DMは違法?集客と勧誘の正しいノウハウとは?

DMは違法?集客と勧誘の正しいノウハウとは? 詐欺

多くのネットワークビジネスでは自分の友人や知人を勧誘しますが、この勧誘方法は時代遅れで嫌われています。

またインターネットやDMを使った集客や勧誘も正しく使わないと法律違反になります。

この記事では、勧誘と集客の違いとは何か?DMによる集客は違法なのか?これらの疑問について詳しく説明していますので、最後までお読みください。

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

集客と勧誘の違いは?

田原
田原
はい、それではよろしくお願いします。
垣内さん、今日は『勧誘と集客の違い』っていうテーマでやっていきたいと思います。
田原
田原

いつの時代もネットワークビジネスとか保険屋さんとかでも自分の知人・友人とかのリストに対して、勧誘だと言い方悪いですけど、勧誘とか広告宣伝っていうのをやっていく訳じゃないですか、

田原
田原

だからそれについて勧誘と今の時代のインターネットを使った集客、これは何が違うのかっていう。

垣内
垣内

すごいシンプルで勧誘っていうのは、何かって言うと自分から誘って誘導することね。
それが勧誘、読んで字のごとくだよね。
居酒屋の店員がいたとして、駅前のお姉ちゃん寄って寄ってって言うわけですよ。迷惑行為だよね。
キャッチセールスは条例でも禁止されているところが多い訳なんだよね。
これは勧誘で迷惑、例えばビール券あげるから寄っていってて、これは迷惑になるならない?

田原
田原

なるんじゃないですか。

垣内
垣内
やっぱり迷惑になるでしょ。「お姉ちゃん姉ちゃん姉ちゃん、今日居酒屋で綺麗なお姉さんは全部タダでいいから、サクラとして来て欲しい。タダでもいいから来てくれ。」
これは迷惑になるならない。
田原
田原

必要ない人にとっては迷惑でしょうね。

垣内
垣内
そうでしょう。
今の出てきました。
必要ない人には迷惑こそが勧誘なんです。なんでネットワーク
ビジネスが認められないっていうと必要ない人に、自分はいいと思ってることを無理強いをするからダメなんですよ。
その無理強いの仕方が法律違反だからダメなんですよ。
田原
田原

はいはい。

垣内
垣内

何度も言ってる。身分の提示、目的の提示、場所・時間・やり方全部、そして三大告知義務これがしっかり揃っていいものなのに、そういうことを理解もしない教育も知らず、タダでもあげると言われても迷惑なのに、その勧誘をやってること自体ダメなんですよね。

田原
田原

確かに。

DMはスパム行為で違法?

垣内
垣内
集客のノウハウがあるとか、言いながらSNSやDMを送りまくってる人がいるんですが
DMが来たら、みんな無視した方がいいですよね。
DMは、スパム行為なんですからね。
特定電子メール法によって、スパム無作為に営業メールを送ることが禁止されてるんですよ。
垣内
垣内

SNSでもそういったスパム行為は禁止ですね。
だから、やってることが禁止行為でこれはビジネスなんだノウハウ何だ集客なんだってバカなの?

田原
田原

確かに、確かに。

垣内
垣内

バカでしょそんなの。
迷惑行為の何者でもないし、だから昔はよかって、僕の教え子でもね、そういった強烈な配信システムを作って、配信してお金儲けたやつがいる。
はっきり言って、その時代はちゃんと合法的だった。
でも、それが問題になってスパム行為は全部禁止になってるんですよ。
その中でそれを勧誘と思ってる奴はバカ。もはやビジネスでなく犯罪集団でしょ。

田原
田原

そうですね。

垣内
垣内
暴走族を走り屋とは言わないでしょ?犯罪集団なわけですよ。
それをノウハウだって言ってたり、これは集客だって言ってるから、僕はこいつは本当ネットワークの人ってバカなんだなって思ってるわけ。
やっぱり、集客は何かって言うとお客様に見つけてもらって、
そしてお客様から問い合わせ頂くような仕組み作りをいう。
田原
田原

仕組み作り。

嘘のキラキラ投稿は世界的に嫌われてる

垣内
垣内

仕組み作りをいうんですよ。
集客っていうのは、要は成果に結びつくとお客さんに見つけてもらうっていうことはすごい大事なわけ、それがインスタグラムのノウハウを教えますとか何のノウハウを教えます。

垣内
垣内

そうじゃない、それは一つの手段でしかない。
オムニチャネルで、そこから問い合わせが来る。
リーチしないといけない。
私たちがやってますとリーチしないといけないし、その中でちゃんと興味を持ってきてもらって、その中には僕はよく教えるからアイドマスね。
アテンション、気づいてもらわないといけない。

垣内
垣内

砂漠の中で俺が何やってるっていうのは誰も気づかないでしょ。
だから、路地裏で店やって流行ってる人もいるけれども、ここは何らかの集客する仕組みがあったので、最初は口コミかもしれないけど、味良い、安いのか分からないけど、要は気づいてもらえないと駄目なの。
気付いてもらえるためにDMを聞くってのは馬鹿をブランディングしてるようなもんじゃない。
だから、みんなね考えてほしいのね。
盛ってる人たちいるじゃない。

田原
田原

キラキラキラキラキラキラね。

垣内
垣内
タワーマンションとかセレブとかパーティとか馬鹿。
あれ詐欺師だから、世界中で盛るっていうことがSNSで嫌われてるわけ。
世界中よこれ!だから守りなさいとか、これがブランディングだとか、教わってるんだったら聞くっていう。
詐欺師にあんた養分になってる。そんなわけないから、あなたをブランディングしない。
例えば、キラキラしてすごいうまそうに見えて、一切店に行ったらマズかったらどうする?
田原
田原

思ったより悪かったって、満足度は下がります。

垣内
垣内

それでどうする今の人。SNSに書かない?

田原
田原

確かに。

垣内
垣内
だからダメなの。
めくられる時代なのよ。キラキラしてて、それ嘘なんでしょう。
嘘っていうのは絶対バレるわけじゃん。
だからダメ。ダメなんでわからない。普通でいいでしょう。
垣内
垣内

どちらかと言うと、俺らなんて盛るどころかダメな方に見せてる。
あまりダメな方に見せ過ぎると、ブランディングの依頼が来ない。
この前ちょっとポルシェの写真載せてみたらやらしいの、やっぱりいやらしい。
でも、無理をしてやってるんだけど普通のことを面白おかしくやってる訳じゃない。
でも、それは盛るわけ・・・駄目でしょうってそういうのをしたらね。

垣内
垣内

だから、集客の仕組みづくりは色んなSNSがあるから、それ自体にhow toがあるからね。
例えば、どうやって僕のすごい伸びてるなと思ってくれるユーチューブhow toがあるから、高見さんに教えてもらったいろいろあるけれどもhow toがあって、僕は11月17日から本気で始めただけじゃない。
わずか数カ月でこんな風にみんなびっくりしてると全部how toなんですよ。

垣内
垣内

ユーチューブ俺あんまり自分が出たくないから、やりたくなかったけどやったら面白いかなハマっただけで、そうでしょ全部how toあって見つけてもらって問い合わせがくる仕組み作りです。
ここでattentionがあって、興味付けinterest、欲求のdesire、memory記憶、actionでshare。
アイドマスってattentionされるようにinterest興味を持って、desire欲望を掻き立てる。
欲望っていうのはどうやって搔き立てる、競合より優れた部分!
みんなこれがいいって言うとこれがいいよとか、サ―ビスがあって物なしマルチもあるから・・・でも、それは競合がいて初めて成り立つ。

田原
田原

うん。

垣内
垣内
もしくは、課題があって今までその課題をクリアできる製品やサ―ビス、モノが無くって課題を解決するもの、それが欲望掻き立ててみんなこれがいい。
楽天調べた、アマゾン調べた、文献調べた、それは本当?ってみんな嘘なわけね。
垣内
垣内

騙されてるわけだから、そこは明確な差別化があって差別化STPセグメントとポジションっていうけど、これまた別の機会にもっと詳しく他でもなんか喋ったかな、desireがあってmemoryコレすげえねここにmemoryがあって、action。購買であったり、ビジネスやろうっていうのをやったり、今の時代ってネットなんかシェア・スライドマスになってる。この通りに作られていかないといけない。
じゃあDM送ったらどうなるの?リストアップしてたらどうなの?会いに行って人間関係を深めるだってやってたらどうなの?

田原
田原

はい。

お客さんから問い合わせが来る仕組みを作る

垣内
垣内

リストなんて簡単に集められないとそもそも論でしょっていう。
そっから反応が来るような仕掛け、要は問い合わせがくる仕掛け戦術戦略がなければどうなのよ。
だから、これを見ている人たちはみんなノウハウがあるとか、色々ってのがいかに馬鹿げてるか、いかに違うかそうですよ。

垣内
垣内

だから、僕は昔から二十五年前からリスト集めが得意だった訳ですね。
それこそ当時からブログやったり、当時のトレンドであるメディアをフルに活用したじゃないですか。
だから、僕はこうねいつも頂点で在り続けたというか、あるわけなんですけど皆がやってるのは20年前と何も変わらないですよね。
だから、勧誘つまり迷惑行為なんですよね。

垣内
垣内

あなたと違っているのは迷惑行為で、ニーズのあるお客さんから製品についても、例えばビジネスについても分けて考えないといけないけど、お客さんから問い合わせがくる仕掛け作りを理論的に再現性がある方法を作らなきゃいけないですよね。

田原
田原

なるほど。

垣内
垣内

そうでしょ。だから何言ってもメディアなんてうまくいくだろうし、そんなこともできなくて、はいリストアップだ、アポ取れ、特商違反で名前は言うな目的を付けるな違反なんかやってられないよとかね。
あとはマッチングアプリでやってるとか、出会ってやってるっていうか、逮捕者まで出てくるわけですよ。いつになったら君たちはわかんのって話でね

田原
田原

なんか、ネットワークとか保険屋さんをやってる人っていうのは、まず知人・友人からリストアップをして、そこについてこうアポとってくる訳じゃないですか。

田原
田原
例えば訪問販売とか法人でやった方だったら、リストを先に買って、そこにテレアポとかもしくは飛び込み営業みたいな、これも同じような見え方はすると思うんですよ。
田原
田原

それがネットワークの人は、今はインターネットだって言ってインターネットだったら無限にね人脈がいるでしょう。

みたいな感じで、友達をフォローしていったりして、知らない人に対してDMを送ってるってやってることと変わらないことですよね。

垣内
垣内

そうそう。20年前から変わらなくて、メールからSNSになったりとか、LINEだったり何があったって、不必要な人に向こうから問い合わせがくる仕掛けが作れなくなったら何も変わってないですよ。
なにも変わってない迷惑行為ですよ、あなた達がやってることは法律違反ですよね。

垣内
垣内

だから、ネットの皆さんはちゃんとした特徴をわかってニーズにアップラインと言われる崇めてるバカなリーダーに違った情報、近所のおっさんに間違いを教えてもらっているということに早く気付かないといけない。

田原
田原

そうですね。と思います。はい。

垣内
垣内

集客と勧誘の違いは、ぜひ皆さんしっかりと勉強してください。

田原
田原
はい、ありがとうございました。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


このブログを見てくれているあなたは、
ネットワークビジネスに何かしらの違和感を感じていることでしょう。

その感覚や認識は間違っていません。

かつてネットワークビジネスで億を稼ぎ、帝王だったわたくし垣内も違和感を持ち、
プロの経営者としての視点から、この業界の展望が望めずに辞めました。

それほど業界には問題が多いのです。

そして業界の健全化のためにこのブログを発信しているのです。

あなたがネットワークビジネスを始めた真の理由は何ですか?

ご自身はもちろん、
ご家族やお子さんの幸せを考えて始めた方が殆どかと思います。

しかし一方で、
ご家族やお子さんとの時間を犠牲にしていませんか?

そして犠牲にしてまで活動している
その成果はいかがですか?

家族は何よりも大切すべきです。

4月になり新年度がスタートしました。

あなたやご家族はもちろん、
あなた自身が真に成長し、
本業や副業の結果がより良い方向に進むためにも、

一人で悩まず、ぜひお気軽にご相談くださいね!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓
友だち追加
詐欺
シェアする
タイトルとURLをコピーしました