悪徳商法・悪徳マルチの事例と問題点!悪徳マルチを撃退するために話します!

アウラインターナショナル・ミライズ

今回は悪徳商法・悪徳マルチについて切り込んでいきます。

実際に起きた事例を元にその問題点を解説

その会社でビジネスを頑張っている人もいるかもしれません

少しでも考える機会に繋がればと思っています。

悪徳マルチを撃退しより良い日本へ皆さんで変えていきましょう!

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

悪徳マルチが潰れないとどうなるか?

田原
田原
はい、それでは今日もよろしくお願いします。
今日はですね、悪徳マルチが潰れないとどうなるのかっていうのを垣内さんとしての見解を聞きたいなと思います。
悪徳マルチってピックアップされて、例えば新宿109のけんぞうさんとか、このチャンネルでも取り上げるチャンネルってあると思うんですけど、でもほんとごくごく一部だと思うんですよね。
もうほんとにこじんまりずーっと悪さしてるとこもあるじゃないですか。
垣内
垣内

あるある。

田原
田原

で、そういうとこってなかなかピックアップ取り上げられたりはしないと思うんですけど、そういう悪徳業者とか悪徳マルチっていうのが潰れずにずっとやっていくことで、この国はどうなっていくのか。

垣内
垣内
いやもうね、滅びます。
なぜかというと、悪徳商法があったとするじゃない。
例えばもっとわかりやすく、マルチだったらわかりにくい部分があるから、例えば居酒屋ですごいブラック企業とすごいホワイト企業があったとするじゃない、これを適正な利益で従業員にもしっかり還元して、従業員に働きすぎるというか無茶苦茶な働き方もさせずに空気を作る。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
で、ブラックで従業員は安くて鬼のように働かせて、原価も叩いて叩いてひどいことをして、利益を上げよう利益を上げようってやってたとする。
これが残ってたとするじゃないですか、こっちにもお客さん行くじゃないですか、ブラックとホワイトがあったら両方にお客さん行くじゃないですか。
結果としてこういう理論があるとしたら、ブラックが流行っちゃうケースもあるわけですよ。
そうしたらホワイトが潰れることになりませんか?
田原
田原

確かに。

垣内
垣内
こういうのがあるからホワイトが潰れちゃうんですよ。
正しくやるっていうのはね、難しいんですよ、お金儲けにしても。
だって、これは悪徳商法に今度切り替えて話をすると、どこにもない製品で誰も作れないような製品でどこへも利益率が高くて、誰でも簡単にできて絶対に失敗しないビジネスってある?
田原
田原

ない。

垣内
垣内
でもそう言ってるわけですよ。
アウラのうんこなんてそうやって言ってるわけじゃないですか。
そうやって言ってね、ニコニコタダとか言って、それやったら絶対払えないよねって言って、払えなかったんですよ。
キャップ調整8割払えなかったんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それでもそうやって、だから月給20万って契約してんのにね、アウラのうんこはですね、実際80カット。
20万って雇用契約してんのに4万しか払わなかった。
しょうがないよねって、また今度はミライズでやってるんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
しょうがないこともない、保証しないといけない。
そんな契約は契約不履行で返金請求できるわけじゃないですか。
契約不履行で訴えができるわけじゃないですか。
でもそういう人がいるから、そういうものに騙されて、結局真面目にホワイトでやってる人たちのところに人が来なかったりするんですよ。
ここに取られちゃうわけですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そうすると正しくやってるのが馬鹿らしくなる人もいるわけですよ。
そうしたらこっち行って何回も騙されるんですよ。
だから、この国のみんなが馬鹿になってるから、しっかりとそんな魔法はないんだよってことが分からないと、ホワイト企業を潰しひいては日本国の未来を潰すことに繋がるんだ。
あなたが楽な方に流れることは、日本の未来を、子どもたちの大切な未来を潰してるってことに、これを見てる人は気づかないといけないです。
田原
田原

なるほどな、確かにそこの特商法違反をして古代広告をしてブラインド勧誘をして、これお金入れとくだけで儲かるんだみたいなことを言われたら、こっちの方が稼ぎやすそうに見えますもんね。

垣内
垣内
馬鹿らしくなるじゃん、でもそれは実態ない。
でもそこまでに数年とか10年かかってるわけ。
その人たちはもうやる気があって、本当はこの人たちはここでコツコツ10年でスキルを得て、日本国のために役立つ人たちになってるかもしれない。
これを全部取ってクズにしていくわけですよ。
もうやる気もなくなるわけですよ。
田原
田原

はい。

悪徳商法で稼げたとしても幸せですか?

垣内
垣内
僕も見てきたけど、あっという間に20代でイケイケだった子が30、40、50ってくたびれていくわけですよ。
60、70になってもまだ夢は諦めない人たちがうだうだ同じ悪徳で、最初は大手にいて正しくやってた人たちがどんどん小さく小さく小さくなって、最後は悪徳商法で詐欺みたいなことやってるの見てきたでしょ。
田原
田原

見てきた。

垣内
垣内
ほんとびっくりするぐらいもう三段活用ぐらいになってて、あっという間に20年が経った、30年が経ったっていう世界を見たでしょ。
誰も成功してないわけだよ。
ゼロじゃないけど、でもやっぱりネットワークビジネスで成功してる人は、正しい心を持ってるわけですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
やっぱうんこみたいなやつは一時行くけど、全部ダメ。
常に幸せではないわけですよ。
お金は儲かったかも分からない。
だってあの暗号資産の詐欺やったね、ビットクラブのタマイシだってそうじゃない。
「貧乏は悪だ」とか言ってて意味が分からんね。
そんなことまで言ってて、ランボルギー二に乗って見せびらかしてた人が、収監されてげっそりおじいちゃんみたいにヨレヨレ、そして半グレ達が後ろで裁判でウェーッ!って言って、20億取られてボロボロになってるわけじゃないですか。
田原
田原

へぇ。

垣内
垣内
あの謳歌してたのはなんだったのか、あなたはそんな成功を目指してるの?それって成功じゃないよね、っていうことなんですよね。
だから僕は、みんなが声を上げてそういうことに参加しないというね、ちゃんと正しい心を持ち続ける、これをしないとあなたが日本の未来を潰してるんですよ、ってことなんですよ。
悪徳を許しちゃダメですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
で、自分が金を払ったからと言って、法律違反とか疑いを持ってんのに、それでまだ自分は被害者なのに、加害者なんて被害を作って広げちゃダメですよ。
この事件を言ってるんじゃないですよ。
あなた達がやったら、日本の未来を変えることに繋がることをやってるんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内

だから、悪徳を残しちゃダメ、許しちゃダメ、ホワイトが潰れるから。

田原
田原

そういう意味では、撲滅していくとか、こういうチャンネルとか新宿109のけんぞうさんのチャンネルとかは、社会的な意義は少なからずあるんですね。

垣内
垣内
絶対ありますよ。
だって、やり得になるじゃない。
経済犯罪っていうのは今ね、詐欺とかにされたらあれだけど、詐欺って立件が難しいわけですよ。
特商法違反とかたかだか知れてるからさ、法改正も必要だし、僕はね、悪徳がはびこる世の中は絶対ダメだと思う。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
悪徳がはびこるって、例えばニューヨークだってそう、昔落書きがあったって言って、割れ窓理論ってのがまたネットで調べていただいたら分かるけど、軽微な犯罪を許すとその犯罪は全部重篤化していくんですよ。
最後は窃盗、殺人ね、強盗殺人とか、ひどいことは割れ窓理論って言うんですよ。
だから、割れた窓を許しちゃダメって言うこと、落書きをそのままにしちゃダメ、きれいな状態にしていかないといつも真っ白にしておかないといけないんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それは心も近辺もちゃんと割れ窓理論でね、割れた窓にならないように、生活をしっかりと皆さんがね、足元から。
夢を見るのは悪いことじゃないけど、おめえそんなにスキルねえじゃんみたいな、スキルもないくせにチャンスだってお金儲けをしよう、ずっとぐるぐるぐるぐる養分で回ってて、どんどん心が荒んで、悪いことでも「まあいいか、これぐらいだったら」「いや今回こそ本物かもしれない」今度こそ今度こそって、誰か被害者が出るに決まってる、ネズミ講なんだから。
田原
田原
本当ですね、なので詐欺に合わないように最低限の知識っていうのを身につけるっていうのもそうですし、このチャンネルではそういう注意喚起をしてると思うんですよね。
でも、この悪徳マルチがあることで、ホワイトな、そういったネットワークビジネス企業とかも悪影響を受けてるので、ネットワークビジネス企業も、声を上げるべきですよね。
なんかそれを僕らだけ注意喚起してて、他者を批判するのかみたいに言ってくるじゃないですか。
そうじゃなくて、こういう悪徳マルチを潰さないと、ホワイト生き残れなくなりますよってこと。
垣内
垣内
ホワイトを、未来を潰しますよ。
そして、ネットワークビジネスって販売形態の問題点は、やっぱり皆さん赤字の上でね、僕もミリオネアを11人作りましたけど、多くの赤字が下にいたんですから。
僕はネット展開しましたよ、でも赤字がいたんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
結局リストがないわけ。
あなたたちもリストないし、集客できてないでしょ。
消費者がいない、獲得できない。
これをビジネスって言うんですか?って話なんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
ここを是正しないといけない。
同じ連鎖販売取引企業でも、ここを是正して被害者を生まない。
僕は被害者がいる法律違反についてこうやって注意喚起をしてるわけなので、そこをみんなが選ばないでちゃんと調べる。
ちゃんと調べたら、案外まともな会社はほぼないから。
田原
田原

うん。

垣内
垣内

だから、そういうことをみんなが声を上げて、そういうのに騙されないようにしないと、そういうのを許さないようにしないと、これはもう本当に未来を、皆さんの子供たちの未来を、日本を潰すことにつながるから、僕はね、気づいてしっかりとね、アクションを起こしていただきたいなと思います。

田原
田原
はい、ということで以上です。
ありがとうございました。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典

このブログを読んでいるということは

今のビジネス・
これからやろうとしているビジネスに
少しでも不安や疑問があるからではないですか?

自分の状況を知るには
正しい知識色んな角度からの情報

を得ることが大事です。

不安や疑問がなくなれば自信をもって次の行動ができます!

そのモヤモヤをぜひ気軽に相談ください。

まずは公式LINEで
あなたの状況を聞かせて下さい。

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


公式LINEはコチラから
↓ ↓ ↓
友だち追加
アウラインターナショナル・ミライズ詐欺
シェアする
タイトルとURLをコピーしました