理と会計監査は違います。
会計監査は、お前が悪いことしてないか調べる。
こういうことがあって、公表されてる。
これが金融機関なんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内

どうですかって話なんですよ。

田原
田原
一般の保険会社であれば、何らかの不測の事態があって、保険会社が例えば倒産したところで、そのリスクヘッジとしてあるわけですよね。
この権利っていうのは、そのままある。
垣内
垣内

保険会社のことはよく知らないけど、銀行とかだったら、日本だと1000万までは保証しますよ。

田原
田原
そうですよね。
でも、それがすごくそこはリスクですよね。
万が一があった時に、自分がかけてたものっていうのは。
垣内
垣内
日本の保険会社で倒産したり、買収されたところがいっぱいあるわけじゃん。
それについては、その債権を買い取る形をしっかりしてて、それについて利率が、倒産したわけだから、買収されたわけだから、想定される言われてた利率と違ってもしょうがないよねってことで契約を引き継ぐっていうことが、日本の保険会社でも起こってるわけですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
マルチのやつで公開もされてない情報を買いたいという人もいないし、誰も払えない、経営をやっていけないと言って、これを買い取ってこれを保証する人は絶対ありえないわけですよ。
そしたら、そこにやって利回り計算して、年利10%いかないんだったら、そんなとこにかける価値ないよねって話なんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内

で、サービスと払った額をコンペティター、どこと競合精査したらいいかというと、農協共済とか言ったら安いわけじゃない。

田原
田原

数百円とかじゃないですかね。

垣内
垣内
数百円をプライムとか4千円で安いとか。
それを3ポジで1万2千円でまたポジの話が出てくるんやけど、そんなことより農協共済見て、サービスどっちが得かっていってやるべきだし、それと比べてあんたのとこのサービスがどうなのかって話だし、向こうはしっかりとした組合員の中の共済として、互助会として成立してて、それに対するディスクロージャー、要は公開してるわけですよ。
資産状況を公開してるわけですよ。
田原
田原

うん。

獲得単価の低いビジネス

垣内
垣内
そしたら、すごく高くて役に立たないもので、しかも法的にはどうですかと。
保険はできないはずですけど、どういう根拠でやってるんですか。
わかりました、じゃあそういう根拠で脱法行為であればですね、この中でじゃあ決算書はどうなんですかね?
財務状況や資産状況、ちゃんと増やす部分をちゃんと増やしてるんでしょうか?
それが無いんだったらそもそも一番弱いし、一番儲からないものに対してみんな高いお金を出してるねってことになりませんか?
それに対して、今度ビジネスをやる人がいて少ないわけじゃない、売上が。
田原
田原

そうですよね、一人獲得してもってことですよね。

垣内
垣内
だからすごいカスタマーアクイジションコスト、獲得単価がすごい高くて、いろんな売上が上がる仕組み、要はカスタマーライフタイムバリュー、生涯価値っていうのが取れる売上、これが低いわけですよ。
獲得単価が高くて、ここの低いカスタマーアクイジションコストとライフタイムバリューが低いビジネスっていうのは、ビジネスモデルとしては非常にチープなんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
だから、まず懐疑的な話がありますよ。
実際、コンペティターと競争力はありませんよ。
そして、ビジネスモデルとしてアクイジションコストが非常に高くて、ライフタイムバリューが低いっていうのは、ビジネスモデルとして非常にチープですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それをあなたが赤字になってまで頑張る理由は何なんですか?
これを儲かって、エキスパートアライアンスの時に楽天に買収されてすごい、それでも権利収入になってる、何千万入ってる人がいますって、何人いるの?と。
時代が違うし、その変わり目でやったビジネスは今のプライムだとかなんとか共済とかがそれに該当するわけで、全く論点が違うわけじゃない。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だから、僕は論点は事実に基づいて話すところで、エキスパートアライアンスの時から僕は注意喚起してましたけど、こういう歴史があってこうなんですよ。
コンペティターに対して有意差別性があるかないかっていうのと、自分がそれをビジネスやるっていうので獲得単価が低くてライフタイムバリューが低いっていうビジネスモデルに対して、あなたが人生を賭けてるとしたら、それはどうなんだろうかと。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
よく言うけど、プライムの社長がすごい、この人の思いに惚れてるんだって、だったら計算書出してもらったらいいんじゃないの?。
誰かにお金が移っていってるかもわからないから。
田原
田原
あれと似てますね、スカイプレミアム。
投資は誘えないけど、そこのコミュニティがあるんですよね。
垣内
垣内

コミュニティがあるから、スカイプレミアムというコミュニティがあるから、ここに入ったらこの投資ができるよって。

田原
田原

なるほど、そういう逃げ道を作って。

垣内
垣内
そういう形がやっぱり多かったし、これはこの前も話したけど、エキシアの残党がまたなんかDSHかなんかやってる。
もうこんなんばかり同じところでグルグル回ったやつなんかより、普通に事実に基づいて検討しましょうと。
それについて決算書出してくださいって、財務状況出してくださいって、資産運用はどうやって運用されてるのかって。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
保険屋入ってても、それは日本の債権と海外債権で回すっていうのが例えばあったとして、全部出るじゃん。
僕ら投資してるのはあるけど、投資は利回り出るじゃん、月々利回りまで全部出るわけじゃない、具体的にいつでもお金出せるわけじゃない。
出せないお金で利回りもなくて、しかもビジネスモデルがチープで、何をどう取ったらそれが素晴らしいビジネスになるのか、説明してくれる?
田原
田原

ということで、法律的にどうなのっていう話ですね。

垣内
垣内

分からないけど僕が言ったのは全部事実なんで、調べていただいて、自分でも計算して、ビジネスとして頑張ってもいいものかどうか、っていうのを判断されたらいいんじゃないかなと思います。

田原
田原
はい、ということで以上です。
ありがとうございました。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


どうも、垣内です。
私はネットワークビジネス10年で1000億以上の売り上げと20億以上を稼いだ、最も成功した一人です。
そして何度も事業を支援、立ち上げ、インフルエンサーの募集育成にも長けております。
日本のトッププロ集団です。

あなたはネットワークビジネスは誰でも出来る、簡単だと思いましたか?
簡単ではなかったでしょ?

そこには、致命的な3つの課題があります。

①赤字の上で成り立っている。

②リストがない、リストを作る為にコストや労力、スキルが必要。

③消費者がいない獲得できない。
 
セミナーで人に会う、DM送ったり勧誘し、抽象的で具体性の無い、思えば叶う、成功者の真似をしろ、と言われてませんか?
 
そして新しい人がどんどん入れ替わっていくし、辞めてった方を見て、
【権利収入になってない】
をあなたは実感した事でしょう。
あなたの才能を伸ばしてくれないと、うまくいく訳がありません。

1億円以上かけた教育システムで、私どもが皆さんからお金を取るのではなくて、私どもがあなたに投資を致します。

 

そして高額塾や投資に騙されてる方もいらっしゃいます。
情報弱者からお金を巻き上げられるビシネスには騙されないでください。
お金を取り戻せる方法などもアドバイスさせていただいています。

まずは1人で悩まず、なんでもご相談ください。
人生を好転させましょう!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓

友だち追加
保険・プライム共済・WIZ
シェアする
垣内重慶公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました