アムウェイ業務停止後どうなる?!根本解決になったのか!?中編

アムウェイ業務停止後どうなる?!根本解決になったのか!?中編 アムウェイ

前回の記事はこちらから読めます

アムウェイ業務停止後の本社の対応がすごい!ABOメンバーはどうなる?前編
アムウェイの半年間の業務停止が明けましたね! 行政処分を受けたことで、これまでの勧誘方法に対して改善を求められたわけですが、アムウェイ本社が今後の方針を示しています。 行政処分を受けた当初、一部のABOメンバーだけの問題だとして発言はいかが...

行政処分を受けたことで、これまでの勧誘方法に対して改善を求められたわけですが、アムウェイ本社が今後の方針を示しています。

行政処分を受けた当初、一部のABOメンバーだけの問題だとして発言はいかがなものかと思いましたが、今回打ち出した方針の内容だけをみるとしっかり対策されているようです。

ただ、ビジネスメンバーの立場としてはどうなのか疑問が残るところもあり、そのあたりについて話していきたいと思います!

この記事を読んで、アムウェイの方や、今後ネットワークビジネスをされる方に少しでも参考になればと思います。

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

アムウェイという会社を守ってるだけに聞こえる

田原
田原
はい。
それでは今日もよろしくお願いします。
前回の続きです、どうするアムウェイっていう見解をお願いします。
垣内
垣内
いつもアムウェイは自分を守る、アムウェイという会社を守ることについてはすごい長けてると思ってるんですよね。
次の行政処分を防ぐために、自分の身を守る、「俺はここまでやってるぜ」って言ってるようにしか聞こえないね。
田原
田原

逆にどういう対応であれば、そういう垣内さんが今言ったようなところが改善されるというか?

垣内
垣内
まず今の時代にその仕組みが合ってないっていう、そもそもビジネスモデルについての検討はなされてないじゃないですか。
もしここを検討するとすると、それはもちろんIT化っていうね、デジタルトランスフォーメーションだし、カスタマーエクスペリエンスになってくるわけ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
DX、CXをどうアムウェイとして捉えるのかって話になるわけじゃない。
そうすると、それに対するビジョンがあって、それに対する投資計画はなされないといけないわけですよね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内

それはアムウェイメンバーの中で言われてるのかもしれないですけど、そこがない中でお前ら、「これはこうやっちゃいけないよ」と言ったらやりにくくなるだけだし。

田原
田原

そうですよね、現場では今までよりもやりにくくはなるんですよね。

根本解決になったのか?

垣内
垣内
絶対100%なるんじゃないですか。
現場、これどうするんですかね?
じゃあ、プライムカスタマーにまずならなきゃいけないということについて、ちょっと考えましょう。
どうやってプレゼンするんですか?
プライムカスタマー、どうしてなるんですか?消費者が。
田原
田原

確かに、まずアムウェイのビジネスのプレゼンテーションっていうのをしてはダメってことですか?最初に。

垣内
垣内

カスタマーの獲得だからできるんじゃないですか?

田原
田原

そうですよね、あくまでそのカスタマーの人が「そのビジネスも聞きたい」ってなった場合にご紹介カードっていうのがあって、それで初めて聞けると。

垣内
垣内
20日後に聞けるってことじゃないですか。
じゃあ、まずカスタマーの獲得っていうのをどうやってカスタマーの獲得するんですかね?
パーティー方式でやるって言うんだったら、「連鎖販売取引じゃないからパーティーがいいんだ」って言い出しそうじゃないですか。
でも、ここに勧誘っていうものが入ってるわけじゃないですか。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
まずは勧誘っていうものがあって、これっていうのはどういう感覚で、どういう見解を会社が持っているのかなと、これはブラインド勧誘にならないですかって話なんです。
もともとそうじゃないんですかって話なんです。
そこがあるんで、20日後にはみんな、それ実は勧誘するんじゃないですか。
消費者は消費者で置いておくんだったら、そういうレギュレーションちゃんとなってますかっていうのが1点。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
もう一つは、消費者として、それを獲得する意思があるんだったら、どうやって消費者獲得するの?
アムウェイの製品っていうのはどこをべンチマークしてるのかなと。
例えば、普通であったらマーケティング的にね、ローワー、ミドルクラス、アッパーってあるわけじゃない、それでハイエンドがあるわけじゃない。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
これちょっと説明すると、ハイエンドって言ったら、それこそシャネルとかディオールさんとか、ちょっと値段高いよね。
だから物というよりは、ブランドで買う人たちのレンジがあって、アッパークラスがあって、ちょっと高くても良いもの買うよと、ミドルの中にもローワーミドルアッパーってあるわけですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
こうあるわけですよねローワーが。
じゃあユニクロさんってどうかと言ったら、ミドルだと思うんですよ。
でも、海外に行ったらアッパーレンジなわけですよ。
田原
田原

そうですね。

垣内
垣内
だから例えば昔流行ったのでアバクロなんて一時ブームになりましたけど、アメリカではローだったんですよ。
日本に来たらどちらかと言ったらアッパーに近いミドルアッパーだったと思うんですよね。
だからそういう風に各国、どのレンジに対して、誰に、どんな価値を、どんな方法を提供するのかっていうマーケティングプロセスがあるわけじゃないですか。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
じゃあ、アムウェイの製品って言ったら、どちらかと言ったらアッパーなわけですよ。
で、時にはハイレンジのね、ハイエンド製品の値段の競合とかもあるわけじゃないですか。
今の日本ってデフレが続いたから、アムウェイさんって言ったら、ものすごい高いわけじゃないですか。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
じゃあその人たちに、こんだけブランドが地に落ちて、ニュースにもなって、今度アムウェイが再開するとしたら「大丈夫か?」って言われる。
普通ニュースになることないよ。
行政処分になる時のニュースはあるけど、スタートする時に「大丈夫か」っていうニュースはないからね。
初めてですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
それなのに価格レンジがアッパーとハイエンドアッパーのクラスだとすると、その人たちはなんでそれを買うの?
だから、今まで僕はマーケティング的におかしなことが起こってます。
例えば、若者で右も左も分からなかったり、お金がない人たちが、アムウェイっていうアッパーレンジの商品を買ってる。
なぜならば、「これは儲かるから」と説明を受けてるから、ここの製品をここにそぐわない所得とか生活ライフスタイルの人たちが買ってるっていう、このチグハグがあったんだよって話なんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
スタートした時に僕これもどっかで話したけども、アムウェイという会社、結構、中嶋薫さんも成功されてた方で、そういう芸能関係にも人脈があった方がスタートして、そこがHECKEL(ヘッケル)として大きな派閥になっているってことじゃないですか。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
そして薫さんグループなんか特に、そういった社長のボンボンたちがものすごい200何十万展開をしてたんだよね。
そういったコツコツやった洗剤とかじゃなくて、もっと耐久的なハード展開を、うわーとした。
これがアムウェイの層、基礎を作ったわけですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そしたら今この下の人たちがこのアッパー製品を買っていて、買い込みしていて、中には借金まみれになっている人も多く、僕らは見ることができます。
その人たちが今度このアッパーレンジの製品を、今まで嘘のプレゼンをしていましたと。
僕はこれについて、薬機法や景品表示法違反の疑いはないでしょうかという話で、アムウェイのデモンストレーションをぶった切るという記事を作っていますので、また見てほしいんですけれども。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
じゃあこの下の人がこの上の人に向かって嘘のプレゼンをする、どんなプレゼンをするんですかね?
この上の人たちが本当に興味があるプレゼンテーションを、この下の人はできるようになるんですかね?
この上の人とこの下の人は、どうやって知り合うんですかね?
この上の人にプレゼンするチャンスや機会は、どうして得られるんですかね?
これ上の人に対してアポイントして、アムウェイの製品の話を聞いてって言うんですかね?
田原
田原

確かに、そう考えたら本当にそうですね。

垣内
垣内
だから、すごい素晴らしいと思う、今回の対応は。
だからアムウェイはいけるんじゃなくて、僕がそれを分析したら、ここがおかしいですよね。
誰のための厳しさなんだろうと、この厳しさはすごい分かりましたけど、根本解決、アムウェイビジネスについての根本解決に、どこがなってるんですかって話なんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
アムウェイが行政処分のおかわりを食らわないための動きはすごい分かりました。
でもそれはアムウェイビジネスがうまくいくとか、ディストリビューター、アムウェイビジネスオーナーの生活とかビジネス活動が改善するものは何があるんでしょう?
本来だったらデジタルトランスフォーメーション、カスタマーエクスペリエンスで具体的なアムウェイの投資計画がありますよと、こういう形でプロモーションによってお客さんを集めるだとか、今このアッパーレンジをミドルに落とすとかね。
垣内
垣内

また新シリーズでアムウェイセカンダリブランド、アムウェイという名前を消したブランドを出していくとか、ここをインフルエンサー的にしていくんだとか、こういうのだったら分かりますよ

田原
田原

なるほど。
そこが変わったわけじゃなくて、昔の伝統的な仕組みっていうのが残ってて、そこのコンプラの部分だけが今回のポーズというか。

垣内
垣内
だから誰のためですかって。
そしたらアムウェイビジネスオーナーたちはね、解決策になってなくてあなた地獄の三丁目から「地獄に向かって火の上歩いていけよ」と言われてるように見えるわけですよね。
どう思ってるんですかね、現場変えられるんですかね?
田原
田原

確かに。

垣内
垣内
じゃあフットサルとか解散してないでしょ、まだそのサークルは。
アムウェイってバレてるわけじゃないですか、それどうするんですかね?
そこでまたやって商品に持っていくって、なんか全然合わなくない?
田原
田原
難しいですよね。
基本的には多分現場で、知人友人に勧誘していくわけじゃないですか。
その時に自分アムウェイ始めたみたいな話をして、ビジネスのプレゼンをして、「でもカスタマーにしかなれないけど」みたいな話になるんですかね?
垣内
垣内
ビジネスの話はできないでしょ。
ビジネスの勧誘をするということは、身分の提示、目的の提示、三大告知義務、クーリングオフ、場所、時間、説明の仕方があるわけじゃないですか。
ビジネスの話ができないんですよ。
だから、どうしてやるのかなっていう素朴な疑問。
田原
田原

確かに。

垣内
垣内
そのフローっていうのは明確になってないと思うんですが、どうするんですか。
「ビジネスの話をしよう」って言っても、いや「ブラインド勧誘じゃないですか」って話になる。
それでも、この人をパーティーとかなんか連れて行くの?
もちろん商品の話だけだったらパーティーできるかもわからないけど、20日後にはこう待ってるわけでしょ?
これ、ブラインド勧誘じゃないですか。
田原
田原
確かに、そうですよね。
目的を隠して、「このためやったんかい」って言われる可能性は大ですよね。
垣内
垣内
そのプレゼンテーションっていうのはじゃあどうするのって、今までのプレゼンテーションを全て、洗剤のプレゼンテーション、俺の見てよ。
科学者が理論的に論破してるから、あのデモは全部法律違反だぜ?
田原
田原

そうですよね、でもデモについては今回なかったですね。

垣内
垣内
デモどうするの?
デモもできないでしょ。
まず消費者にどうやって声をかけるんだろうね。
「アムウェイのディストリビューターの話、製品の話、聞いてください」っていうのは大抵難しいよね。
田原
田原

そうか、じゃあかなりやりにくくはなるってことですよね。

垣内
垣内
だから僕はネットワークビジネスの仕組み自体に問題ないですかって話をしてるわけですよ。
身分の提示、目的の提示、三大告知機能、場所、時間、説明の仕方があって、だからそれをプライムカスタマーだって言ったところで、プライムカスタマーにこの人はどんな立場で何を説明するんですかね、どういう方法で。
田原
田原

確かに。

顧客に対するSTPはどう考えてるのか

垣内
垣内
ここのターゲットはどうやったか、ビジネスっていうのはターゲッティングが重要。
STPって言いますね、セグメントですね、セグメントっていうのはマーケットの細分化なんですよ。
アムウェイっていうのは日常消耗品やサプリメントなんです。
これがこのマーケットに対して細分化するんです。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
その中でSTPやターゲティングをしっかりしないといけないんです。
例えばレクサスだったら富裕層なんですよね。
トヨタグループの中でもダイハツだったら軽自動車というカテゴリーじゃないですか。
日野自動車のトラックじゃないですか。
トヨタ自動車の中のカテゴリーがあるわけじゃないですか。
細分化した中のターゲットはどこなの?って話じゃないですか。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
軽自動車だったら例えば鈴木さんが強いわけなんですけど、娘婿の鈴木さんがね、中小企業ってどこが中小企業?世界的な鈴木自動車じゃないですか、何言ってるんだって感じなんですけど、要はSTPが、ポジションというのは差別化なんですよ。
だから、セグメント、ターゲット、ポジション、このSTPを明確化しないといけないのに、この顧客に対するSTPはアムウェイさんはどう考えてるのかって話なんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
だから製品はアッパーですよ、間違いなく。
それに対してSTP、アムウェイの人はどうやって、今の人たちは検索して調べるのに、アムウェイの洗剤とか、色々説明されたところで売れるの?
田原
田原

そうですね。

垣内
垣内
もちろん、アムウェイさんの中にはいい製品もあるけど、僕はプレゼンテーションに問題がないですかっていう話をしてるわけですよね。
じゃあ、どんなレンジのターゲットに対して、どんな興味付け、どんなアプローチによって、どんな説明をするのかと。
それで売れるのはいくらくらいを想定してるのかと。
そもそもそれを増やしたって赤字で、今いる人たちの収入が激減するのをちょっとマシにするだけ。
転げ落ちていくブレーキをちょっと踏んでみてるだけ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
転げ落ちることには変わりがないじゃないですかっていうね。
僕はそういうふうに、逆に聞きたいですよね。
田原
田原

課題は山盛りじゃないですか。

垣内
垣内
山盛りだと思いますよ。
僕は最後にですね、なんでそれをやるの?ビジネスとして。
を検証していきたいと思います。
田原
田原
ありがとうございました。

次回最終回

続きの記事はこちらから読めます

アムウェイ業務停止後、大災害の前触れ?!今後どうなる?!後編
前回の記事はこちらから読めます ↓ 行政処分を受けたことで、これまでの勧誘方法に対して改善を求められたわけですが、アムウェイ本社が今後の方針を示しています。 行政処分を受けた当初、一部のABOメンバーだけの問題だとして発言はいかがなものかと...

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


どうも、垣内です。
私はネットワークビジネス10年で1000億以上の売り上げと20億以上を稼いだ、最も成功した一人です。
そして何度も事業を支援、立ち上げ、インフルエンサーの募集育成にも長けております。
日本のトッププロ集団です。

あなたはネットワークビジネスは誰でも出来る、簡単だと思いましたか?
簡単ではなかったでしょ?

そこには、致命的な3つの課題があります。

①赤字の上で成り立っている。

②リストがない、リストを作る為にコストや労力、スキルが必要。

③消費者がいない獲得できない。
 
セミナーで人に会う、DM送ったり勧誘し、抽象的で具体性の無い、思えば叶う、成功者の真似をしろ、と言われてませんか?
 
そして新しい人がどんどん入れ替わっていくし、辞めてった方を見て、
【権利収入になってない】
をあなたは実感した事でしょう。
あなたの才能を伸ばしてくれないと、うまくいく訳がありません。

1億円以上かけた教育システムで、私どもが皆さんからお金を取るのではなくて、私どもがあなたに投資を致します。

 

そして高額塾や投資に騙されてる方もいらっしゃいます。
情報弱者からお金を巻き上げられるビシネスには騙されないでください。
お金を取り戻せる方法などもアドバイスさせていただいています。

まずは1人で悩まず、なんでもご相談ください。
人生を好転させましょう!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓

友だち追加
アムウェイ
シェアする
垣内重慶公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました