ネットワークビジネスのやばい会社の共通点について解説!罠にはまりたくない人は必読!

ネットワークビジネスのやばい会社の共通点について解説!罠にはまりたくない人は必読! ネットワークビジネス

ネットワークビジネスでやばい会社には共通点があります。

投資系マルチは全てやばいですし、消耗品の会社は被害者がいるかどうかがポイントとなります。

今回は、その共通点について解説しますのでぜひ理解して悪い会社の罠にはまらないようにしてください。

また、被害にあってしまった人は泣き寝入りしないように、是非僕のところに連絡ください。

相手が大きな会社でお金を持っていたら、あなたの借金が消えるかもしれません。

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

ネットワークビジネスでやばい会社には共通点がある

田原
田原

今回は、2023年下半期ネットワークビジネス業界大予測、やっていきたいと思います。

垣内
垣内

もう10月なのに予測もクソもないけど、どうやろうな。

田原
田原
はい、どうなっていくのかっていうことですね。
行政処分だったり、そういった会社はもうやばいんじゃないか?とか気になってる方もいると思うので、その辺をやっていきます。
垣内
垣内

俺が、行政処分になる会社とか、なくなる会社とか犯罪だって言ったところは全部言ったとおりになってるやろ?

田原
田原

早めに察知しますもんね。

垣内
垣内
俺めっちゃ早めに察知するわ。
ありがとうございます。
これを見てる皆さんのタレコミ情報のおかげでございます。
田原
田原
でも、垣内さんが予測して、これやばいなって思うところには過去の事例から言っても共通点があるってことですよね。
その辺を知りたいなと。
自分のやってる会社と照らし合わせる人もいるでしょうし。
垣内
垣内
知りたい?
伸びてる会社ですよ。
伸びてなかったら行政処分にならないでしょ。
伸びてなかったら逮捕もされないですよ。
で、俺がボロカス言うと
「逮捕もされてないし何もないのに」
って噛みついてくるやついるのよ?
そんなに被害者がいないと、行政処分も逮捕にもならないんだと。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
でも、すごい小さい投資詐欺でも挙げられた会社あるわけですよ。
何かというと有力者の息子たちが騙されてるんだ。
お父さんたちが金持ちでいい大学の子とかがいて、親がすごい有力者で圧力かけてみたいな、こういう出来事があったから小さくても警察が動いたというのがあるわけですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
でないと、警察は基本的には民事不介入ですから。
刑事じゃないと動かないですから、これ原理原則ですよ。
だから被害が大きくないと動かないんですよ。
田原
田原

なるほど、だから伸びてる会社っていうのはそれなりに新規の参加者も多くて…。

垣内
垣内
影響が多くて、被害の話が多い。
だからここでは言わないですけど、被害が消費者センターに何件集まって、この法律ダブルで違反してた時になるよねって、一応予測されてることがあるんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だからそこを調べたら、こうなるよねってのが大体わかってくるわけなんですよね。
予測は立つんですよ。
だから、それもマルチの阿漕(あこぎ)の奴らは知ってて、ギリギリで抑えてるところがあるわけですよ。
田原
田原

へぇー。

垣内
垣内

でも、それは実態は体を成してないよね、やばいよねっていうことなんですよね。

田原
田原

じゃあ、どんな会社なのかっていう共通点は。

垣内
垣内
それは伸びてる会社で、ブラインド勧誘、法律違反があるってことでしょ。
だから、ブラインド勧誘があるってことはジジババが多いってことなのね。
「いい話があるから」
って来た話でセミナー参加したら、じいさんばあさんだけで何百人いた、とかやばいよってことなんです。
田原
田原

お弁当もらえるからとか。

垣内
垣内
そうそうそう、それも行政処分になったじゃん。
リーウェイという会社はそうなったわけじゃん。
「伸びててすごいよ」
って言って、年配者がうわーって集まってて。
ちゃんと身分の提示、目的の提示とかの三大告知義務なしの空間に行ったら、
「わーすげー」
と思って、何だかサインしちゃったっていう会社は実はやばいんですよってことなんです。
田原
田原
特商法違反ね。
他にありますか?
垣内
垣内
で、3つ目がですね、非常に簡単で薬機法違反ですよね。
がんが治るとか、シワが取れるとか、若返るとか、ビフォーアフターの写真が出てきたり、病気の名前が出てくるっていうの。
「エコロが行政処分だったり、逮捕されないのはなんで?」
って言われたら、ちっちゃいからじゃないですか?
あんまり大したことがないからじゃないですかね、っていう話なんです。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
だから、伸びてて特商法やブラインド勧誘があるとか、ちゃんと守られてなくて薬機法違反。
これがあったら、行政処分の可能性が非常に高くなってくるし、僕が予想した会社は全部行政処分になったよね、っていうことなんだよね。
田原
田原
確かに。
じゃあ
「うちは伸びてるからすごいんだ」
とか、
「大丈夫なんだ」
っていうのは注意しなさいよ、ってことですね。

「伸びてるから」「会社が大きいから」は大丈夫ではない

垣内
垣内
「伸びてるから」
とか、
「会社が大きいから」
っていうのはもう大丈夫の基準じゃなくなったと。
だってアムウェイが言ってたんだもん。
「何があっても大丈夫」
「うちはアムウェイだから」
って。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そのアムウェイはこれからどうなるの?
アムウェイって牙城(がじょう)、つまりネットワークビジネスの守り神みたいな位置だったわけじゃないですか。
そこがダメになったら、会社が大きいとか、アメリカ政府がとか、政府が守ってるとか、政治家がとかいうのは一切ない。
田原
田原

確かに。

垣内
垣内
政治家が挙げられるっていうね。
スズバースの創業者で淡路って言うのが今度賄賂で政治家も諸共っていうのがあって、覚醒剤のあれでやられてみたいな。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
で、そのスズバース冨岡がセミナーで俺のことをぼやいてるっていう話で。
いやダメだぞお前、あそこの写真をあっちこっち送り回ったら。
◯◯映像をみんなに撒くような人は、常識的におかしいからやめた方がいいと思います。
そういう会社はなくなるでしょうね。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
で何が問題かって言ったら、結局誰も儲かってない、赤字でやってる人が多い。
今のはすごい注目すべきもんで、具体的なものは後で言おうとは思うけれども、基本的に赤字でやってる会社ってのは、もうビジネスとして体をなしてないんだよってこと。
田原
田原

やってる人が赤字ってことですよね。

垣内
垣内
一部リーダーっていうのはどんな人なのかって。
これをいつも言うからもうそろそろ僕の視聴者の皆さん覚えてると思うけれども。
ネットワークビジネスっていうのは、ローソンやってる人にセブンイレブンやろうって言ったって、やらないわけですよ。
つまり、みんな勧誘したい人しかいないってことなんですよ。
仕事を探してる人がいない。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だからローソンに
「セブンイレブンやろうぜ」
って言っても、やらない。
やらないことをやってる人たちなんですよ。
で、みんなリーダーたちはあっちこっち引っ越ししてる人なんですよ。
で、そのたびに引っ越ししても権利収入って言い続けてる人たちなんですよ。
何十年にも渡って嘘をついてる生粋の嘘つきなんですよ。
それがあなたのところのリーダーですよって話。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
その中で
「ごめんなさい、僕が今まで言ってたのは嘘でした。
間違いでした、あなたが払ったの僕払います。
全部僕の財産を使って保証します」
って人、一人でもいた?
何回も
「次は勝たせたいんだ」
とか言いながら、おめえずっと巻き上げてるだけじゃんかよ。
田原
田原

www

垣内
垣内
でもう一つは、人の組織を取ってくる。
自分で作ったわけじゃないんですよ。
俺はゼロからインターネットで作ったわけですよね、当時も。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
そうじゃなくて、誰かの組織を引く。
右近がさ、
「俺と直でやらないと儲からない」
って言って、俺が暴露したもんだから、おめえ
「やっぱり直とかおかしいと思う」
とか言ってるらしいな。
お前が散々言ってたの俺はこっち取れてるぞ証拠。
田原
田原

www

垣内
垣内
気をつけろ、ミライズのリーダーたち。
右近は
「俺の直で」
って散々言い回ってて、俺に暴露されたから、
「いやいやいや」
って今言ってるんだぞ。
そんなやつ信用できるか。
だから右近はですね、
「一回ビジネスやったら二度とやらない」
ってみんなに言われてるのは、そういうところなんだからさ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
イベさん、目を覚ました方がいいんじゃないの?
すごい人だったんでしょイベさんって。
ビオライズかなんかで有名な方だったんでしょ。
ダメよ、あんたはもう泥舟に乗っちゃあ。

投資系マルチは全てやばい

田原
田原
なるほど、そういう共通点があって、具体的にこの会社っていうのはありますか?
近々やばいんじゃないかっていう。
垣内
垣内
もう一つ、価値を提供してないとか、赤字でやってて価値を提供してないとこなんですよ。
だから嘘つきで泥棒がリーダーなんですよって。
だから価値を提供してない、どうなってるかって言うと、被害者がいるんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
被害者がいないなら、まあいいじゃない別に。
被害者がいなくて合法的だったら、そもそも俺も言う必要はないんだけどね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
被害者がいるんだと。
お国も暇じゃないから、行政処分のある会社は一気にやらないです。
有力者が圧力をかけないことにはやらないです。
だからライフコンシェルジュとかなかなかならないじゃないですか。
田原
田原

確かに。

垣内
垣内
情報弱者ばっかりでそんなもん知るかってなるわけじゃないですか。
そしたら若い子たちが騙されてどーんって行政処分になったり。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
一番被害者がいるのは何ですかって言ったら、もうこれはもうVyvoとかライフコンシェルジュとか。
何が言いたいかというと、投資系ですよ。
田原
田原
投資系マルチ。
小さいのも含めて。
垣内
垣内
小さいのも含めて投資系マルチは全部ダメですよ。
IMアカデミーだとかやってるけど、海外の会社ですから書面はいらないとか。
概要書面がPDFで来たらアウトだよ、これ見てる人わかります?
投資は金融庁の管轄ですから、それは認可を受けて許可を得た企業しかできないんですよ。
金融庁で調べたら、その会社がお金を集めたらダメとか、儲かる話がきたらやっちゃダメってことですよ。
田原
田原

www

垣内
垣内
あとポイントがお金に変わるって、これはアウラもそうだったでしょ、ライフコンシェルジュもそうでしょ。
ポイントはお金に変わりませんよ。
それは資金決済法って言って、やっぱり金融庁の管轄ですから、銀行業務じゃないですか。
こんなのできないんですよ法律で。
やってるとこは罪重いですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
そういう会社は全部ダメですよ。
投資系は全部ダメだから、さあVyvoインペルソナですよね、ライフコンシェルジュも風前の灯火ですけど、問題にまだまだなる可能性がありますよねということですよね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
それから、スズバースですよね。
スズバースは今伸びてるとか、伸びてないとは思うんですけれども、わーっとおじいさんおばあさんが騙されてる。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
これはVyvoもそうですね、インペルソナ。
この辺はものすごい投資系の方ではやばいんじゃないですかって話ですよね。
田原
田原

なるほど。

消耗品の会社は被害者がいるかどうかで見る

垣内
垣内
それから消耗品側の方は薬機法違反と両方なので、これはアウラが断然ですし、ミライズはこれは、僕はアウラは行政処分になると思ってるんですけど、アウラ側はならないと。
なぜならば、
「相談件数が100件いってない」
と言ってらっしゃるんですよ。
それでも多いじゃないかよお前、90何件もあったら。
田原
田原

www

垣内
垣内
相談してるだけでそうだから、相談してない人もいる。
風前の灯でこんな風に売り上げが下がっていってる中で、100件も苦情が入るってのはもう異常ですよ。
だってその何十倍もの被害者がいるってことでしょう。
しかもブラインド勧誘ですね。
ミセスコンテストをやって、しかもそこの中に買い込みがあるってことですね。
消耗品の会社は被害者がいるかどうかで、買い込みがあるかどうかって見た方がいいですよ。
田原
田原

あー。

垣内
垣内
だから、アムウェイの行政処分はその薬機法もあったし、ブラインド勧誘もあったし、マッチングアプリで不正な勧誘があったってことじゃないですか。
でも、その中には薬機法も必ずありますよ。
それから、買い込みっていう被害者は必ずいますよ。
だから、これを一つの軸として考えたら、じゃあどこがあるんですかって話なんですよ。
田原
田原

確かに、うちの会社やばいかもなっていう人もいるかもしれないですね。

垣内
垣内
これに該当したら、いやいや、アウラは間違いないですよね。
で、アムウェイもおかわり来る可能性がありますよね。
これ、ダイヤモンドライフもそれに該当しますよね。
僕の方に今タレこみがいっぱい入ってるニナファームが該当しますよね。
ニナファームで2年間で6000万使ったよね。
田原
田原

えぇ!?

垣内
垣内
2年間で6000万使ったっていう情報が僕の方に入ってきてますよ。
6000万ですよ、2年間で。
これ事実かどうかわからないですけど、僕は直接
「いやそれはないでしょ、ニナファームさんはさすがに」
って言って、そこで売上が上がってるんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
ずーっと十何年売上は更新してますよって言ってますけど、人数が増えてるんだったらいいですけど、人数アクティブが減ってるのに、いやいや3000万が2年使って6000万使った人は一人でもいたらダメですよね。
これ会社側ってそれが事実だとしたら、
「自己責任でしょ」
っていうのは僕通用しないと思うんですよ、わかります?
田原
田原

うん。

垣内
垣内
みんな自己責任ってこういう世界の人言うんですけども。
でも6000万使うという人はライフコンシェルジュもあったじゃないですか。
投資系っていっぱいあるわけなんですけど、これ自己責任じゃないですよ、はっきり言って。
なんでこれが自己責任になるのかわかんないですよ僕。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
普通で6000万出さないですから。
ダイヤモンドライフも数百万単位のとか言って、借金が何千万という人いるわけですよ。
で、借金苦で整体師の先生が闇バイトのルフィーグループで逮捕された後のダイヤモンドライフですね、逮捕されてるんですよダイヤモンドライフって。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
こういうことが起こってるわけじゃないですか。
それを俺は知らんっていう会社を、どう思いますか?
ダイヤモンドライフは
「知らん」
って言ったんですよ。
田原
田原

あー。

垣内
垣内
じゃあニナファームはどうするんですか、6000万?
どうするんですか、僕つなぎますよちゃんとそういう人。
僕は直接知らないですけど、つなぎますよ。
会社もそれを認識してると思いますし、アップラインと言われるリーダーの人も認識してると思うんですよ。
認識してその状態で、自己責任じゃないですよ。
なんで自己責任ですか?
田原
田原

はい。

垣内
垣内
例えば子供が課金したとかあるじゃない?
ゲームの課金で何十万とか問題になって、これは司法の判断で、みんなゲーム会社返してますから。
お金返してますからね。
「子供がやったって、それをやれる仕組みがおかしいでしょ」
って言って、判断基準が出てるから。
子供だからじゃあ政府でお金返してくれんのか、大人だったらダメなのかじゃないじゃないですか。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
でも大人だって情報弱者っていう人たちがいて、頭の中身が子供みたいな、っていう人がいるわけですよ。
それをだまくらかして、言葉巧みにですよ。
言葉巧みに出すわけないのを出してるって事実を、皆さん思ってください。
出すわけないものを出してるっていうことは、説明した人が詐欺師なわけですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
だって6000万も何も返ってきませんって、買わないでしょ。
アウラのマイルだって、300万のアクアドエア買わないでしょ。
田原
田原

それ以上のリターンがあるっていうトークをされてるわけですよね。

垣内
垣内
そうそう。
「それ以上のリターンがあるマイルで、マイルが海外のあれでまたお金が返ってくるよ」
とか
「お金が入り続けるよ」
とか話をしてる。
これ、えっと、何やったエコ?
田原
田原

エコロインターナショナル。

垣内
垣内
エコロインターナショナルもそうですよね。
「これが返ってきますよ」
「これがどんどん増えてって、あなたはこれ出しただけで…。」
まだその単価がまだ少ないからあれですけど、被害者がいるってことですよ。
どうですか、6000万のお金が消えてしまったニナファーム。
何百万、何千万と借金を背負って犯罪者まで出してしまったダイヤモンドライフ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
そして、ミセスコンテストとかでだまくらかして、越境ECからとか言いながら。
「アウラグラムがすごいことが」
「アウラモールが」
「アクアドエアが」
すべて嘘だったという、アウラ右近氏ですね。
それがミライズやって、今度はフェムケアでしたっけね。
そして、俺の直じゃないと儲からないんでしょ?
そんなこと言ってて、今言ってないんでしょ?
言ったことは消えないよ。
田原
田原

なるほど、だいたいわかってきましたね、共通点が。

垣内
垣内
だいたいわかってきたでしょ。
これはやばいし、これは僕らのところに入ってない情報がいっぱいあると思うんですよ。
法律違反、投資系なんか、全部そうですよね。
お金を集める系もダメですし、旅行も全部ダメじゃないですか。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
旅行がどうだ、あれはどうだ、これはどうだって言われるんだけれども。
旅行は旅行業法って言って、旅行取扱い主任者かなんか資格を持った人がないと旅行売れないですよ。
旅行売ってないとか言うの、売ってるよねって。
概要書面交付がない会社、PDFの会社、全部アウトですよね。
もう完全なる特商法違反ですから。
日本に本社がないから、海外の会社だから、書面交付なしで特商法に該当しないなんてことはないですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
で、金融商品扱ってる
「うちはマルチレベルアフィリエイトだから大丈夫だ」
って、大丈夫じゃないよ。
だってそんなのが大丈夫だったら、インターネットカジノだっていいってことになっちゃう。
岸田総理大臣が
「インターネットカジノは非合法だ」
とちゃんと発言してますからね。
だから、これに該当する、付随するのは全部ダメってことなんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
カジノだけじゃなくて、旅行でも何でも、法律違反を日本に会社がないということでやることはできない。
それをマルチレベルアフィリエイトって言いながら、
「日本に会社は出せません、でもアフィリエイトならいい」
とか、
「日本人が日本国民に向けて、日本に本社がないから法律違反をしてもいい」
なんて、そんな無茶苦茶な理論はないわけですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
これを見てる人はもうそろそろ分かった方がいいんじゃないかなとは思うんですけどいかがなもんですかね。
だからこれがダメって言ったらね、Vyvo、インペルソナ、それからライフコンシェルジュ、それからスズバース、投資系でやってるのは全部ダメじゃないですか?
田原
田原

うん。

垣内
垣内
で、小さくても逮捕される可能性が出てきたのが、投資系マルチ。
これは全部法律違反ですよ。
お金が増えるっていうのは全部ダメですよ。
ポイントだから大丈夫だとか、会社がないから大丈夫は全部アウトってことですよ。
これは非常に阿漕であるってことですよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
小さくても逮捕される可能性があって。
その末裔(まつえい)は玉石の件もありましたけれども、まあ末裔がひどいですよね。
半グレとかに脅されて見ぐるみ剥がされてる人たちを見て、まだ皆さんはこういうビジネスに興味をお持ちなのかっていうことですよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
そして、消耗品とか扱ってるものがある古典的なネットワークビジネスもそうですよね。
赤字でやってる会社はどうなるんでしょうね。
少なくとも買い込みがある、被害者がいるっていうのはですね、絶対ダメですよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
伸びてるから大きな会社が大丈夫でもないしね。
ちゃんと三大告知義務ですよね。
場所、時間、説明の仕方までしっかり守れてない会社は全部ダメ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
病気の名前が出てきたらアウト。
ビフォーアフターの写真が出てきたらアウト。
で、コロナがとかね、何らかの効果が出てきた時にちゃんとエビデンスのあるデータが出てなかったら、これは景品表示法違反。
アムウェイの時に話しましたけど、クレベリンの話もしてますので、皆さんこういう情報をしっかり入手して、あれ?と思ってね。

 

田原
田原

はい。

垣内
垣内
なんでだろうね、僕のこれを見てても騙される人いるじゃん。
今回は大丈夫だと思うのかね?
田原
田原

いや、どうなんすかね、信じたいんでしょうね。

垣内
垣内
アウラのやつらもですね、こいつのを見ちゃダメとか言うみたいな。
スズバースも見ちゃダメって。
田原
田原
「見ちゃダメ」
って言われたら見たいですよね。
垣内
垣内
見ちゃダメって言われたら見たいし、もうこれを知ってる人ね、みんなに転送してあげて。
あなたを勧誘してくるのはほとんどがですね、違反行為だって。
もちろん正しくやってる人たちもいて。
今日は月刊ネットワークビジネスの編集長がうちにね、僕の家に自宅に来られましたって話しましたけどね、まともな方だったですよね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
アウラはミライズが、ネットワークビジネスにこんだけ行ったら、広告打ってまたドーン!みたいな話を。
右近くん?
ミライズのそんな話してるんでしょう?
月刊ネットワークビジネスでとか話してるんでしょう?
今月刊ネットワークビジネスの編集長が話したけど、
「絶対右近氏とはビジネスをしない。広告も載せない」
っていう話になりましたよ。
田原
田原

てか、そんな話聞いてないって言ってましたよね。

垣内
垣内
そんな話も聞いてないし、何を言ってるんだろうね。
俺が嘘つきなのか、右近が嘘つきなのか、視聴者の皆さんは自分で判断してくださいね。
これでミライズをやろうという人います?
右近氏はこんだけ危険だって話をしてるんですよね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
次回はアウラ、ミライズについてもっと話を続けていきたいかなと思うんですけど。
2023年下半期って言いながらもう10月でございますけども。
2023年と言わず2024年も含めて、今後ネットワークビジネス業界は僕が言ったことを守られてない会社で金融系、投資系は全部ダメだと。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
消耗品の会社は、僕が言ったチェックポイントが守られてない会社は全部ダメだと。
買い込みをしてるっていう被害者がいるところは全部ダメだと。
これを見て被害者は泣き寝入りしないように、是非僕のところに連絡ください。
相手が大きな会社でお金を持ってたら、あなたの借金が消えるかもしれないね。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
是非、そんなことで泣き寝入りせずに僕のところにご一報いただけたらなと思います。
実際僕こんなぶった切って、とっても言葉悪くて、オラーって言うかなと思ったら、俺まあまあいい人ですからね。
田原
田原

そうですよね、全然イメージ違いますからね。

垣内
垣内
全然違いますから、こんな感じじゃないですから。
これタレント垣内の姿ですから安心して、優しいスタッフが皆さんの状況をお伺いしますので、情報提供よろしくお願いします。
ということで終わらせて頂きます。
田原
田原
ありがとうございます。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


どうも、垣内です。
私はネットワークビジネス10年で1000億以上の売り上げと20億以上を稼いだ、最も成功した一人です。
そして何度も事業を支援、立ち上げ、インフルエンサーの募集育成にも長けております。
日本のトッププロ集団です。

あなたはネットワークビジネスは誰でも出来る、簡単だと思いましたか?
簡単ではなかったでしょ?

そこには、致命的な3つの課題があります。

①赤字の上で成り立っている。

②リストがない、リストを作る為にコストや労力、スキルが必要。

③消費者がいない獲得できない。
 
セミナーで人に会う、DM送ったり勧誘し、抽象的で具体性の無い、思えば叶う、成功者の真似をしろ、と言われてませんか?
 
そして新しい人がどんどん入れ替わっていくし、辞めてった方を見て、
【権利収入になってない】
をあなたは実感した事でしょう。
あなたの才能を伸ばしてくれないと、うまくいく訳がありません。

1億円以上かけた教育システムで、私どもが皆さんからお金を取るのではなくて、私どもがあなたに投資を致します。

 

そして高額塾や投資に騙されてる方もいらっしゃいます。
情報弱者からお金を巻き上げられるビシネスには騙されないでください。
お金を取り戻せる方法などもアドバイスさせていただいています。

まずは1人で悩まず、なんでもご相談ください。
人生を好転させましょう!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓

友だち追加
ネットワークビジネス
シェアする
垣内重慶公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました