ネットワークビジネスの成功と失敗を俯瞰!リーダーの質と教育システムの重要性

ネットワークビジネス

ネットワークビジネス業界のダメな理由は、私が25年前にネットワークビジネスに取り組んだ際に経験した、周りの人々の「馬鹿さ」にあります。

この記事では、私がこの業界で起こした第二次ブームについても触れながら、ネットワークビジネス業界の現状と課題を明らかにし、リーダーの質と教育システムの重要性についてもお伝えしていきます。

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

ネットワークビジネス業界は何がダメ?

田原
田原
ネットワークビジネス業界全体を見た時に何がダメなんだと思いますか?
このネットワークビジネスっていう業界は、今認知はされてきたと思うんですよ。
この50年とかの歴史があって、こんな感じの業界をねっていうのが。

垣内
垣内
十何年前にピークを迎えて、ガタガタになってるわけですよ。
これほんまやで。ガタガタになってる。
何があかんねんって、俺25年前にネットワークビジネスやったんやけど、勝てると思ってやってた。
なんでかって、みんな馬鹿ばっかりだから。

田原
田原
はい

垣内
垣内
ごめんな、ほんま。馬鹿ばっかりだと思ってる。
みんな「自分がすごい」って言うわけ。
普通正しい人とか、まともな人って、「おかげさまで」って言うねんな。
「自分がすごい」と自慢する人はいない。
普通は、例えば、ソニーの社長知らんやん?

田原
田原
うん

垣内
垣内
プレイステーション知ってるやろ?
ウォークマン知ってるやろ?
任天堂の社長知らんやろ?
でもWiiとかSwitchとか知ってるやんか?

田原
田原
はい

垣内
垣内
何を成し遂げたのかが大事やんか。
でもネットワークの人ってみんな「俺がすごい」って言って、「俺、ここでトップになった」「ここで最高タイトル取った」「何百万とった」、なんで変わってまた「立ち上げ」「立ち上げ」って言ってるのか。

田原
田原
確かにそういう人いますね。
いろんな会社で、こういう記録を出してきたみたいな。

垣内
垣内
そうそうそう。
だから俺はその25年もやってたらすごい業界のイメージ悪かったわけ。
マーケットはこう伸びて落ちてって感じやって。
ネットワークビジネスが伸びて落ちてっていう時にやってん。
で俺はその第2次大ブームを巻き起こして。

田原
田原
へー

垣内
垣内
だからその時って「今がチャンス」「このすごいのがアムウェイを超える、ハーバーライフ超える、ニュースキン超える」っていうのが竹の子のようにでてきた時代やったんな。
落ちてた時、業界のイメージがすごい悪かった。

田原
田原
はい

垣内
垣内
イメージなんで悪いねんゆうたら、やってる人の質が悪いと思ってる。
やってる人の質が悪いのはリーダーがアホやなあと思って。
で、リーダーがアホなのは教育システムの仕組みがないからやなと思って、俺はそっちに長けてると自信を持ってたから、「あ、勝てるわ」と。
「馬鹿ばっかりやから勝てるわ」と思ってやったら、やっぱり第二次大ブームが起こったわけよ。
で、こんなアホばっかりだからあかんわと思って、俺やめたらやっぱりネットワークビジネスはずっとあれから下がり続けてるよ。

田原
田原
はいはいはい。

垣内
垣内
だから俺がやる時ももう、第一次ブームで下がっててんな。
俺はノウハウ提供して、第二次大ブームは作った。
3兆6000億っていわれるマーケットができたといわれているやんか。
俺の影響による売上ってすごかったっていわれてるんやけど、俺引いたらもう下がる一方よ。
もう浮上なんか全然ないわけやん、ずっと。
結局「じゃあどうですか?」って言われたらよう分からんけど、俺はあの時の25年前の気持ちで何も変わってないから、馬鹿がやってるよねって。

田原
田原
うん

馬鹿を入れるからダメ

垣内
垣内
馬鹿を入れるからダメなんじゃないって思うわけよ。

田原
田原
はいはいはい。

垣内
垣内
だからなんかこう俺がこうやって情報配信してても、やっぱネットワークビジネスの人から文句はほとんどない。
「ありがとう」っていう話しかほとんどないねんけど、たまに馬鹿が食らいついてくるんだけど、その人たちは「アムウェイの本当のことも知らないで」とかね。
「本当のことを知らないで、あんたはちゃんと事実を知ってますか?」とかね、馬鹿が言ってくるわけよ。

田原
田原
はい

垣内
垣内
だから俺はいつも言うけれども、俺が言ったことについて答えろ、と。
俺が言ったことについて、「ここは垣内さん違いますよ」っていうのは、やっぱり俺も間違える時もあるし、誤字もあるし、間違えた情報が一部、一部だけやでー、全体が間違えていることなんてもちろん当然ないんやけど、ちゃんと言ってるわけやんか。
だから、「おかしいよ」って言う人、その人馬鹿なんだよね。

田原
田原
はい

垣内
垣内
だって理論的な話に感情論で返してるわけやから。
俺が感情的に言って感情で返す。
だからいろんなYouTuberいるけれども、アムウェイのこととか、ネットワークビジネスのことをここまで理論的に喋ってる人、誰かいる?って話。
それはネットワークビジネスをやったこともない、成功したことのない人が喋ってる話でしょって。

田原
田原
うん

垣内
垣内
俺は業界を作った本人ですよっていう話。
そこの教育システムを作って、僕の教育システムを皆さん使ってね、皆さんがネットワークビジネスのリーダーで、「何をやるかじゃない、誰とやるかだ」って言われてると思うけど。あれを日本で初めて言ったの俺だからさあ。

田原
田原
はいww

垣内
垣内
だからそうやってノウハウを作ったわけで、その俺が言ったワードだとか、ノウハウだとか、みんな使って売ったわけ。

田原
田原
うん

垣内
垣内
でも俺が引いたらもう全部崩れてる。
で、みんなはさ、「ノウハウだ」って言いながら、ネットワークやってる人は引っ張っただけで、ゼロからの人をビジネスマンを育てたわけでもなくて、元々成果がある人、元々組織はあっちこっちから引き連れて、これを繰り返してるわけ。
こんなに大きくなったマーケットは、次がチャンス、次はチャンスでどんどん小ぶりに小さくなってる。

田原
田原
うん

垣内
垣内
僕ら見たら大きな組織を作ったんじゃなくて、小ぶりなの。みんな寄せあつめ。
育ててないよね?って話。
あなたの前に育ってない、みんないなくなってるでしょ?って話なんですよ。
リーダーだっていなくなってるでしょ?って話なんですよね。
で、なんでそうなるのかっていうことは馬鹿を入れるからですよ。

田原
田原
はい

垣内
垣内
だから僕これもよくする話だけど、あなたがシャネル行ってね、シャネルのお姉ちゃんに「ちょりっすー」「今日お客さん、なんかかっこいいじゃん、今日もー」ってw
「今日最新いいの入ってて、お客さんぴったりだと思うんだけど、ちょっと合わせて」「いいねー」って、買う?

田原
田原
買わないですねww

垣内
垣内
だからそういうやつがやってるビジネスなんじゃないのって話なんですよ。
それはすごい分かりやすく言うために、そうやって言ったけれども、やっぱりそのお店の格、扱う商品の格、あれ値段によってレンジって変わるわけじゃない?
ネットワークビジネスの製品は高いわけですよね。
でもそれを貧乏人が買ってるわけですよ。
で、貧乏人、そういうのが価値がわからない人達がやって、お金のない、常識のない、知恵のない、学歴のない、たまに学歴があって騙されてる、これオウムみたいなケースね。

田原
田原
うん

垣内
垣内
オウムとか環境っていう団体、また改めて話したいけど、あれって優秀なやつが入ってて、それは何で洗脳されるのかってまた別の機会に話したいんやけど、それは洗脳の理論をね、話したいんやけれども、そういう人たちが、いわゆる情報弱者だよね。そういった人たちが言われるまま調べもせず、やってるわけで、言われたことをそのまま言う。
だから孤立していったでしょうって。

田原
田原
うん

垣内
垣内
それは、製品が一人歩きすることもないし、いい製品が広がるのって苦労しない。
いいコマーシャルが流行ってるからね、世の中っていうのは。
みんなそのプロモーション手法を新しいプロモーション手法、ブレイクする、バズるやつをみんなが考えてるわけで、その中に何にも知恵がない人がですね、「いい製品だから流行るんですよ」って、馬鹿なの?!って話じゃん、はっきり言って。
だから馬鹿を入れちゃダメだと思う。

田原
田原
はい

垣内
垣内
それルイヴィトンに入社できるの、その人たち?シャネルに入社できる?
それから、例えばその三菱商事だとか、双日だとか大手商社とか、ソニーとかパナソニックとか入社できる?
入れないわけじゃん。
入れない奴らだし、その経歴ないやつで、職歴もない、資格もないやつ、経験もない人たちが言われたままにやってる。

田原
田原
うん

垣内
垣内
じゃあ言ってる奴はどうなのって言ったら、それはもうろくでもない経歴しかないわけじゃない。
ずっと詐欺みたいな、ずっとネットワークビジネスやってて、ビジネスの経験ないし、育成の経験もないし、そういったものが評価されたこともない。
もう、要は人のものを取ってきて、アメリカではそのネットワークを引っ張ってくるのも法律違反なんだよ、実は。

田原
田原
へぇ?

垣内
垣内
アメリカではヘッドハンティングを会社側がやっちゃいけないとか、いろいろあるんだけれども。
ただ、そういった、やったことのない、要はもう泥棒みたいな仕事やってるわけだよ。
自分のとこがいいよ、自分のところはいいと。
みんなだからお世話になったとこ関係なく、「儲かればなんでもいいや」って。
目がお金、円マーク、ドルマークで、ぴゅぴゅぴゅぴゅー、ぴゅぴゅぴゅぴゅー。
「次はチャンス、あーだめだった」、「次はチャンス、あーだめだった」、、、

田原
田原
うん

垣内
垣内
だから儲かってるやつも「じゃあ具体的にどんなスキルがあったんですか?」って、どんな経歴で、どんなスキルがあって、どんな手法で、どんな成果を。
なんでプレイステーションが生まれたのかって話ですよ。
あれは久夛良木(くたらぎ)さんという人がね、オーナーたちからグラフィックの技術を、これも自由で暴れん坊だった久夛良木さんに任せられた。

田原
田原
うん

垣内
垣内
でもプレイステーションというのは、実はあの技術がすごいだけじゃなくて、流通網も変えたんですよ。売り方までなんですよ。
物がいいから売れたわけでもなんでもないしっていう。
今のデモの話とかでもするけど、やってることが全部間違いだし、何か変革だとか、イノベーションが何もないわけ。

田原
田原
うん

垣内
垣内
古くて落ちてるところに良いと思ってる人が行ってる、これ情報弱者だよね。
だから、大企業がなぜ大企業かというと、偏差値の高い、物覚えがいい人、すごい賢い人たちを集めて、その人たちに仕組みを提供して、教育を提供して、再現性を高めているから大企業なったんですよ。
そしたら、馬鹿をいっぱい入れて、それは教育もなくって、リーダーも馬鹿で嘘を教えている。

田原
田原
うん

垣内
垣内
「それ勝てますか?」ってことなんですよ。
だから、「どうしたらいいですか?」って、馬鹿を入れるなって話なんですよね。
お金が儲かるじゃないわけですよ。
企業っていうのはビジョン、ミッション、コアバリューがあって、何のために存在するのか。
そして、ビジョン、ミッション、コアバリュー、理念に、この指止まれっていう人が集まって、会社ってのは大きくなるわけですよね。

田原
田原
はい

優秀な人は集めないといけない

垣内
垣内
事業って大きくなるわけですよ。
だからアムウェイさんという会社だって元々は、ジェイ・ヴァン・アンデルとリチャード・デヴォスの理念によってあった、でも「今それがどうですか?」って話を言っているのよ。
やっぱり優秀な人は集めないといけないですよね。
情報弱者で、例えば年配者でもう他の会社に行けない人が、しかもすごい優秀な人が集まるんじゃなくて、何も知識がない人、調べられない人が集まっている集団だとダメじゃないですか?

田原
田原
うん

垣内
垣内
だから会社っていうのはできるだけそういうろくでもない人をいれないことが重要なわけですよ。
でもみんなは、入れやすい人、騙しやすい人を入れてるよねって話。
そこがもうすでにダメじゃないのって話なんですよ。

田原
田原
とはいえね、垣内さん。
その末端というか、じゃあ最近始めましたって人が、一人でもグループに欲しいっていう気持ちがあるわけじゃないですか?

垣内
垣内
あると思う

田原
田原
その馬鹿っていうか、この子でも売り上げにしたい、目の前の売り上げを取りたいっていう場合もあると思うんですけど、でもそれが結果的にダメになるということですか?

垣内
垣内
そりゃダメになりますよ。
だから、有名店とか一元さんお断りっていうのは、だからそういうことなんですよ。
変な人が来ると、ダメなわけじゃない、だから紹介がないと入れないですよと。
そういう話になってるわけですよね。
だからネットワークビジネスの話をする時に、一般の企業と照らし合わせろ、と。
誰でもいい、仕事やる人は誰でもいいから入れるっていうのはおかしいんですよ。

田原
田原
うーーん

垣内
垣内
それはあなたのことが大切で、あなたが活躍できるんじゃなくて、あなたを養分にしたいだけじゃないですか、って話なんですよ。
そんな馬鹿入れたらダメになるに決まってんじゃんっていう話ですよね。
お客さんもそう、変なお客さん来たら。
だから、有名店は変なお客さんも変な社員も入れないし、やっぱり有名店、一流どころは絶対教育がしっかりしてるわけですよ。

田原
田原
はい

垣内
垣内
変な人いれないし、変な人クビになるわけですよね。
そうじゃない、馬鹿を入れるとダメになるんですよ、だから。
馬鹿を入れるとダメ!

田原
田原
あははははw
もう1個いいですか?
例えばこの人はそんなに優秀じゃないケースの方が多いですよね。
でも、この人の先に優秀な人が出るみたいな、まあ業界ではピカって言うんですかね。
この人の先先先って掘っていったら優秀な人が出るから、どんな人でも入れたいっていう人も多いと思うんですけどどうですか?

垣内
垣内
俺もそうやって言ってきたし、そういう行動をやってた。
でもそれを一生懸命自分が走るんじゃなくて、俺は仕組みで解決してったわけ。
優秀な人が集まるように、馬鹿な人がやめるように仕掛けを作ってきたわけよ。
馬鹿な人は要は勉強しない人だね。
今は馬鹿でもいいと思うの。

ビジョン、ミッション、コアバリュー、理念に賛同する人を集めることが大切

田原
田原
はい

垣内
垣内
でも大切なのはビジョン、ミッション、コアバリューに、この指止まったかどうかなのよ。
これを実現して、何のために存在するのかって、これに賛同する人を集められないといけない、まずはですね。
その時点で馬鹿でもいいんですよ。
この理念に賛同するから勉強していく。
そしたらしっかりとした心構えがあって、努力をする。

田原
田原
うん

垣内
垣内
努力っていうのは、勧誘の努力じゃなくって、やっぱり何が正しいのか。
法令もそう、法律もそうだし、正しい製品知識だってそうだし、ビジネスマインドもそう、常識ですね。
思えば叶うじゃない。
これは間違ったノウハウだから。
「目標を設定しろ」「100万!」じゃないんだと。
具体的な自分のスキルがアップしたか、誰かを見て「すごい」とかじゃないじゃない。
自分がスキルアップしないといけないわけだよね。

田原
田原
うんうん

垣内
垣内
じゃあ今馬鹿でもそういった素直な気持ちで、社会に役立つ人間としてのスキルアップができるかどうか。
だからビジョン、ミッション、コアバリューという理念も大事だし、それに沿った人を集めないといけないし。
馬鹿を入れて何でもいいじゃなくて、勇気を持って断らないといけない。
でも勇気を持って断るのは仕組みやビジョン、ミッション、コアバリューの理念があって初めてできるわけで、何もないで、「これが儲かるよ」「この商品が儲かるよ」「この報酬プランが」「この会社がすごいんだ」「このリーダーがすごいんだ」って言ってる、そこに集まってる人は基本的にはダメですよね。

田原
田原
なるほど

垣内
垣内
本田宗一郎に憧れる人もいるかもしれない。
でも本田宗一郎が目指してたものに共感したわけじゃない。
やっぱりビジョン、ミッション、コアバリュー。
それはパナソニックでもなんでもソニーでも一緒だと思うのよね。
で、僕もあの本田宗一郎さんに憧れて、事業家になって、スティーブジョブズのプレゼンテーションに憧れてプレゼンテーションやっぱ練習したりだとか、憧れるのは悪いことじゃない。

田原
田原
うん。

垣内
垣内
でもその人は何を成し遂げたの?
何ができる人?
どんなスキルがあんの?
どんな経歴があんの?
もちろん学歴がないとかあるとか、それもいいと思う。
でも、「学歴がある人がダメだ」じゃなくて、やっぱりその有名大学とか出て、偏差値の高い人すごいよ。

田原
田原
うん

垣内
垣内
俺は逆に馬鹿だからね。大した偏差値のとこも出てないから。
資格持ってるだけなので。
やっぱり優秀ですよ。敵わないですよ。
だから今その学歴がなくても、その経歴がなくても、体験がなくてもいいんだけど、素直な気持ちで言われたことを信じるんではなくって、やはり調べなさい!

田原
田原
うん

垣内
垣内
インターネットで。
僕の来てくれてるんだったら、僕の動画全部見てくれたら、だいたい業界の嘘がわかると思うし、何を勉強するべきだっていうのもわかると思うから、言われたから「あの人がすごい」と思わないことですね。
他の動画でも喋ってるけれども、お世話になってないんですよ。
お世話になっているのは、あなたの上です。
あなたにお世話になってるのは上であって、あなたがお世話になってるわけじゃない。
あなたはお世話してるんです、逆に。

田原
田原
なるほどw

垣内
垣内
その考え方を間違えたらダメですよね。
上が偉いわけじゃなくて、上の人ってお客さんたくさんいっぱい持ってるだけだから、
誰よりも素直で、誰よりも勉強して、誰よりも感謝をして「俺はすごいんだ」って言ってること自体がもうすでにおかしいですよね。
それに「きゃあー」ってアイドルを見る目で、ただのおっさんを見てるんだったら気狂ってますよ。

田原
田原
気狂ってますよw

垣内
垣内
気狂ってます。
だからしっかりとですね、勉強してですね、馬鹿が集まっていることはダメっていうのと、あなたがリーダーになりたいんだったら、
「誰でもいい」
「誰でも連れてこい」
「誰でもいい人をアップしろ」
「誰でも勧誘しに行け」
「なんでもいい、誰でもいいだろう」
と言ってたらもうダメなチームなんですよ、それは。

田原
田原
うーんうん。

垣内
垣内
そうでしょ?
んなこと言うわけないじゃない、俺なんか。
「馬鹿を入れるなって、そいつダメじゃね?」っていうのが普通なわけじゃない。
だからそういった当たり前のこと、社会と逆のことが成功じゃない。
そういうリーダーというのは、ほら親とか誰かいろんな人に反対されたって言ったら、そいつ成功してないだろと。
「俺が成功者だ」「そいつらの考え間違ってる。俺らの成功があってる」
って、これ洗脳の手口だからね。

田原
田原
うん

垣内
垣内
そうじゃない。
ちゃんと本当に、じゃあ大きくなっている会社だとか、本当に成功して、本当に成功してる。
儲かってるふりをしてる人は、成功者じゃないから別に。
本当に幸せな人、本当に収入を人に喜んでもらって、人に役立ち、社会に役立ち、収入を得ている人から、ちゃんと話聞いた方がいいんじゃないですか?

田原
田原
うん、なるほど。
じゃあ遠回りに見えるかもしれないですけど、この目先の利益ではなくて、この人を入れないっていうのが、後に大きいグループになる?

垣内
垣内
大きいグループになります。
絶対誰でも入れてるとこはダメです。

田原
田原
なるほど

垣内
垣内
誰でも入れてるとかどんどん売り上げ下がってますから。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
そういう会社あります、メラルーカさんなんか有名ですけれども。
売上が上がるどころが、ずっと下がってます。全然売上変わらない。
これは馬鹿ばっかり入れてるから。
本当に常識もないし、経歴もないし、学歴も何にもないし、今を生きていけない人がやってる、そんな人ばっかり集まったらダメでしょ。

田原
田原
あー

垣内
垣内
一部のね、大したことないリーダーが、馬鹿を束ねてるっていう感じになっちゃうわけですよ。
ちゃんと分析してください。
俺が言ってることが嘘かどうかをちゃんと分析したらね、それがわかるわけじゃないですか。

田原
田原
メラルーカさんの話するわけじゃないですけど、確かにこうドラッグストアより安いよっていうのが謳い文句じゃないですか?

垣内
垣内
そうそう、一見簡単に見えるけど、調べたらいいじゃん、ドラッグストアより安くていいのかどうか。
調べたら全然そうじゃないと。
報酬プランだって著しく難しい。
ネットワーク業界で最ももうからないシステムだよっていうのがね、わかる人にはわかるわけ。
でもそれ調べられない人ばっかりだよねっていう話なんですよね。

田原
田原
しかも、「安い」に響く人が入っているということですもんね。

垣内
垣内
「安い」に響くって、お前からしたら高いでしょって。
お前が使ってた物の方がもっと安かったんじゃないの。
本当に安いの?ドラッグストア見た?コストコ見た?って話じゃない。
調べられない人を入れてる、と。
調べられないその人が入って、その人の感覚で勧誘をしてる。
じゃあどんどんどんどん悪くなっていくよね。
どうですか?

田原
田原
だということですw
ありがとうございました。

垣内
垣内
ありがとうございました。
一人で悩んでいませんか?
一人で悩んでいませんか?

ここ最近、
・スズバース
・ライフウェーブ
・アウラ
・アムウェイ

に関する相談が増えています。

女性B
母親が被害にあったのですが、なんて伝えたら良いでしょうか?
女性A
返金請求をしたいのですが、どうしたら良いでしょうか?

などなど。

それとともに、

女性C
副業がうまくいっていない
男性A
集客について学びたい

といったようなビジネスに関する相談も増えてきました。
 
 

・ネットワークビジネスに関する悩み
・投資詐欺に関する悩み
・ビジネスのアドバイス
 等々、

 一人で悩んでる場合は、
 LINE公式からご相談ください。
   ↓ ↓ ↓
 友だち追加
 
 

今現在、LINE公式に登録された方には、
過去にネットワークビジネスで
20億円以上稼いだ垣内の経験を元に

分かりやすく説明している動画

🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦
ネットワークビジネスがオワコンの理由
🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦🎦

をプレゼントしています🎁
(もちろん無料です)

・なぜネットワークビジネスが稼げないのか?
・なぜMLMビジネスをおすすめしないのか?

LINEに登録したらすぐに動画を受け取ることができますので、変なビジネスに騙されて損をしないようにすぐ見ておいてくださいね。

▶ LINE公式に登録して限定動画を視聴する

 

ネットワークビジネス
シェアする
タイトルとURLをコピーしました