みんなのたまご倶楽部がネズミ講で逮捕!ネットワークビジネスの今後について解説!

みんなのたまご倶楽部がネズミ講で逮捕!ネットワークビジネスの今後について解説! みんなのたまご倶楽部

みんなのたまご倶楽部がネズミ講で逮捕されました。

これは、ものがあってもそれは形骸化して脱法行為をしてるものについてネズミ講認定をした、という点で大変大きな意味のある事件です。

アメリカでもネットワークビジネスが社会問題になり、撤退したり政府に潰されたケースも出ています。

もうネットワークビジネスの会社は、脱ネットワークをしていかないと全部潰れる危険性があります。

ぜひ、このみんなのたまご倶楽部の件から勉強してください。

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

みんなのたまご倶楽部がネズミ講で逮捕

田原
田原
今回は、ネズミ講のみんなのたまご倶楽部が逮捕されたわけじゃないですか。
似たような案件もいろんなものがあるんじゃないかって思ったんですけど、この辺はどうですか?
垣内
垣内
vyvoも一緒だよね。
それから、ライフコンシェルジュもそうだよね。
ERAなんか、逮捕者19人目が出たのかな?
僕は全部一緒の案件だと思うのよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
で、今回はすごい大きく、司法というか警察がアップデートされた、進化した。
今まで逮捕されてない人たちが逮捕されてない案件で逮捕されたと思ってる。
どこか分かる?
今までだったら、それでは逮捕されてないよねっていう罪状での逮捕になってるのよ。
田原
田原

それはなぜなんですか?

垣内
垣内
なぜかは分からないんだけど、要は社会問題化してるんじゃないの?ってこと。
それは何かっていうと、ネズミ講、無限連鎖構という法律で逮捕された。
ここがすごい大きなことやと思うね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
で、朝日のニュースやったかな、メジャーなメディアにおいて、要は誰かのお金が入ってる。
いわゆる消費者から利益を上げるんじゃなくて、どっか外部から入ってきてる、ポンジスキームって言ってたわけじゃない?
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だからポンジはダメなんだよって言ってたんだけど、明確に消費者がいないものに対して物はあった。
でもネズミ講として無限連鎖構として逮捕になった。
これは今までなかったよ、物があったから。
田原
田原

もともと歴史をたどれば1900何年か忘れましたけど、天下一家の会っていうのが熊本県でしたっけ、ネズミ講という法律ができたのがその件ですよね。

垣内
垣内
そうそう、Wikipedia調べてね。
あの時はそんなのなかったから、互助会だったからね。
互助会でみんなが上位者に対して、お金を封筒に入れて送ったのよ。
田原
田原

はい、出資したんですよね。

垣内
垣内
で、これって共済とかいろんなマルチがあるじゃん。
物なしマルチがあるじゃん。
全部一緒じゃないの。
田原
田原

仕組みは一緒ですよね。

垣内
垣内
で、消費者いるって言うのよ。
だからみんなのたまご倶楽部にも消費者がいるって言うのかもしれないし、分かんないけど。
でもこれね、僕ライフコンシェルジュの時にずっと言ってきたんやけど、アースウォーカーっていうのが十何年前に逮捕された。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
僕に経営相談がね、オーナーからあった時に、お前それ絶対捕まるよって、絶対ダメだよって言いながらスタートさせて、実際逮捕になって懲役刑、実刑になってるの。
そういう時代があって、それには物があったの。
田原
田原

アースウォーカーは通販サイトか何かでしたっけ?

垣内
垣内
カタログ通販でカタログまであったの。
商品もあったの、商品の仕入れルートもしっかりやってた。
田原
田原

それでも逮捕された。

垣内
垣内

しかもネズミ講になったのそれ。

田原
田原

それは純粋な消費者がいなくて、ビジネスメンバーばっかりだったってことですね。

垣内
垣内
その通り。
もう忘れたけど正確な数字は、2%くらいしか消費者いなかった。
だから消費者いるじゃないかって、今から頑張るんだっていうことが通用しなかった、十何年前。
田原
田原

へえ。

垣内
垣内
でもそれがあったのにもかかわらず、みんな物があると。
例えばvyvoも一応物があると。
でも出資したら儲かるようになってた。
ライフコンシェルジュも物がある、でもそう言ってた。
ERAは、物はオンラインのカジノだったりマージャンだったり。
その前はもうアフィリエイトだと言い切ってたんだけど。
アフィリエイトって言い切っていながらやってたのが、例えばマイニングエクスプレスもアフィリエイトなんだよ、マイニングの、とか。
それからまあ暗号資産系が全部そうだったでしょ?
田原
田原

うん。

垣内
垣内
まあ昔は暗号資産がこれが伸びるんだみたいな話から、マイニングって言って。
でそれからAIのアービトラージって言って、今度ステーキングって言い出して預けてたら増えるよね、みたいなステーキングサービス。
でもそんなんがみんなルナっていう仮想通貨、ドルに裏付けされて保証あるから変動はないけど安全なんだとか、ルナテラね、こんなんが吹っ飛んだりしてたわけ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
そしたら今度名前を変えてNFT、ノンファンジブルトークン、非代替性トークン、あれによって、とか言ってるわけよ。
いやいやいやいや、ワード変わってるけどやってること一緒で、司法はものがあってもそれは形骸化して脱法行為をしてるものについて、ネズミ講認定をしましたよね、逮捕されましたよね、っていうのが僕が言いたいことなんです。

ネットワークビジネスも全部一緒では?

田原
田原
なるほど。
でも、その消費者がいないっていう共通点から言えば、ネットワークビジネスっていう業界もものがあるじゃないですか。
ものがあるけどディストリビューターとして、ビジネス会員として登録して、安く買えるよみたいな感じなので、純粋な消費者っていうのはいないんじゃないかなって思うんです。
垣内
垣内
いないんですよね。
だからそれがミソです。
消費者は実はいないし、獲得できないよね。
パーティー商法してネットワークに勧誘するのはダメだって、アムウェイもダメだって、バーベキューもダメだ、何々もダメだと。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
本来ネットワークビジネスっていうのは、身分の提示、目的の提示、三大告知義務、場所、時間、説明の仕方まで決まってますよ。
守れてないじゃないですか。
守る気もないじゃない?
で、消費者がいないし、獲得できてないじゃない?
じゃあ、全部ダメです。
田原
田原

えー。

垣内
垣内
アメリカはどうなってるかっていうと、実は1000億円以上まで売上が上がったアドボケア、これ学生を中心に社会問題になったんですよ。
ネットワークビジネスから1000億円以上までタッチしたのに、撤退したんですよ。
あと名前忘れたんだけど200億弱かな、百数十億まで短期で伸びた会社が、政府の介入によって消費者がいないよねっていうことで潰されたケースも出てる。
田原
田原

へえ。

垣内
垣内
知らないでしょみんな。
っていうことで、政府が介入してこれネズミ講、ポンジスキーム、向こうはピラミッドスキームって言いますけど、ということで認定を受けて政府から潰された、倒産しちゃった。
アメリカでバンクラフトって言いますけど、そういうことが起こってるんですよ。
田原
田原

へぇ。

垣内
垣内
日本ではみんなそういうことを知ってか知らずか
「ネットワークはすごい」
「ネットワークは伸びる」
そんなわけないでしょ。
僕は、このみんなのたまご倶楽部はみんながめっちゃ勉強すべきことだと思う。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
「たまごいいよ」
って言ってたわけですよね。
「これはすごくいいもので他にはない」
と。
で、たまごを食べるだけで、こんだけ払うだけでお金が入ってくるようになる、年金みたいにもらえるようになる。
今この部分だけでしたらうちはたまごじゃないとか、ちゃんと報酬プランを説明してるといろいろ言うと思うの。
でも総論はどう?
田原
田原

同じですよね。

垣内
垣内
同じに見えるよね、多分広域で言えば。
しかもそのたまごはって言うと、実は百何十円のたまごは十何円で十倍で売ってましたって。
これだけ見たら、うちはちゃんと価値があるって思ってんのはこれ見てるあなただけで、原価調べてみなって。
特に化粧品だとかサプリメントだとか本当にそんなに価値があるの?
田原
田原

うん。

垣内
垣内
楽天で調べたら同じものがもっと安くていっぱい売ってんじゃないの?とかね。
化粧品なんてほとんどの値段がプロモーション費用と容器なんじゃないの?
だからうちはネットワークだからすごい安くて高クオリティを出してるんだっていうのが売りなんだけど、そう言われてるじゃん、あれ嘘なのよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
全然一般の方が安いのいっぱいあるしいいものもいっぱいあるし、僕はネットワークビジネスの製品がすごいいいっていうのには懐疑的に思ってますって言ってるじゃん。
だから俺からしたら、みんなのたまご倶楽部だろうがサービスがあろうが、物なしマルチだろうが、物ありマルチだろうが、俺は総論は一緒だと思う。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
で、要は消費者がいなくて、払ったものが上の人の収入になる、いわゆるポンジスキームっていう状態ですよね。
これはもう問題、司法はネズミ講って判断してる。
これやばくないですかって。
だからそこでNFTとかが出てきてるわけよ。
田原
田原

はい。

NFTは分散投資の一つとして考える

垣内
垣内
NFTでセレブたちがみんな損したの。
2017年頃からブワーってなって、一部儲かった人はいるけど。
NFTの話も散々してるわけだけど、例えばナイキの靴があって、これNFT付きで販売しますよと。
そしたらこれの数量もあるから、これのプレミアが付くの、プレミアム価格になるのってあるじゃん、それはわかる、限定だから。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それをデジタルアートとかデジタル著作物に対して、これはNFT付きですよと。
これが限定100だったらわかるけど、1000だったり、1万だったり、無限大に拡大できたり、どうなのってこと。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
このワンちゃんは200人限定、500万のは20限定なんですよと、その契約どこにあるんですか?
言われるだけ。
田原
田原

確かに。

垣内
垣内
だから欲しがりますか?って話だよ。
ナイキとルイヴィトンとのコラボだったら欲しがるよね。
これNFT付きで、これはどういう経緯で、どんな所有者によって機能したかとか。
例えばクラシックカーで、これNFT付きでやりますよって言ったら、どんな経路か全部データ取られてるわけじゃん。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そしたらわかりますよね。
経路がわからない、経歴がわからないものと、経歴がわかるものでNFTがあって、このNFTの価格が上がるっていう可能性についてはわかるし。
でもNFTも暗号資産についても、FTXの破綻についてすごい話題になってて、結局価値がないの?ってことを言われてるわけですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
暗号資産って、ビットコインとか、価値があったの。
どういう使い方か知ってる?
価値、昔あったのですよ。
ビットコインがどんな風に使われてたかって聞いたことある?
田原
田原

どんな風に使われてたか?

垣内
垣内
聞いたことない?
アフリカとか、銀行口座をみんな持ってなかったの、一般庶民はほとんど。
そしてハイパーインフレで、現金で札束持ってたとするじゃん。
そしたら1万円が下手したら5000円になるとか、1000円になるとか。
そして出稼ぎで違う国に行ってるわけ。
そしたら送金、お金を現金でするためには銀行の手数料がすごい高い。
田原
田原

あー。

垣内
垣内
稼いでも稼いでも搾取されるよっていう。
この中に当時の仮想通貨、今の暗号資産、ビットコインとかがあると送金手数料がすごい安い。
あまりかからないっていうのと、インフレに対応できる、ビットコイン自体が上がっていく時代だったから。
そしたらそこのインフレをリスクヘッジして送金が安いから機能してたんですよ、暗号資産は国をまたいで。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だから使えるよね、価値があるよねっていうことが暗号通貨の始まり。
中央集権的に、誰か国とかに管理されていないデジタル通貨が、こうやって社会インフラの役に立つよと、これがスタートだったんですよ。
で、じわじわ来てみんなの投機のお金が入ってきたわけです。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
儲かるんじゃないかって。
実際上がりましたよ、でもものすごく下がりました。
なんでかって言ったら結局虚像だよねと。
全然嘘の世界であって、いまだにビットコインとか暗号資産とかで決済ほとんどしてないよねと、ごく一部だよねと。
しかもマネーロンダリングやったり、暗号資産や今回のNFTっていうのは限りなくマルチと近いネズミ講、ポンジスキームって言われてるわけですよこれ。
世界の著名な経済学者とか金融のプロフェッショナル達が同じことを言ってるんですよね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
もちろん、だからといって全部なくなるとは思わない。
例えば、偽薬のプラセボ効果があるっていうのを何か言ってるじゃん。
田原
田原

ホメオパシー。

垣内
垣内
ホメオパシーなんかも完全に否定されてるの。
医学界から科学で完全に否定されてるんやけど。
逆にそこに宗教みたいな信者がいて、一定数の信者、ホメオパシー信者みたいな、まるで宗教みたいにそれを信じ込んでる人たちがいて、完全排除できてない状況がある。
規制ができてない状態があるわけですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だからそういう風に、どんな問題になっても、まるで宗教のようにそこを信じて集まる人たちがいる限りは、完全になくなることがないかもしれないので、僕はわからないと思ってる、暗号資産について。
だから伸びるかもしれないしわからないから、昔から言い続けてることは、資産の運用のポートフォリオの一つ、分散投資の一つとして考えるのはありじゃないですか。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
例えばイーサリアムなんか、ずっとS&Pにドルコスト平均法で投資するようにやってたら、やっぱり一財産を築いた人もいると思う。
でも、こうやって伸びていったところ、今の状態でエイヤーってやった人はみんなババ引くわけ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
ババ引くのがNFTじゃないんですか?
天下一家の会からのネズミ講が手をかえ品をかえ、いろんなものがあった中で、これが暗号資産になって、暗号資産もダメになって。
アービトラージなんだ言って、ステーキングだって言って、マイニングエスプレスも結局そうで。
こんな中でこんなNFTになって、同じような人たちが同じようなところにわーっといって。
騙される人も騙してる人も同じだと。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
僕はね、みんなのたまご倶楽部っていうのは、そういう意味ではものすごいわかりやすい。
そして、司法警察がね、一歩アップデートされたんじゃないかなと。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
今田原が言ったけどさ、
「ネットワークビジネスは全部一緒じゃないですか?」
って。
僕はそう思ってるタイプなんですよ。
だから、ネットワークビジネスは脱ネットワーク、本当に消費者を獲得できる次のステージには上がらない、上がれない会社は、皆さんが今信じてるのは全部潰れると思ってるんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
で、これを見てる人たち、立ち上げが好きじゃん。
アイテックがアースになったのね。
田原
田原

そうですね。

垣内
垣内
あれ、読み方を難しくしてるのは検索されないためなのか。
それでアイムスだ、生命研究所、もうどんどん名前を変えるのがおかしいんだよって話してたけど。
みんな立ち上げ好きだけど、自分が焼き鳥屋やってて目の前にチェーン店ができたら潰れますよ。
自分が牛丼屋やってて全然流行ってないのに、目の前に吉野家ができたら潰れますよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
だったら吉野家のフランチャイズやった方が儲けも少ないけどマシじゃないの? みたいなね。
コンビニだっていっぱいあったわけですよ。
全部統合されたじゃないですか。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
大手しか残れないのに、なんでネットワークビジネスの人たちだけが立ち上げって盛り上がれるのかわからないし、そのマーケットがない。
商店街でおじさんがシワ取れる、若返る、がん治るって言ってるようなもん。
そもそも商店街に人がいないしそんなビジネスをやってて、今言ったような社会情勢の中でみんな騙されてる人も騙してる人も一緒なのに、まだやってるのはどうなのか。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
これはみんなのたまご倶楽部がすごいヒントになってると思うんだよね。
皆さん検討じっくりしてください。
田原
田原
はい、ということで以上です。
ありがとうございました。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


このブログを見てくれているあなたは、
ネットワークビジネスに何かしらの違和感を感じていることでしょう。

その感覚や認識は間違っていません。

かつてネットワークビジネスで億を稼ぎ、帝王だったわたくし垣内も違和感を持ち、
プロの経営者としての視点から、この業界の展望が望めずに辞めました。

それほど業界には問題が多いのです。

そして業界の健全化のためにこのブログを発信しているのです。

あなたがネットワークビジネスを始めた真の理由は何ですか?

ご自身はもちろん、
ご家族やお子さんの幸せを考えて始めた方が殆どかと思います。

しかし一方で、
ご家族やお子さんとの時間を犠牲にしていませんか?

そして犠牲にしてまで活動している
その成果はいかがですか?

家族は何よりも大切すべきです。

4月になり新年度がスタートしました。

あなたやご家族はもちろん、
あなた自身が真に成長し、
本業や副業の結果がより良い方向に進むためにも、

一人で悩まず、ぜひお気軽にご相談くださいね!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓
友だち追加
みんなのたまご倶楽部ネットワークビジネス
シェアする
タイトルとURLをコピーしました