ネットワークビジネスのノウハウは本当にあるのか?リーダーの質と教育の重要性とは?

ネットワークビジネス

マルチ商法やネットワークビジネスには「うちにはノウハウがあるよ」「サポートするから安心して働ける」といった言葉が存在しますが、それは本当なのでしょうか?

この記事では、『ノウハウはない!』と断言できる理由と、ノウハウがあるだけではうまくいかない理由を詳しく解説していきます。

楽して稼げるビジネスはありません!

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

「ノウハウがある!」というのは嘘?!

田原
田原

はい、それでは今日もよろしくお願いします。

田原
田原
今日なんですけども、例えばいろんなネットワークビジネスとかで
『うちにはノウハウがあるよ』とか、『サポートするよ』みたいな…。
『だからあなたでも安心!仕事ができる!副業ができる!稼げる!』っていう話があると思うんですが…?
田原
田原
垣内さんは結構、そういう発言に対して「いや、ノウハウなんかないやんか」って話をされるじゃないですか?
そこの見極めってどんな感じでしたらいいんですかね?
垣内
垣内
すごい簡単やと思うやんか?
例えば、英語勉強のスクールってベルリッツだとかECCとかあるやんか。
校舎もない、先生も実績がない、教科書もない、カリキュラムもない、そこに何も投資されてないものに、ノウハウなんてあるの?
田原
田原

それはないと思います。

垣内
垣内
ないでしょ!じゃあネットワークビジネスもそうじゃないの?
だってそのリーダーってマルチの人でしょ?
田原
田原

はい。

垣内
垣内
しかもマルチの人ってゼロから育成したんだよ。
うまくいってない人を、ね?
みんなピカを探せって言われてるんじゃないの?
スターを探せとか、優秀な人を探せって。
垣内
垣内
組織ごと移動させてきたんじゃないの?ゼロから作った?
ロクでもないクズを成功させたの?
新たなリーダーがゼロベースで作った?
垣内
垣内
まずそこを見てみたらいいじゃない。ね?
そしたらその人は、タイミング的にドーンって、だから「自分はタイミングだ」とか言って、だからクオリアもそうでしょ。「今タイミング」って。
田原
田原

そうですね。

垣内
垣内
タイミング、タイミング~。
ネットワークビジネスも、もう50年前からタイミングって言ってるわけだから。
まあ俺は25年ね、30年ぐらい前からしか知らないけれども、みんな『タイミング』だって。
田原
田原

そうですね。

垣内
垣内
『育てられないですよ』って言ってるようなものじゃない?
そしてその人の実績は?ゼロでカスを育てたんじゃなくて、組織移動だけでしょ?
垣内
垣内
それの何をもってノウハウって。
それともう一つ重大なことが「誰とやるかだ」と。
言ったのは日本で初めて俺ですからね!
ノウハウって言いだしたの、今がチャンスって言ってたんですから。25年前。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
ただ僕はそこに問題があると。
ネットワークビジネスがすっごい業界からイメージが悪かったんですよね。
今も悪いですけれども…なんでイメージが悪いのかっていうと、結局リーダーの質が悪い
田原
田原

はい。

垣内
垣内

リーダーの質が悪いっていうのはどういうことかというと、教育がないっていうこと。教育システムを制した奴が社会を変えるんじゃないかと思って参入した。

田原
田原

はい。

垣内
垣内
だがら僕は教育を作ったので大成功したわけじゃないですか。
成功者いっぱい作ったわけじゃないですか。
垣内
垣内
教育システムって、例えばECCが、学校がなかったらどうですか?
先生の質が悪かったらどうですか?
先生の質を高めるためには、リーダーに対する標準講義がないと。
垣内
垣内
教え方や、標準工程がないといけない。
こういうのはSOPって言うんですけども、スタンダードオペレーティング何とかっていうだけれども…標準行程表があるわけ。
垣内
垣内
講師についても標準工程表があるし、生徒に対しても英語がしゃべれるまでに文法の基礎から、中学の英語からとか応用からとかあるわけじゃない?
だからそういったカリキュラム、教科書が存在しないといけないわけ。
田原
田原

はい。はい。

垣内
垣内
これが初めてあって、ノウハウって言われることじゃない。
でも、パワーポイントで書いたようなちょろちょろっとして「アポをとるときにはまず言っちゃだめ」とか言ってるわけでしょ?
田原
田原

はい、はいはい。

垣内
垣内
「内容を言ってはいけない。」「あなたのイメージを言っちゃいけない」とか…
特商法違反ですよ!その時点で。
田原
田原

んーなるほど。

垣内
垣内
ネットワークビジネスは何にしても目的の提示身分の提示
アムウェイさん逮捕されてますよね?マッチングアプリで出会いました、その人に目的、身分を告げずにアップラインといわれる上級リーダー…上級階位のリーダーが経営するサロンに連れていきました…
垣内
垣内
不正な勧誘がありました…逮捕されるタイプじゃんね?
アムウェイは家宅捜索を受けたわけじゃないですか。
じゃあ、なんでって言ったらマッチングアプリで出会いを探してるのに、身分を告げずに会っている。
「アムウェイのディストリビューターです」って、「今回はあなたに製品購入を伴う、リスクのあるビジネスの話をさせてください。」それでもって「イエス」で初めて勧誘できる。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そしたら勧誘は場所、時間、仕方まで厳しく法律があるわけですよ。
で、それを叶えずにやってるのは全部ダメな訳なんです!
垣内
垣内
あなたのマニュアルどうでした?
マニュアルがあったり、そのニューディストリビュータートレーニングとニュースタートトレーニングとかあると思うんですよ多分。
そういうトレーニングがない時代だったんだよ。30年前。
僕がやってるときなんかは、なかった。
垣内
垣内
だから僕はそういう教育研修のカリキュラムをどんどん作っていったんですよね。
だから皆さんね、いきなり中学へ入れられて、「はい、じゃあいきます」と。
方程式いきますって入る?
田原
田原

無理ですね。

垣内
垣内

いきなり高校放り込まれて足し算、引き算、掛け算、割り算ができないのに、微分積分、サインコサイン…どうですか?できないでしょ!

垣内
垣内

だから小学校があって基礎があって、中学校があって少しの応用があって、どんどんどんどん実社会でも役立つ、高度なハウツーになってくるわけなんですね。

垣内
垣内
というようにノウハウがあるっていうんだったら、そこに投資がされて、段階的なカリキュラムと、それに伴う教科書がないといけないんです。
それで初めてノウハウじゃないですか。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そうでしょ。でもネットワークビジネスの「うちはノウハウある」…何があるって、その人が…先生がひっくり返しただけでしょ。
偶然でしょ?育ったことないでしょ?
そしたらほんとにすごいの?経営者としてすごいの?経営者ですごくないカスだからネットワークやってる。
垣内
垣内

ネットワークに優秀な人いないよ。はっきりいって!

田原
田原

(笑)はい。

垣内
垣内

そんなことしなくても成功するからさ、普通に。

垣内
垣内

だからほんとうだったら、会社員としても成功して、実業家としても成功して、いろんな業界で実績を出してきた先生だからおもしろいわけじゃない?

田原
田原

はい。

垣内
垣内

その先生がいて、しっかりと投資がなされていて、教育のカリキュラム…小中高大学とか、カリキュラムやそこに対する、しっかりと最適な教科書がないといけないんです。

垣内
垣内
これではじめてですよ。これがあったとするじゃない。あと全部ダメなの。
これ見てる人ね「いやそんななんとなくは…」お前らが見てる『なんとなく』はさカスみたいな、まぁ成功事例も再現性も何もないの!
田原
田原

はい、はいはい(笑)

垣内
垣内
マニュアルでも、ノウハウでもなんでもないんだけど。
それで、「うちにはありますー」とか、このおもちゃみたいなのは…俺のところに持ってこい!見てやるからさ。
田原
田原

(笑)

垣内
垣内
そんなカスみたいなのは。マニュアルでもない。
そんなこと言ったらECCでそんなノウハウ出てきたらどうする?
怒るだろ?お前金集めて。そんなECCより、よっぽど高い金を取られてるわけよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内

わかる?

田原
田原

うん。

垣内
垣内

ECCやベルリッツは高いけど、ベルリッツでさえネットワークビジネスより安い訳だから。

田原
田原

うんうん。

垣内
垣内

そうでしょ?

田原
田原

はい。

ノウハウがあってもダメな理由とは?

垣内
垣内
そんだけ高い金を、これを見ている人たちは使ってんのよ。
んで、ノウハウがあるうちはたぶん間違いないって…何のノウハウもない!
垣内
垣内
俺が言ってるように、じゃあ、「うちはカリキュラムがあります、うちは教科書、マニュアルがあります」ってもうしょっぼい、デザイナーもついてないような、ね?ものが出てくる訳ですよ!
田原
田原

はい。

垣内
垣内

そんなもうちゃっちいのが。その割にECCやベルリッツは高い金を巻き上げられる訳ですよ。それがアップラインにまた入る訳ですよ!それでもだめなの!なんで?

田原
田原

なんで…

垣内
垣内

うん。

田原
田原

なんでか?

垣内
垣内

うん。

田原
田原

ノウハウがあってもダメな理由ですか?

垣内
垣内

うん。ノウハウがあってもダメな理由。

田原
田原
えー。うーん難しいな。
そこまで…投資がなされているのは、見たことないですけどね。
垣内
垣内
もうその時点でダメでしょ?
その時点でダメなんだけど、でも仮に俺が言ってるような、満足がいくようなカリキュラムとマニュアル本なんかないんだけど、仮にあったとしてもダメなの!
田原
田原

はい。

垣内
垣内
ないんだよ。そんなの世の中にないよ。ないんだけど、あったとしてもダメなの!
なんでかっていうと、今時点で正しいことが、英語だったらずっと英語って一緒じゃない?でもマーケティングの世界、ビジネスの世界、ITの世界っていうのはものすごいスピードで進んでるの。
田原
田原

はい

垣内
垣内
もう、それこそCPUが倍になった。値段が半分になるって。
こんな勢いで伸びていく、色々すごい勢いで時代が変わっていく時代にこのノウハウって来年通用するの?
田原
田原

なるほど。じゃあ『アップデートされる体制がないとダメ』ってことですか?

垣内
垣内

その通り!

田原
田原

あー。

垣内
垣内

アップデートされる。それは戦略・戦術的な会議ができて…例えばマニュアルだけじゃない、ITのサポートもある訳じゃない?

垣内
垣内

そして、じゃあ戦略もだったり、研修作ったり、教科書作ったり…色んな部門が多岐にわたるっていうことなのよ。人を育てるっていうのはね。

田原
田原

はい。

垣内
垣内

人を育てるっていうのは…だってECCで教科書作ったら、ECCが成り立つわけじゃないじゃん!

垣内
垣内

そこには財務とか、経理とかあったりとか…もうその色んな事がアップデートされる。今に合わせて。そして、絶えず競合がいるわけですよ。

田原
田原

はいはいはい。

垣内
垣内
みんな「うちはすごい」って言うんですよ(笑)
うちはすごいって言う馬鹿な経営者にベンチャーキャピタルは絶対投資しないですよ。必ず競合がいる。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内

競合がいないビジネスは世の中に無いんですよ。

田原
田原

うん。うん。

垣内
垣内
競合に対して自分はどう強みを持っていくか。
こういうのをポジションって言いますけど、どうポジションをとっているのかっていう話になる訳ですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内

そしたら「ノウハウがあるー、はいー」って言って、なんかPDFで出てきたり、ワードで出てきたり、ファイルで出てきたり…バカなの?って話じゃない。

垣内
垣内
出てきても、出てくるだけまだマシかなって…いやそんなもの通用しない!
なぜならばアップデートしなきゃ。アップデートする仕組みはそれを共有するのも、システムITがいる、共有する。
垣内
垣内
そしたらシステム開発の戦術・戦略もあるし、教育を作る奴もいるし、マニュアルをアップデートするも奴いる。
じゃ~マニュアルが現場とずれてるかどうかって、どうやって吸い上げるの?
田原
田原

確かに。

垣内
垣内
現場の情報を全部吸い上げる仕組みがあって、どんどんその部門別にアップデートできるものがないと。
会社みたいにしないと、ネットワークビジネスだって、会社みたいにしないと絶対ダメなのよ!
田原
田原

うん。

垣内
垣内
だから僕は昔、25年前、ネットワークビジネスやるにあたって、映像会社作ったでしょ?IT会社だって作ったでしょ?
マニュアルの印刷会社、友人の会社に全部委託したでしょっていう。
垣内
垣内
まあ今、紙なんていらないけど、そういう電子教科書僕らやってるんでね。
電子カタログとかやってるので、技術もってるんであれですけど。
田原
田原

はい。

垣内
垣内

だからコストが掛かりすぎるから、IT化した訳ですよ。当時。

田原
田原

はい。はい。

垣内
垣内
IT化じゃないんですよ、今。
『デジタルトランスフォーメーション・カスタマーエクスペリエンス』ですもんね。
田原
田原

はい。DX。

垣内
垣内
DX、CXですもんね。だからこれっていうのは相手を使うことじゃないんですよ。
効率化が生まれないといけないんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
だから効率が生まれるっていうのは、社会は動いてるんで、追いかけていく。
追いかけてるんじゃダメなんですよ…どちらかというと、先回りできるかなんですよ。ビジネスって。
田原
田原

うーん。なるほど!

「絶対成功させます!」とうヤツは詐欺師?!

垣内
垣内

そしたら、何の実績もないバカなリーダーの一存でこれがノウハウだ、マニュアルだって、「絶対成功させます!」ってあの絶対成功させますと、俺について来たらとか言う奴は、全員詐欺師なんですよ。

田原
田原

うん(笑)

垣内
垣内

言えないじゃん。

田原
田原

なるほど。

垣内
垣内

絶対成功なんてある?

田原
田原

うーん。

垣内
垣内
ないって、そんな。その子のことも知らないで。
だからノウハウがあるって言う奴らはみんな詐欺師だよって。じゃあ見せてって。
田原
田原

でもその理論から行くと、例えばその情報商材でこの成功法則とかって売ってる人がいるわけじゃないですか?

垣内
垣内

全部詐欺師です。全員詐欺師です!一緒ですよ、だから。

田原
田原

あー。

垣内
垣内
だから、その人達には成功実態ないから。実績も。
成功してるんだったらYouTubeでバズってるし、会社があるし、そのノウハウを安くてね「僕らと話し合いながら、教えてあげるよ」って。
オンラインサロン…1,000円、2,000円だったらわかるよ?
田原
田原

はい。

垣内
垣内

でもこのノウハウを20万だ、30万だとか、このネットワークビジネスだとか、笑けてくるよね。だからECCがそうだったらどうなの?って話ですよ。

田原
田原

はい。はい。

垣内
垣内

無店舗販売で、そのネットワークビジネスだったら、そういうのとかけ離れた世界で、だからみんながネットワークビジネスに入ると違和感だらけなのよ。

田原
田原

確かに。その情報商材を売っている、コンテンツ販売とかしてる人は、まあちょっと置いといて、ネットワークのリーダーっていうのはネットワークで稼ぐ訳じゃないですか?

田原
田原
基本的には。でもその中で、じゃあ会社はそういったマニュアル、ノウハウていうのが別に無くて、色んなグループによってやり方も違ったりする訳じゃないですか。
じゃ~このリーダーが自分のグループのために投資をしているリーダーなんて、僕はいないんじゃないかなって思うんですけど。
垣内
垣内

いないよ。うん。

田原
田原

全部自分のポケットですよね?

垣内
垣内
うん。全部自分のポケット。
僕は25年前かな…ネットワークビジネスをやった時は、僕はじゃあマニュアルを作りますって、はい300万掛かりますよって。
垣内
垣内
コンテンツのサポートシステムを作ったの…それ6000万掛かりますよって。
そんだけ投資をしたんですよ。ベーンってやって。
んで会社作って、映像部門作って、やっぱ数億円使いましたからね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
うん。僕はだからネットワークビジネスどうのこうのというより、全て事業なんですよね。ほしたら、ね?
目的・目標を達成するためには、投資も必要で。投資に対してリターンが得られるっていうのは、まあ事業なので、適切な投資をしないとそれは達成できない。
垣内
垣内

絵に描いた餅。だからネットワークビジネスって経営計画は立てられないでしょ…普通。だって誰がやるかわからないんだから。

田原
田原

ですよね。

垣内
垣内
だから本来、計画を立てられないものを立てていくために、ね?
少なくともアプローチ数や、成約率だとか、その一年間の残存率だとか、計算しないといけない。
垣内
垣内
でも何にもやっていない所は、もうネットワークビジネスで公表されてるデータ…アムウェイさんだったら100人に1人もアプローチしてやらないよとかでてくる訳ですよ。
それに莫大なコストが掛かってるよと。
垣内
垣内
一年残存率はネットワークビジネス残り4%しかいないですよとか。
上位1%でも月収1万円2万円の世界ですよとか。ね?
そういうことが出ている訳ですよ…公表されて。
垣内
垣内

ただ、何にもなかったらそれに限りなく近い状態。で、マニュアルがペラであって「あなたはアポイントの時何もしゃべってはいけません」なんて…気狂ってるの?って話。

田原
田原

うん。うん。うん。

垣内
垣内
法律違反。法律を守った上で教科書、書いてもらわないと…ね?
あの神野が言ってたらしいけど「高速道路、速度守ってる人がいますか?」って。
あれ社長が言ってたらダメだよね。
田原
田原

確かに。

垣内
垣内

メラルーカだって、「みんなぶっちゃけ、法律違反ができないとできないですよ」とか。アムウェイもそう。リーダーが「そんな法律守ってたらできないですよ」って、じゃあ、やめてください仕事!

田原
田原

確かに。

垣内
垣内

法律を違反しないとできないって思ってる、あなたたちがやってるのは社会の癌です!

田原
田原

うん。まあ、しかも社長…ね?立場ある人なんで、社長ぐらいは綺麗事じゃないですけど、その発言がね…

垣内
垣内

そこできない人が、それがノウハウがあるって言うんだから、ちゃんちゃらおかしいよね。

垣内
垣内
だからしっかりとその人の実績・経歴・それに対する投資…少なくとも段階別のカリキュラムと教科書
そしてそれがアップデートできる仕組みがないと、そもそもノウハウがないんだから。
僕は見たことないですね、自分以外で。
田原
田原
はい。確かに。でも難しいですよね。そこにリスクというか、ね?
できるだけこう楽をして稼ぎたいという人達が多いと思うので。
垣内
垣内
だから楽をして稼げるものはないんですよ!魔法はない。いつも魔法はない。
しっかり投資をして、適正な利益を社会からいただけるんだと。
皆さんに感謝しながら社会に役立つお仕事をしていただきたいなと思います。
田原
田原
はい。ということで以上です。ありがとうございました。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


どうも、垣内です。
私はネットワークビジネス10年で1000億以上の売り上げと20億以上を稼いだ、最も成功した一人です。
そして何度も事業を支援、立ち上げ、インフルエンサーの募集育成にも長けております。
日本のトッププロ集団です。

あなたはネットワークビジネスは誰でも出来る、簡単だと思いましたか?
簡単ではなかったでしょ?

そこには、致命的な3つの課題があります。

①赤字の上で成り立っている。

②リストがない、リストを作る為にコストや労力、スキルが必要。

③消費者がいない獲得できない。
 
セミナーで人に会う、DM送ったり勧誘し、抽象的で具体性の無い、思えば叶う、成功者の真似をしろ、と言われてませんか?
 
そして新しい人がどんどん入れ替わっていくし、辞めてった方を見て、
【権利収入になってない】
をあなたは実感した事でしょう。
あなたの才能を伸ばしてくれないと、うまくいく訳がありません。

1億円以上かけた教育システムで、私どもが皆さんからお金を取るのではなくて、私どもがあなたに投資を致します。

 

そして高額塾や投資に騙されてる方もいらっしゃいます。
情報弱者からお金を巻き上げられるビシネスには騙されないでください。
お金を取り戻せる方法などもアドバイスさせていただいています。

まずは1人で悩まず、なんでもご相談ください。
人生を好転させましょう!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓

友だち追加
ネットワークビジネス
シェアする
垣内重慶公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました