アムウェイ!親御さん必見!若者の末路、ブラインド勧誘の違法な手口とは?

アムウェイ!親御さん必見!若者の末路、ブラインド勧誘の違法な手口とは? アムウェイ

クラウンアンバサダーは中嶋薫ただ1人というのはもう、皆さんご存知ですよね?

どれだけ儲かってるように見せていても、結局は買込みや経費で実際は儲かってないという事実。

ブラインド勧誘も未だに横行して、マーケティング方法は外に向けるのではなくて内に買わせる。

それが果たしてビジネスと言うのでしょうか?

お子さんが騙されない為にも、この記事を参考にして頂けたらと思います。

 

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

嘘の言動や惑わされない為の見極め方

田原
田原
それでは今日もよろしくお願いします。
今日はですね垣内さん、アムウェイについてですね、またやっていきたいと思います。
垣内
垣内

質問来てたよな。

田原
田原
そうですよね。
リーダーの発言とか、言動とかの嘘の見極め方、どうやって調べたらいいの?っていうのが来ていましたね。
垣内
垣内
そうそう。
タイトルをどうやって調べたらいいの?みたいなね、「成功してる」っていう嘘は、実は大したことないよみたいな話があるわけじゃないですか。
まず大前提として、この一年間というのは、アムウェイは今までの厳しいレギュレーション、いわゆる報酬プランではなくて、タイトル取りやすくしてたんですよ。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
タイトルを取りやすくして、キープをしやすかったですよね?アムウェイ見てる方。
にも関わらず、キープしてるどころか…落としてると。
田原
田原

大幅に落としてる人もいましたよね。

垣内
垣内
クラウンアンバサダーで有名な北紺さんはダイヤモンドであったとかね。
クラウンアンバサダーをキープしているのは、実は中島薫さんただ一人であったと。
じゃあね、年収1億円っていうのは年収1億円じゃないですよ。
垣内
垣内

年商1億円。

田原
田原

そうですね。

垣内
垣内
年商1億円ってそんなすごくないじゃん。
ぶっちゃけ言うと。
田原
田原

売上ですからね。

垣内
垣内
そっから経費がかかって、特にアムウェイってビジネスモデルの場合は、いろんなイベントをやったりしてるわけやんか。
アムウェイっていう会社、本社でセミナーやるのにお金取るわけでしょ?
田原
田原
そうですね、チケット代かかりますよね。
1000円とか1500円とか。
垣内
垣内
あれ意味分からんよね?
何のためにそのチケット代かかるの?
田原
田原
どうなんですかね?
会場費は本来かからないはずなんですけどね。
垣内
垣内
本来会場費かからないし、みんながアムウェイの物を売るためにやる、買い込みさせてるわけじゃない。
お客様なわけじゃない。
アムウェイが借りてるものを貸し出して、なんでアムウェイの会員からお金とるんだろう?
すごいあの会社の姿勢っていうのに疑問だね、しかも若い子はお金がない。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
やばいじゃないですかー。
だと思うんですよね。
だからどうやって調べたらいいかって話を最初にしますと、これは簡単ですよ。
アムウェイビジネスオーナーの皆様、ログインします、あなたたちのサイトに
田原
田原

うん。

垣内
垣内
マイページのところから、リーダーのですね、どんなタイトルの人がいるのかって調べられますから、あなたが聞いてるタイトルと、マイページのところから調べて検索して、僕がみなさんに公開した情報あるじゃないですか?
記事公開しましたけど、あれが自ら調べることができますので、これでね、嘘がチョンバレだなっていうのはあるんですよね。
田原
田原
でも事業説明会とか、アムウェイだったらOMっていう説明会があるじゃないですか。
その中でどういうふうに言ってるんですかね?
「こういうタイトルがあって」っていう話があるじゃないですか。
「自分はここまで行ったけど、今ここ」みたいな感じで言うわけにはいかないですよね。
垣内
垣内
どう言ってるんだろうね?
「こんだけ儲かります」って、それが法律に抵触するかっていうと、ちょっと微妙やけどな。
垣内
垣内
要はそれで判断を惑わすようなことが出来る。
要は不実、事実とは異なることによって、本来事実だったら右の判断だったけど、事実を言わないから左の判断という、こういうことが起こってるんだったら、特商法の不実告知に該当すると思うねん。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
それによって不利益を勧誘された側ですよね。
新たに登録する側が、嘘によって不利益を受けたっていうことだったら、それは特商法違反でですね、契約が不成立になると思うんですよね。
みなさん勧誘される人、ネットワークビジネスの勧誘はアムウェイだけじゃなくて来たらね、絶対これは録音・録画をしておくべき。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
録音・録画を嫌がったら、そういうことなんですよ。
わかりやすいよね。
俺が事業において何かビジネス交渉だとか、ミーティングとかして録音・録画するもんね。
田原
田原

記録としてね。

垣内
垣内
記録として。
自分の身を守るためだし、当たり前ですけど録音・録画、普通にするし、「嫌」っていうことは嘘いってんじゃないの?
田原
田原
そうですよね。
プレゼンテーションする側としても、記録として言った言わないってのがあったらいやなので、するケースが多いですよね。
垣内
垣内
多分これを聞いてるみなさん、多くのみなさんがですね。
口頭の約束は契約に該当しないと思ってる人多い。
田原
田原

書面がない。

垣内
垣内
書面がないと契約じゃないと思ってる。
そんなことないです、口約束も契約ですよ。
間違いなく。
書面があるから契約ではないですよね。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
口約束も当然契約ですから、口約束破っても契約不履行になる。
だから裁判においてその言った言わないというのは、裁判官分からないわけですから、ちゃんとその証拠ありますか?ということなので、これからみなさんね、副業関係のものっていうのは、録音録画いいですか?「ダメ」=アウト!こういうふうに覚えておいたらいいんじゃないかなと思うんですけどね。

行政処分後、まだブラインド勧誘

田原
田原
そんな中でもアムウェイが行政処分から明けて、結構ね、歳月が経ちましたが。
今の現場?どういうふうに活動されてるのかなっていうのが…
垣内
垣内
いやこれね、いっぱい情報入ってきてるんですよ。
すごいね。
若い子が多いと。
田原
田原

やり方的には面倒くさくなったわけじゃないですか。

垣内
垣内

面倒くさいですよ、だってすぐに登録できないんですもん。

田原
田原
そうですよね。
まずはプライムカスタマーみたいな形で、商品の愛用から始めて、何日間かあるわけですよね。
垣内
垣内
あるわけ。
で、そこに至るまで何してるかって、これ見てる人みんなわかる。
若い子は特にマッチングアプリを使ってるわけですよ。
田原
田原
確かに。
いまだに使ってるんですか?ダメになったんじゃないですか?
垣内
垣内
マッチングアプリはダメになったって、もちろんアムウェイもそういうことしないでって。
ただアムウェイに逮捕者が出て行政処分に至った。
田原
田原

うん、うん。

垣内
垣内
アムウェイビジネスオーナーが2人逮捕者になって、これは公務員だった子が、マッチングアプリに行って、女性と知り合ってその人を不正な勧誘をしたと。
要はこれは、身分の提示、目的の提示、三大告知義務、クーリングオフ、場所、時間、説明の仕方まで決まってるにも関わらず、それをちゃんと守らずに勧誘したと、不正な勧誘ですよね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
この場合はサロン経営をしてた、アップラインと言われる上位会員のところのサロンに連れてって、その中でまた不正な勧誘が行われたということで、逮捕が2人、そして行政処分を受けてしまったと。
こういう事態でもマッチングアプリやってますよ。
田原
田原
それは彼らの言い分としては、友達作ってるだけっていう、言い分ですよね?おそらく。
アムウェイを誘うためではなくて。
垣内
垣内
そうそうそう。
だから、ネットワークビジネスやってる人たちマッチングアプリ往々にして、特に若い人、30より若い人なんか特に、しかも独身であったり、結婚してない方だとかね、彼女いる人がやってたらどうなんですかね?
垣内
垣内

マッチングアプリの規定とかに違反して、結婚してる人はマッチングアプリをやると、マッチングアプリに規定を犯しますし、もしそれが、「ただ友達が欲しかった」いやいやマッチングアプリは友達作るとこじゃないじゃないですか。

田原
田原

うん、うん。

垣内
垣内
女の子とつきあうとか、異性とつき合う為じゃないですかね?
それを結婚してる人がやったら、どうなんですかね?
田原
田原

いまマッチングアプリでも友達とか、カテゴリーがあるんじゃないですかね。

垣内
垣内

へー、そうなんだ。

田原
田原

それこそね、パパ活みたいなね、作ってる人もいますから。

垣内
垣内
だからね、これはすごい大問題だと思うんですよ。
何が大問題かって言ったら、マッチングアプリ使うのは全然いいと思いますよ。
友達を探してて、友達の中からリストアップしてまた伝えるっていう。
こういうことは特商法に該当してるかっていったら、ブラインド勧誘にはまだならないですよね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内

じゃあ、どんな時にブラインド勧誘になると思う?

田原
田原

何らかのお誘いがあって「勧誘の為にあったの?」ってこちらが思ったらアウトって事ですよね。

垣内
垣内
その通りですよ。
みなさんここがキモなんですよ。
みんなブラインド勧誘は友達をつくる為だとか、色々そうかもしれないし、マッチングアプリを使うこと自体は法律に違反しませんよ。
垣内
垣内

でも、いざ勧誘になったとき、「このためだよね?」って、「もしこれが分かってるんだったら私は来なかったわ」っていう発言が出た時に、これはブラインド勧誘になると。

田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
ここを分かって欲しいの。
ブランド勧誘の違って何かというと、たとえば俺が万引きしようかなと思ってて、思ってるだけが万引き犯にはならないじゃない、やらないとダメなわけですよ。
ブラインド勧誘が起こったかどうかなんですよ。
田原
田原
はい。
判断基準はディストリビューターのあなたではなくて、相手に判断基準があるっていう。
垣内
垣内
そうそうそう、そこなんですよ。
万引きってのは万引きをしたとか、強盗したってのは強盗したって事じゃないですか。
強盗しようと思っただけだったら、ならないんですよ。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
ですよね。
ただ、その犯罪を考えて何か調べて、その犯罪をほう助した、応援した人も。
ここ覚えてて、犯罪ほう助という法律違反があるんですよ。
犯罪を応援したとか、促したとか、そういうのは全部法律に抵触するわけじゃないですか。
田原
田原

うんうん。

垣内
垣内
じゃあ、いかにそうやって、みなさんが言い逃れをしたとしても、アムウェイの中にノウハウ化したり、テキストがあったり、指示があったり。
これ、アムウェイやビジネスオーナーの若い子たち、リーダーが「マッチングアプリで人脈作ればいいんだよ」みたいな話がでたとしたら、いま法律が厳しいしアムウェイも厳しいですから、おそらくそういう証拠を残さないようにやっててくる、みんな。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
証拠を残さないようにってやっても、リストがないわけ。
人脈がないわけですから、うわーとリストアップして「いけいけいけ!やれやれ」ってネットワークがよく言うから、100人リストアップ「上から順番に全部アポ取るんだー!」みたいな。
垣内
垣内

友達いなくなるわけですよ。

田原
田原

はい。

垣内
垣内
そんな無茶苦茶なことやるから、当然友達がいなくなる。
コミュニケーション能力の低い人も多いですから。
だから「人脈を作れ」と指示するわけですよ。
これってアムウェイの為ですよねって。
田原
田原

はい。

垣内
垣内

しかもそのアムウェイの中で、今もそれが行われていると報告を受けているんですけれども、「野球に連れてこい」と。

田原
田原
はいはいはい。
サークル活動ね。
垣内
垣内
「サークル活動をやってる」と。
アムウェイの人しかいない、もしくはアムウェイの人がほとんどを占めてる。
これはアムウェイの勧誘のためにやってると思うわけじゃないですか。
田原
田原

そうですね、普通に考えたら。

垣内
垣内

今までそうだって、それは法律違反で、そのサークルを一旦解散してアムウェイとは関係のない、一般の人が少なくとも半分以上いて、アムウェイの人が入ってるんだったらいいんだけど、ほとんど90何パーセントがアムウェイの人で、ここによって勧誘して、今までだったらブラインド勧誘で「アムウェイって知ってる?」って言って、リーダーの人がこういう「お前は本当のアムウェイを知らないんじゃないか?」みたいな話で、アムウェイの話に持っていく。

垣内
垣内

これはもう完全にブラインド勧誘ですよ。

田原
田原

はい。

垣内
垣内
そういう勧誘があるのがわかってたら、来なかったわけですよ。
サークルはサークルであって、絶対勧誘はできないわけですよ。
そしたら場所を変え、時間を変えて、「僕は実はアムウェイのビジネスオーナーやってる会員ですよ」と。
そして「あなたに商品購入を伴う、リスクを伴う、連鎖販売取引業のビジネス勧誘をさして欲しい」と。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
それで出てきて、本当に勧誘するかどうかなんですよ。
そのワンクッションありますか?って話なんですよ。
田原
田原

はい、はい。

垣内
垣内
そうじゃなくて、出てきた時に帰さず契約まで結びつけませんか?
そしたら何らかの形で、製品のパーティー、製品を使う試しの会をやるわけじゃないですか。
本当に消費者相手で一般に交流をしようと思ったら、それはそれで法律違反に抵触しないと思うんですよ。
田原
田原

うんうん。

垣内
垣内

交流をする為に裏で、必ずアムウェイのビジネスオーナーへの勧誘が待ってるっていうことは、何らかののイベント自体がブラインド勧誘ではないんですか?って話なんですよ。

田原
田原

うん、そうですね。

垣内
垣内
僕はそう思うわけなんですよね。
これ、司法の判断はわかりませんけど。
とにもかくにも、この人が「私、そういう話だったら来てないわ」と「あなたこの為に近づいたんですか?」っていう話になると、ダメじゃないですか。
田原
田原

うん、うん。

垣内
垣内
昔はそういうことが無かったわけですよ、緩かったわけですよ。
でも今は、全く僕はそのマッチングアプリっていうのは、最適な方法ではないとは思う。
田原
田原
そうですよね。
法律を守ってるっていう、証拠作りができないですよね。
垣内
垣内
できない。
要はやってない証明って悪魔の証明じゃないですか。
いわゆるここは勧誘してはダメであると、勧誘したらクビにするぞ、ぐらいの勢いがないと。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
もしくは逆なわけじゃないですか。
「勧誘をしろ、でもバレたら俺もクビになるから、内緒でやれ、俺も知らない、お前も知らない、分かった」っていう話をしているってことを僕は掴んでるんですね。
ある県のあるリーダーで。
田原
田原

へー。

垣内
垣内
そうそう、そこまで入ってきてんのよ。
「生活を変えるだけでアムウェイはいいんだよ」って。
「どうせ使ってるもんがあるでしょ?これブランドチェンジするだけでいいんだよ」っていう話から入ってくるわけですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
でもそれがどんどん、どんどん断られるわけで、孤立するわけですよ。
アムウェイしか友達がいなくなるわけですよ。
田原
田原
うん、うん。
そうですね。
垣内
垣内
だって断られるやり方だもん、そんなの。
法律も違反だし、おかしいよねってことでどんどん孤立して、アムウェイしか友達がいない。
そしてそのうちサティアンになる。
サティアンを行かずに済んだ人、サティアンというのはね、集団生活とかさせられる。
で、基本的に「リーダーのそばに住みなさい」っていうのがね。
田原
田原

うん、うん。

外にマーケティングせず、中で買わせる

垣内
垣内
それがもうおかしい。
このネットの時代に、「リーダーのそばに住みなさい」という、「生活環境を変えなきゃ」とかね。
で、僕はね聞き捨てならない話を聞いたんですよね。
これ何かってというと、概要書面を渡さない。
田原
田原

はい、概要書面を渡さない!?

垣内
垣内
これアムウェイさん聞いてる?
これ本当の話よ、これ証言がありましたから。
概要書面を渡してなくリクルートしてる人が、若者の間で横行している。
田原
田原
え、概要書面はレギュレーション変わったんじゃなかったでしたっけ?
そのアムウェイの会社側が送るみたいなこと言ってませんでした?
垣内
垣内
そうそう、うん。
だから、そういうことになったわけじゃない。
その背景にあるのがそうなんだけど、僕は証言を受けたのは「概要書面を持って帰れば、親に見つかってアムウェイを否定されるから、あえて渡すな」っていう話が横行してたんですよ。
田原
田原

へー。

垣内
垣内

で、今回、会社が概要書面を送りますみたいな話になったわけです。

田原
田原

なるほど。

垣内
垣内
この背景はバレてなかったわけですよ。
「送るな」って話が横行してて、今回の行政処分は軽くないですかね?って話なんですよ。
田原
田原

はいはいはい。

垣内
垣内
そもそも「送るな」と「違反をせよ」っていう指示がグループ的にあったら、これ普通はクビですよ。
でもその人、今も残ってますよ。
のうのうとやってますよ。
田原
田原
なるほど。
リーダーがそれを指示してたんですね。
垣内
垣内
指示してました。
やばいでしょ?
で、サティアンへの指示でしょ、だから全部アムウェイにするわけですし。
それとね、アムウェイの会社のみなさんですね、この人が例えば20代後半になってくると、何らかの保険とか入ってるケースあるじゃないですか。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
外部に向けてマーケティングするんじゃなくて、この人をマーケティング調査すんのよ、余力があるか、お金が。
貯金があるのか、保険があるのか?
そしたら保険とか貯金あったら、全部根こそぎ、じゃあ「鍋買えるよね」みたいな。
「空気清浄機買えるよね」って。
田原
田原

「この保険いらなくね?」みたいな。

垣内
垣内
だからね、これきいてる若者のみなさん!
お金を稼ぐために、ブランドチェンジだけで、ライフスタイルを変えるだけでアムウェイでっていうのは、全くの嘘ですよねって。
田原
田原

うーん。

垣内
垣内
説明を受けたにもかかわらず、こういう勧誘でわたしが保険いくら、貯金いくら、わたしの仕事はいくら、家族構成全部調べあげられて、この人から根こそぎ取る。
いや、本当はマーケティングってのは外部、ターゲットのお客さんに向けて、コストをかけずに獲得する。
垣内
垣内

カスタマーアクイジョンコストを下げて、そしてお客様がずっと気に入ってお客様に価値を提供して、価値に対して対価のお金を払う。

田原
田原

うん。

垣内
垣内
このライフタイムバリューを上げていく、コストを下げる上げていく、これがビジネスにも関わらず、アムウェイはここが逆になってて、外に向けてものを売って行くんじゃなくて、内に向けて買わしてる。
なんでだと思う?
田原
田原

新規勧誘がむずかしいから、一人当たりの客単価を上げるって感じじゃないですか?

垣内
垣内

その客単価を上げるって、この子の市場調査をして、この人の財布状況を見て、友達もいなく孤立させといて「じゃあ買えるよね」ってアムウェイの集団でやるのは、おかしいですよね。

田原
田原

おかしいですよね。

メルカリに大量に流れている

垣内
垣内
消費者の気持ちになってくださいよ。
アムウェイのみなさん、若手のみなさん、アムウェイで商品を欲しい人はアムウェイの会員になって買うわけがないと思うんですよ。
みなさんはどう思いますか?
田原
田原

うん、うんうん。

垣内
垣内

メルカリで買うじゃん。

田原
田原
はい、流れてますよね。
めちゃくちゃ。
垣内
垣内
つまり、あなたと同じように苦労してる人が、山ほどいるってことなんです。
山ほどいるんですよ。
じゃあ、それについて消費者として買う必要ない。
消費者がここに居るわけはない、消費者がここに居るわけはないとすると、「じゃあ消費者で」って言って、その後20日間後やっぱりビジネスオーナーの勧誘が、予定通り行われるということがアムウェイさん本社、想定してるわけなんですけど、全員ビジネスでしょ?
田原
田原

うん。

垣内
垣内
ビジネスの前のブラインド勧誘をしろってことですか?
その前に「マッチングアプリをやれ」そしてそれは悪のマニュアルがあって、これはもう標準化されてるって話を僕らのところに聞こえてきてるわけですよね。
若者たちが孤立させて、借金まみれにされたり、「お金が儲かる」と。
だから数10万円の借金っていうのは普通なわけですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
借金をできるだけやらすわけですよ。
これっておかしくないですか?
それに対してアムウェイさん、こういう不実告知、契約不成立じゃないですか?
返金してませんよね!?

次回へ続く。

続きは2ページ目へ
↓ ↓ ↓

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


このブログを見てくれているあなたは、
ネットワークビジネスに何かしらの違和感を感じていることでしょう。

その感覚や認識は間違っていません。

かつてネットワークビジネスで億を稼ぎ、帝王だったわたくし垣内も違和感を持ち、
プロの経営者としての視点から、この業界の展望が望めずに辞めました。

それほど業界には問題が多いのです。

そして業界の健全化のためにこのブログを発信しているのです。

あなたがネットワークビジネスを始めた真の理由は何ですか?

ご自身はもちろん、
ご家族やお子さんの幸せを考えて始めた方が殆どかと思います。

しかし一方で、
ご家族やお子さんとの時間を犠牲にしていませんか?

そして犠牲にしてまで活動している
その成果はいかがですか?

家族は何よりも大切すべきです。

4月になり新年度がスタートしました。

あなたやご家族はもちろん、
あなた自身が真に成長し、
本業や副業の結果がより良い方向に進むためにも、

一人で悩まず、ぜひお気軽にご相談くださいね!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓
友だち追加
アムウェイ
シェアする
タイトルとURLをコピーしました