ネットワークビジネスなど口コミビジネスの衰退と限界!法律と市場の変化を考える

ネットワークビジネスなど口コミビジネスの衰退と限界!法律と市場の変化を考える ネットワークビジネス

ネットワークビジネスなどの口コミビジネスに対して、市場の変化や法律の影響、効率性の問題などを踏まえ現状を冷静に検証していきます。

ネットワークビジネスは確かに昔勢いがありましたが、今現在は確実に衰退していてる業界です。その理由にも焦点を当てて説明していきます。

時代の変化とともに必要なアプローチや法的な制約が変わりました。
ネットワークビジネスが適応しなければならない新たな状況をお伝えしています!

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

MLMの口コミビジネス、どのように思うか?

垣内
垣内
口コミビジネスのネットワークビジネスなんてダメでしょ。

田原
田原
ネットワークビジネス、ダメですよね。
うんうん。

垣内
垣内
口コミビジネスでしょ?普通に考えましょうよ。
世の中、口コミビジネスって言ったら、僕やってたんですよ、訪問販売とマルチレベルマーケティングは同じカテゴリーで表されるんだけど、このマーケットを見た時にずっと衰退しているんです。

田原
田原
うん

垣内
垣内
何のネットワークビジネスかっていうので、そのマーケットを見なきゃ。
ネットワークビジネスっていう販売形態を見た時、3兆6000億から1兆5000億まで下がってる。
マーケットの視点から見た、チャンスかチャンスじゃないかっていうのが一つなんですよね。

田原
田原
うん

垣内
垣内
そして、ネットワークビジネスっていうのは、もっといろんな見方があるんだけども、例えばアポイント取るでしょ?

田原
田原
うん、そうですね

垣内
垣内
リストアップして、アポイントを取って、人に会って勧誘するとか、セミナーに誘うとか。
今の時代に合ってます?

田原
田原
いや、今の時代っていうか、今、無理ですねw

垣内
垣内
今やっちゃダメでしょ、やっちゃダメ。

田原
田原
はい

垣内
垣内
誰も会わないし。やりたい人、逆にいるの?

垣内
垣内
俺はTSUTAYAにレンタルビデオを借りてました。
DVDが変わって、ブルーレイに変わりました。
今度は、アマゾンプライムとかネットフリックス、hulu、俺入ってますけど、
「もう一回TSUTAYAに変えませんか?」
って言われたらどうする?

田原
田原
絶対変えない

垣内
垣内
ということなんですよ!w

田原
田原
はははwww
はいはい

垣内
垣内
時代の流れ、ツール・テクノロジーが進化してる中で、ここには、物を買うっていう消費者、何かの価値を提供してお金をもらうっていうところ、マーケットのライフスタイルが変化しているのに、ついていけてないと思う。

垣内
垣内
悪徳商法が多かった。

田原
田原
はい、はい

垣内
垣内
だから法律が厳しくなりましたよ。
消費者センターができたわけだし、悪徳で問題になると、国は法律を厳しくしないといけない。

田原
田原
うん

垣内
垣内
昔、ネズミ講だだって法律上なかった。
ネズミ講、やっても良かったんだよ、昔は。

田原
田原
うん

垣内
垣内
ネットワークビジネスは皆さん、効率が悪くて利益率が悪いんですよ。

田原
田原
うんうん

垣内
垣内
効率が悪くて、利益率が悪い。
これを、法律で「こうしちゃダメ」「ああしちゃだめ」って厳しいから、もっとさらに効率が悪いわけ。

田原
田原
はい

垣内
垣内
もっと効率が悪く、もっと成約率が悪くなるわけです。
ほら、もうどんどん。
それじゃなくてもマーケットが小さくなってる。
またさらに加速していくような社会情勢にもなってる。

田原
田原
うーん

垣内
垣内
だから、変わらないといけない、ネットワークビジネス。

田原
田原
うん、うんうん

垣内
垣内
変わらないといけない。

田原
田原
今ネットワークビジネスをやってる人もいると思うんですが、具体的に何を変えていくと良いですか?

どのように変わっていけば良いのか?

垣内
垣内
いやいや、法律を守りなさいって話。

田原
田原
あー

垣内
垣内
まず、あなたは法律を知ってますか?って話で、法律を守ってやるのがまず大前提ですよね。

田原
田原
うんうん

垣内
垣内
で、法律を守ってやる仕組みが、グループやチームになければ論外です。

田原
田原
はい

垣内
垣内
もしくは、法律違反を「ノウハウだ」「こうやったら儲かるよ」って言ってたら、もうこれ論外です。
法律を守ると。
日本国民であれば、もう絶対に日本国家における法律を守るのは大前提ですよ。

田原
田原
うん

垣内
垣内
それをやらないと。
それをやった上で次のステージ。

田原
田原
うーん
今、基本的に集まれないじゃないですか。

垣内
垣内
集まれない

田原
田原
それでも集まってるところもあるみたいなんですよ

垣内
垣内
論外、論外、論外

田原
田原
で、集まれない時はZoomを使ってミーティングしたり、今ネットでSNSで、DMをいろんな人に送ってるやり方ってあると思うんですけど、それについても法律的には?

垣内
垣内
はい、DMを送るというのは、電子メールの特定電子メール法ですけど、違反です。

田原
田原
違反なんですね。

垣内
垣内
違反です。送っちゃいけないです。

田原
田原
うーん

垣内
垣内
これは、SNSの規約にも違反ですし、法律上、いわゆるpushですよね、広告メールを第三者、ニーズのない人に送りつけてはだめなんですよ。

田原
田原
広告メールを?

垣内
垣内
そうそう、広告メールを。
広告メールを送っちゃダメなんです。

田原
田原
うん、うんうん
でも、それを推奨してるリーダーっていうか、

垣内
垣内
だから、馬鹿ですよ。
そもそも論で「それが大きくなるんですよ」とか、よく聞くのは、「モメンタムを起こします」

田原
田原
聞いたことある、急成長期?

急成長期は作っていはいけない!その理由とは?

垣内
垣内
急成長期、「モメンタムが起きますよ」
要は、マーケティングっていう理論分かってる人たちは「モメンタム起こす、あ、馬鹿だこいつ」って一言で終わりです。

田原
田原
で、どういうことですか?!
ネットワークの人は「モメンタムの前に始めるから成功する」って言うじゃないですか。

垣内
垣内
だから、全員馬鹿。

田原
田原
はははwww

垣内
垣内
はい、全員馬鹿。
そんなこという人が、もしトップにいたりするなら、これ馬鹿です。
モメンタムなんて起こしていいわけ無いでしょ。

田原
田原
というのは?

垣内
垣内
だって、成長期のこの角度をπ(パイ)とすると、この落ちていく角度をπ´(パイダッシュ)。それが、パイ=パイダッシュなの、マーケティングでは。

田原
田原
はい、これがイコールなんですね。

垣内
垣内
イコールなの。パイ、イコール、パイダッシュ。
この角度と、落ちる角度は一緒。
だから、どうやるかって、ゆっくり伸ばしていかないと。

田原
田原
うん

垣内
垣内
急成長すると、急成長を支えるバックエンド、いわゆる、オフィス機能であったり人材教育ね

田原
田原
うんうん

垣内
垣内
いろんな人が介するわけ。絶対、絶対ですね。売り上げと共に。

田原
田原
うん

垣内
垣内
だから、人を揃えて、人を育てる必要があるんだけど、売り上げの方が先にいったら、人は?

田原
田原
育ってない。

垣内
垣内
育ってない。
ホスピタリティやいろんなエラーが起きて、リソースエラー、オペレーションエラーが起きるわけですよね。

田原
田原
はい

垣内
垣内
だから急降下しちゃうんです。
だからブームなんで作っちゃダメ。
たまごっちをいまだにやってる人いないでしょ?

田原
田原
はいはいw
確かに一気にでしたね。

垣内
垣内
そうそう。だから文化を作らないと。
ゲームという文化だったり、文化にしないといけなくて、ブームは作っちゃいけない。
モメンタムってブームでしかないんだから。
だから、絶対にリソースエラーが起こってしまう。

田原
田原
へえー

垣内
垣内
オペレーションエラーが起こってしまう。
それを起こさないようにじわじわやっていかないと。

田原
田原
うーん

垣内
垣内
だから、急成長をやって潰れたところなんか山ほどある。

田原
田原
うーん。
これ理解しておかないと、例えば、「今は急成長の前のタイミングだから実力以上の結果がでるよ」って言われたら、「ああ、そうなんや」と思って、「自分でもできるかも」に変わるじゃないですか?w

垣内
垣内
だから、馬鹿ですよって。
そんなことはないですから。
そうじゃなくて、伸ばすにあたって、具体的なバックエンドの仕組みね。

田原
田原
うん

垣内
垣内
どうやってリソースを確保していくか、教育はどうしていくんだとか。
増えるっていうことは、そんだけオペレーション(業務)が増えていくわけだから、

田原
田原
はい

垣内
垣内
そこのバックエンドをしっかり作っていかないと、絶対成長はさせられない。
だから、アマゾンは6万人か9万人か忘れたけど、たくさんの人を採用する。
アマゾンすごい良いんですよね、今。

田原
田原
うんうん

垣内
垣内
今コロナで、すごいアマゾン急成長してるんですけど、採用する6万人か9万人、忘れましたけど、そしたら、もうこれ株価に反応してます。

田原
田原
うんうん

垣内
垣内
やっぱり売り上げだけ伸びるってことはないわけです。

田原
田原
はい。

Zoomセミナーでお金を取るリーダーがいる?

田原
田原
僕らってZoom使って配信したり、教育も全部無料でやってるじゃないですか。

垣内
垣内
俺は無料でやってる、お金かかってないもん。

田原
田原
でも、ネットワークの会社で、リアルでやってたところがズームを使ってミーティングとか製品のセミナーをやってるみたいですが、リーダーによっては、製品の話とか聴くのに、一人千円とかとってる人がいるみたいですw

垣内
垣内
はあ!?
そいつ素人でしょ?

田原
田原
ネットワーカーのリーダーです。

垣内
垣内
俺、プロ。俺、薬剤師。
分かる?
先生、一応。

田原
田原
そうですね

垣内
垣内
プロが、ちゃんと質問に正確に、質問にはちゃんと調べますよ。
分かることも分からないこともありますから。
ちゃんと答えて無料です。

田原
田原
そうですね。
製品とかのプロじゃないですよ。
ただのネットワークのリーダーw

垣内
垣内
ネットワーカーでしょ?金とるの、Zoomで?

田原
田原
たぶん今の時期、ネットワークのリーダーも厳しいと思うんですよ、
自分の、要は資金にしてるんでしょうね。

垣内
垣内
アフターコロナって僕ら言ってますけど、コロナが収束した後の時代、元の時代に戻らないわけですよね、絶対。
先に時代が進む。

田原
田原
「元の生活に早く戻れたらいいな」ってみんな思ってるじゃないですか?

垣内
垣内
それが間違いですよ。
僕は、元の時代には戻らないので、

田原
田原
はい

垣内
垣内
アフターコロナをイメージして、そこに向かって歩いて行かないと。

田原
田原
うんうん

垣内
垣内
だって、コロナ前の時代がもう一回やって来ると思ってる訳よね。

田原
田原
うん

垣内
垣内
コロナ前の時代なんてもうないんだから。
だから、新しい、明るい先に向かってね、だから、コロナで皆さんに絶対注意して欲しいのは、暗く見ないこと。

田原
田原
はい

垣内
垣内
暗く見てしまうとその場にいてしまうから。
暗いから、真っ暗闇だから、前に行ったらつまづくと思って、前に動けなくなるから。

田原
田原
うんうん

垣内
垣内
これが危険。
明るい未来に向かって歩いていくと、そこは明るい未来。
新しい町が見えてきますから。

田原
田原
うーん!

垣内
垣内
そこに向かって歩かないとダメよ。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


どうも、垣内です。
私はネットワークビジネス10年で1000億以上の売り上げと20億以上を稼いだ、最も成功した一人です。
そして何度も事業を支援、立ち上げ、インフルエンサーの募集育成にも長けております。
日本のトッププロ集団です。

あなたはネットワークビジネスは誰でも出来る、簡単だと思いましたか?
簡単ではなかったでしょ?

そこには、致命的な3つの課題があります。

①赤字の上で成り立っている。

②リストがない、リストを作る為にコストや労力、スキルが必要。

③消費者がいない獲得できない。
 
セミナーで人に会う、DM送ったり勧誘し、抽象的で具体性の無い、思えば叶う、成功者の真似をしろ、と言われてませんか?
 
そして新しい人がどんどん入れ替わっていくし、辞めてった方を見て、
【権利収入になってない】
をあなたは実感した事でしょう。
あなたの才能を伸ばしてくれないと、うまくいく訳がありません。

1億円以上かけた教育システムで、私どもが皆さんからお金を取るのではなくて、私どもがあなたに投資を致します。

 

そして高額塾や投資に騙されてる方もいらっしゃいます。
情報弱者からお金を巻き上げられるビシネスには騙されないでください。
お金を取り戻せる方法などもアドバイスさせていただいています。

まずは1人で悩まず、なんでもご相談ください。
人生を好転させましょう!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓

友だち追加
ネットワークビジネス
シェアする
垣内重慶公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました