アムウェイの裏側に迫る!垣内の警鐘と衝撃的な事実とは?

アムウェイ

アムウェイという会社は、ネットワークビジネスを知らない人でも聞いたことがある会社じゃないでしょうか。

ただ、その実態というのはあまり表に出てきていません。

ネットワークビジネスの王者として知られるアムウェイですが、アムウェイが築き上げた成功とは裏腹に、闇の部分もたくさん見てきました。

今回は、アムウェイの裏側にせまっていきたいと思います!

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

アムウェイとはどんな会社なの?

田原
田原
今日は業界の王者ですよ、絶対王者。
アムウェイを取り上げたいと思います。

垣内
垣内
アムウェイ!

田原
田原
アムウェイってこのネットワークビジネス業界を作ってきた会社がアムウェイという
会社で、垣内さんも、本当に今ね、もうおっさんになってしまいましたけどw、若い時からある会社ですよね?

垣内
垣内
あるあるある。50年近くあるんじゃないのー。

田原
田原
歴史ある会社で、もう誰もが認めるナンバーワンの会社で、多分ネットワークビジネス業界にあまり詳しくない方でもアムウェイの名前っていうのは聞いたことあると思いますし、YouTubeでもいろんな方が取り上げてると思うんですけど、垣内さん、実際どうですか?
アムウェイっていう会社についてのイメージとか、ビジネスについての印象って、どういう印象を持たれますか?

垣内
垣内
まあ一番の会社だよね。

田原
田原
商品って、例えば化粧品とかだったら、アーティストリーっていうのも部門があって、世界的にも、ランコムとか、いろんな会社がある中で結構上位にランクインする、クオリティの高いコスメティックを扱ってますよね。

垣内
垣内
コスメティックでカラー物とかね、今言ったようなものは、専門家でもある薬剤師の立場から見て非常に良いもんだと思います、非常に。
ただ、スキンケアだとかいろんな洗剤だとか、もう古いんじゃないと思っている。
全部が良いわけじゃない。
やっぱり良いっていうのは比較対象があるわけじゃない?

田原
田原
はい

垣内
垣内
アムウェイの人たちって、アムウェイが世界一だからって、ネットワークビジネスの中の世界一で上場してましたけど、MBOして上場を取り下げたんですよね、アムウェイって。
日本でも店頭公開したことがあって、そのとき2000億円ぐらいいったんですけど、4年間で売上が半分になったんですよ。

田原
田原
なるほど

垣内
垣内
これ事実なんですよね。
そこは良いと思いますよと、カラー物は優れた製品だと思います、正直な話。
でも、他の製品があるっていったら、比較対象があるわけじゃない?
例えばさっきカラー物だったら、ディオールと比べて、ランコムと、シャネルと、ってやっぱり売れてるところと比べてどうなのかな?って言ったら頑張ってるよねって話だけれども。
例えば空気清浄機だったり、浄水器であったり、サプリメントであったり、いろんな会社が今出てきてるわけじゃない?

田原
田原
はい

垣内
垣内
薬局でも売っているわけ、通販でも売っているわけじゃない。
それと比べて良いですかって言われた時は、僕ははてなマークです。
具体的に何が良いのかはさっぱりわからない。

田原
田原
はい

垣内
垣内
ニュートリライトっていう会社を買収して、アムウェイっていう会社は。
これでやってるから、すぐ農場も持ってるし、管理してるし。
そのストーリーは良いよね。
ストーリーは良いけれども、そういったものっていうのは、だから良いわけではない。

田原
田原
はい

垣内
垣内
原材料屋さんもいっぱいあるわけで、アメリカではフォーミュレータといって、処方する考える人たちもいるわけだし、いろんなことがどんどんどんどん時代とともに変化してる中で、だからそれはすごいんだという話ではないですよね。

田原
田原
うーん

垣内
垣内
そのストーリーを喋ってすごい、というのは論点すり替えであって、本来この製品とこの製品、何が違うのって話が正しいんだけど、それは僕にとっては理解不能ですよ。

田原
田原
なるほどw

垣内
垣内
もう一つ、事実であるのは、2000億までいきましたよ、と。業界作ったのは間違いないですよ。たった4年間で半分になってますよ、と。
それからずっと売上があがってません。

田原
田原
はい

アムウェイの継続率は4%!?

垣内
垣内
これはアムウェイの発表なんですけれども、ダイレクトディストリビューターとか、いろいろランクがあるんだけど、最高はクラウンアンバサダーかな?Wクラウンアンバサダーとか?
中島薫さんがトップの人がですね。
そういうのがあって、200万を3ヶ月連続、6ヶ月やって初めてダイレクトディストリビューターなわけじゃない?

田原
田原
売上200万?

垣内
垣内
そうそう、売り上げ。
自分から始まったネットワークの組織全体、愛用者も、組織全体で、200万を3ヶ月連続してやって、全体売上の21%なんですよ。
でもそこから9%12%、いろいろパーセンテージがあって、そこでネットワークを持った人たちには分配しないといけない。

田原
田原
なるほど

垣内
垣内
分けないといけないわけです。
チームで、パーセンテージをやったら自分は21%だけど、じゃあ9%の人もいれば、12%の人もいれば、差額を渡さないといけない。
なので、21%ではないわけですよ。

田原
田原
なるほど。

垣内
垣内
21%でも、え、たったの21%なのって感じなんだけど、21%の財源をここに分けないといけないわけですよね。

田原
田原
なるほど

垣内
垣内
そしたら経費考えたら、活動経費をね、鍋デモってありますし、洗剤デモってありますし、そういうのを考えたらどうなの、と。
で、1年そのDDっていうクオリファイが会社発表ですよ、これ。会社発表なので、僕は何も嘘でもないんだけど、みんなに問題提起をしたんですけど、継続率が4%、クオリファイが。

田原
田原
継続してる人が?

垣内
垣内
うんうん。

田原
田原
じゃあ1回、そのDDというタイトルになって、そこから落としてるってことですね?

垣内
垣内
うん。売上96%をクオリファイしてないわけですよ。

田原
田原
なるほど

垣内
垣内
それはエメラルドであっても、上の4%なんで、これはその会社発表が正しいと思ってます。
その理由は何でかっていうと、ネットワークビジネスの1年継続率が4%なんですよ。
みんな権利収入って言うじゃない?
なってないですよ、4%ですもん、クオリファイ。

田原
田原
はい

垣内
垣内
ね、継続率が。
そしたら権利収入になってませんよねって僕言ってること嘘ありますか?
タイトルクオリファイの発表が4%、間違いないと思いませんかと。
それともう一つ、2016年にアムウェイさんが発表した情報があって、消費者2%しかいないですよ、と。消費者を増強させようと、買うだけクラブとかいろいろアムウェイさんがやっていた時代があって、でも消費者2%しかいないです、と発表があった。

田原
田原
はい

垣内
垣内
2%なんですよ。
98%ディストリビューターじゃないですか。
ディストリビューターを辞めた人もいるかもしれない。
これってどうですかね?
それに対して、もちろん儲かってるんだったらそれでいいと思うんですけど、入ってくる給料より出ていく経費が多かったら、これはビジネスなんですかねっていう話です。

田原
田原
はい

アムウェイさん法律違反してませんか?

垣内
垣内
これはもう事実に基づいた全部話ですよね。
ここはもっと物申したいことが実はアムウェイさんにいっぱいありまして、夢を語るのは良いですよね。
バーとか行って、業界ABCってのがあるんですけど、誰かアップラインが出てきて、「夢はあるかい?」みたいな、バーベキューで「本当のアムウェイ知ってる?」みたいな。

田原
田原
はいw

垣内
垣内
これはもうブラインド勧誘っていって、法律違反ですよね、と。
若い子がこうやって友達に夢を語ったり、今だったらInstagramとかでキラキラしたのを見せて、そういった人が、「ほら、この人が」って言うのはこれはもう法律違反ですよと。
特商法の中で、勧誘する時は身分の提示と目的の提示をしないといけないと。

田原
田原
はい

垣内
垣内
法律に則ったプレゼンテーションをしないといけない中で、これは明らかにブラインド勧誘ではないでしょうかと。
それと、もう一つは、プレゼンテーションで、デモンストレーションってありますけれども、例えば洗剤で「これが落ちますよ」と。

田原
田原
通常の洗剤で、一般に使われてる市販の洗剤とアムウェイの洗剤とで、水で薄めてやってますよね。

垣内
垣内
そうそう、水で。
だからアムウェイさんのやつは水で薄めているんですよ。
他の市販のものは原液でやるんですよ。
そしたらアムウェイさんの方が汚れが落ちますよね、ってやるんですよ。

田原
田原
はい

垣内
垣内
これは嘘ですよ、と。
皆さん知らないかもしれないけど、僕は科学者なので、洗剤は水を足すと界面活性作用が上がるんですよ、実は。
原液より水を足した方が汚れが落ちるんですよ、界面活性作用が上がる。

田原
田原
なるほど

垣内
垣内
そういう化学物質なんですよ。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
洗剤、界面活性剤っていうのは。
そりゃアムウェイさんは薄めているわけですよ。普通は原液、アムウェイの方が落ちるの当たり前じゃないですか。

田原
田原
じゃあ、普通の市販の洗剤も水で薄めたら、同じような効果?

垣内
垣内
同じ。
それは手品だし、詐欺だよね。
これは優良誤認だから、自分のところが良いって勘違いさせる詐欺みたいなもんだから、これは法律違反ですよねって、同じですよねって言わないといけない。
っていうのが、歯磨き粉やったら黒くなるとか、そんなんだとか、いろんなデモがある。

田原
田原
はい

垣内
垣内
だから、嘘言っちゃ駄目なんですよ。
空気清浄機も嘘、浄水器も嘘。
アムウェイさん、優れているんだったら、対決するものがあって、みんなこの部分は負けてるから、この部分は良いよとか、この部分はうちは優れている、ウリがあるわけじゃない。

みんな「アムウェイはすごいんだから」と、いやいや、メーカーとして全然すごくない。
ネットワークビジネスの中で一番なだけで、メーカーとしてもっとすごい会社とかいっぱいあるわけで。
じゃあ、そこと比べて、そこが出してもっと大量に作ってるわけじゃないですか、本来のメーカーというのは。

田原
田原
はい

垣内
垣内
アムウェイさんってのはよそが作ったOEMで、ラベルがピッとついてるだけのものもあるわけじゃないですか。
どこが本当に優れてるのか、理論的な話を、うちはすごいんだ、じゃないじゃないか。
それでそのビジネスやって、何度も言いますけど、入ってくる収入と経費なので、あなた大丈夫ですかって話なんですよ。

田原
田原
はい

垣内
垣内
本当に、サラリーマンやってる方が副業で、休みの日にパーティーやって、ちょちょいと本当に小遣い稼げるんだったら良いけども、経費の方がかかってて、いつのまにやら、良い会社に勤めてる人がコールセンターでやって、カツカツで生活していると。
そして説明の内容はさっき言ったようなものであったり、そして勧誘の仕方がブラインド勧誘っていうのが、僕はやっぱりたくさん聞きますよ、と。

田原
田原
はい

垣内
垣内
それっていうのは、アムウェイの会員の皆さんに言いたいです、どうなんですかって話なんですよ。
これ、正しいですかって。
僕が言ってる話、嘘とか間違いありますか?

田原
田原
垣内さん、経営者じゃないですか?
例えば、そういったアムウェイに限らず、ネットワークビジネスの業界って、副業で始めるわけじゃないですか?

垣内
垣内
うん

田原
田原
本業があって、副業で始める、と。
でも「この本業をずっと続けてても、あなた給料上がりますか?」ってアップラインの人に言われるわけですね。
なのでこの副業、例えばアムウェイだったら、アムウェイを頑張る。
アムウェイを頑張りやすい仕事に転職しなさい、と。もしくは、正社員じゃなくてバイトでいいじゃないという感じでコールセンターに。
もう立派な会社に勤めてた人がコールセンターでバイトしながら、アムウェイを頑張る、ネットワークを頑張るっていう人って多いと思うんですけど。

垣内
垣内
おかしい、狂ってるよ。
そこで安く使われてて、「あなた、そんな会社なんてどうせ辞めるんだから」とか、会社の悪口とか言うわけよ。

田原
田原
そうですよね。

本業を辞めて、悲惨な生活になった人をたくさん見てきた

垣内
垣内
で、やめさせていくの。
もっとひどい生活になってるのとか、たくさん見てきたんですよね。
だから、もうその考え方がおかしいでしょ!?と思うわけよ。
だって、あなたみたいに役に立たない人を雇ってくれて、少ないかもしれないけど、あなたに給料を与えてくれている。
そしたらそこに感謝する。

田原
田原
はい

垣内
垣内
雇ってもらってるわけじゃないじゃないですか。
そしたら感謝しかないじゃないですか。
そしたらそこの会社にとってプラスになることをしないといけない。
俺はもう独立するから、そんなところどうでもいいわ、と。

田原
田原
はい

垣内
垣内
迷惑かけたり、そこ適当に仕事をしたり。
もうその思想が、なんか独立に間違えてませんかって僕は言いたいんですよ。
お世話になってるんですよ。お世話になっているところに、後ろ足で砂をかける、「立つ鳥跡を濁さず」って言葉ありますけど、立つ鳥跡を濁しまくりじゃない、と。

田原
田原
はいw

垣内
垣内
親も家族もみんなが「え?」って思うことを、そこで働きやすいから、コールセンターに行く?おかしいでしょ?
普通だったらちゃんと収入が入るビジネスモデルで、しっかり明確な投資計画があるわけじゃないですか?
やっぱりインカム(収入)、エクジット(支出)があって、プロフィット(黒字)を確立しないといけないわけでしょ。

田原
田原
はい

垣内
垣内
そしたら生涯賃金で考えたら、その人たちコールセンターに行ったら、どれだけ生涯賃金減ったかだよね。

田原
田原
本当ですね

垣内
垣内
そうそう、それがみんなじゃあ成功したんですかっていったら、ほとんど成功してないわけじゃない。ほとんどがそれ。
そしたら、多くの人を、人生を狂わせて成功した人がいるって、僕が言ってる話なんか間違いあります?

田原
田原
確かに

垣内
垣内
間違いないと思うんですよ。
俺それってみんなにどう思いますかって。
アムウェイの会社は世界一だし、すごいかもしれないけど、今日事実の話だけしたんだけど、もう1回自分で内観した方がいいんじゃないですかね。

田原
田原
はい

垣内
垣内
自分でそれは正しいんですかって。
やっぱりお世話、独立したいってのは素晴らしいことで良いと思いますけど、僕はいつも独立しなさいっていう時は、その会社にお世話になってるから、その会社から仕事をもらえるような独立の仕方をしなさいってやっぱ言うじゃない?

田原
田原
確かに

垣内
垣内
いつもね。
その会社からお仕事もらえるような、その会社と提携できるような、あなたがその会社で活躍して。
副業するのは良いと思う。でもそれはあなたの会社のためにもなる。

田原
田原
はい

垣内
垣内
だからそれがね、例えば誰かに迷惑だとか、誰か不幸にしたりだとか、これで成り立つビジネスってどうなの?

田原
田原
確かに

垣内
垣内
みんなハッピーになるわけですよ、ビジネスっていうのはですね。
家族も笑顔、子供も笑顔。
その合間でやってて、会社も
「お前最近よく勉強してて、どうしたんだ?すごいな」って。
「いや社長、実は独立したいんです。」って言って、
「何?それは残念。いられないのか?」
「いられません。どうしても夢を叶えたい。」
「わかった、じゃあ俺が手伝える事あるか?お前はこの会社で頑張ってくれたから、俺が応援してあげたい。いろいろ取引先紹介したい。いい形でビジネスできないか?」って。
これが正しいと思うんですよ。

田原
田原
確かに

垣内
垣内
これが誰かの不幸とか、誰かに迷惑かけてる、そういうのを誰がニコニコしてるのって話なんですよ。
そしたら上でこうやってる人だけがニコニコしてるの?って話になるじゃない。
それってどう思う?ってその実態を。

田原
田原
うん

垣内
垣内
それだけなんですよ。
で、お金入ってくるのがないのに使って借金抱えてる人も、僕のとこ相談に来たりするんだけど、これってどうですかって話なんですよ。
今度はわけのわからない詐欺案件をやったり、投資話をやったりとかいう人を聞くわけですよ。
そんなところからどんどん崩れていく人たちを。

田原
田原
はい

垣内
垣内
だって4%ですから、継続。
僕が言ってる話は全部事実なので、それを見て皆さんがどう判断するかですよね。

田原
田原
もう1個質問いいですか?

垣内
垣内
はい

優先順位を今のビジネスに捧げることによる不幸

田原
田原
なんかネットワークビジネス業界の人って、何かネットワークに限らないですかね、何かを一生懸命にそのビジネスを打ち込む場合、例えば家族とか、自分の子供、小さい子供とかいる場合、ここはこの家族の時間を削って、優先順位を今のビジネスに捧げることで、家族との時間を後でも作れるでしょうと、こっちのビジネスを優先して成功したら、全てが手に入るよって話をされるリーダーって結構いらっしゃると思うんですよ。

垣内
垣内
うんうんうんうん

田原
田原
本業も別にいいやんって。家族もいいやんって。
ネットワーク優先に一生懸命やった後で、権利的な収入になって、時間もお金も全て手に入るから、それの方がよくないって、今頑張るしかないやん、っていうような教えってあると思うんですけど。

垣内
垣内
「全てを捨てたら、全てが手に入る」だよね。
全てを捨てたら何もなくなった人を見てきたわけよ、現実として。

田原
田原
はい

垣内
垣内
なんで誰かの犠牲に成り立つ幸せだとか、成功とかあるの?
僕は三方良しって考え方ありますけど、全てがハッピーなのがビジネスなんですよ。
僕は僕の考え方持ってるんでね、「全てを捨てて、家族も何でも全部我慢して、全てが手に入るんだ」という考えもね、あるんだと思う、それは。

田原
田原
うんうん

垣内
垣内
あるのも認識している。
僕はそういうのは嫌いなんだけれども、あるかもしれないし、僕は昔、その事業家として23歳でスタートした時は、僕もそっち側だったんですよ、実際は。
それで僕は何もなくなったわけですよw

田原
田原
はいw

垣内
垣内
家族もなくなったわけだし、やっぱり自分でも後悔してるし。
何を自分が後悔してるのかなというと、例えば僕は娘が2人で、今息子が1人、再婚しているんだけれども、娘の喋った瞬間って記憶ないです。
娘が何か行事があるっていう時に、僕は行けた時もあるし、行けない時も多かった。
下の娘なんかほとんど忙しかったし、行ってないわけですよ。

田原
田原
はい

垣内
垣内
じゃあ、もう1回見たいと思った時、見れる?

田原
田原
見れないですね

垣内
垣内
そうそう、だからそれより貴重なものって世の中にあるのかっていう。
それは思いますよ。
「僕はすごい成功者で、子育てもほったらかして成功してた」ってありますよ。でも、その人たちに、人から聞いた話ですけど、「何を手に入れたいんですか?」って聞いたら、「もう1回子育てがしたいです」ってお母さんが言ってました。事業家で成功したけど子育てができなかった。

田原
田原
へー

垣内
垣内
だってその瞬間ってないんだもん。
もう1回子育てするのは無理じゃない?期限があるわけじゃない?
僕は幸いにもね、2回目の結婚で、今3歳の息子を育ててるわけですけど、本当に喋った瞬間があるし、感動するわけですよ。

田原
田原
はい

垣内
垣内
「なんでパパとママ選んでくれたの?」って聞くじゃない?
そしたらみんな同じこと言うんだって、「お空の上でお友達がいっぱいいたの」って。
「神様はいる」って言う子もいるんですよ。
うちの子は何も言わなかったけど、「滑り台でパパとママ見つけて滑ってきたのよ」って言う。
みんな同じような事言う。

田原
田原
へぇ?

垣内
垣内
そうそう。
うちなんか奥さん病気になって、1回、妊娠して堕したことがあったんですよ。
奥さんをとるのか、子供をとるのかで。産もうと思ってたけど。
産めって言って一緒に育てようって思ってたら、病気になっちゃって産めなかった。
この子がもう1回うちに来てくれたらいいなと思ってたんですけどね。

田原
田原
はい

垣内
垣内
うちのえーちゃんがですね、
「1回滑ってきたけど、忘れ物してもう1回取りに帰ったんだよ」って言ったの。

田原
田原
えぇ?鳥肌立ったw

垣内
垣内
いや、本当か嘘かは知らないよ。
だけど俺は今親ガチャとか言ってね、親は選べないとか。
違う、俺は親が子供を選べない、と。
子供に選ばれてると思うので、そしたらその子供に選ばれた俺たちは子供に何ができるかな、と。

田原
田原
はい

垣内
垣内
この子とどんなことをね、語り合えるかな、どんな夢を与えられるかな、と。
自分が夢を追いかけるのはいいけども、この瞬間ないんだけど、もう二度とないよ、と。
あなたが死ぬときにその後悔ないの?って話をしたい。
ないんだ、と。
それを、キラキラした生活?高級車乗ったり、自由を謳歌する生活がって言うけど、見れないんだよって。
あなたがそっちの方がいいんだったらさ、あなたの価値観だよねって話。

田原
田原
はい

垣内
垣内
いや僕はそう思わない。
僕はその子供とか、家族だとか、その瞬間、今のこの瞬間は写真じゃないんだから、もう撮れない。
もう1回見ることもないし、その感動?
今のも、うちの息子にね「どうしてパパとママを選んでくれたの?」って言って、言ったことによって感動してるわけじゃない?

田原
田原
はい

垣内
垣内
子供と家族と感動する時間、お金では買えないような気がするんですよね。

田原
田原
そうですね

垣内
垣内
夢とかって、そっちの方が夢じゃね?みたいな。
俺は思ってるんだ。
でも押し付ける気はないから、みんないいと思うんだけど、どうなの、と思うよ、俺は。

田原
田原
今のその環境、もちろんそのプライベートとか、本業とか、忙しい環境の中で副業を始める人って多いじゃないですか?
でもその環境、こっちをないがしろにしないでもできるってことですよね?

垣内
垣内
できますよ。できないとおかしくないですか?
そのためにインターネットとかがあるわけじゃない。
だから、そういったことをできるようにするのが、例えば父親であったり、夫であったりしたら、やった方がいいことじゃないの?

田原
田原
なるほど

垣内
垣内
できるように考える。
こういうもんだったら諦めるんじゃなくて、アムウェイさんって50年前のビジネスでしょう。
50年近く前と同じ事をやってるわけだから、間違いなく。
50年間でテクノロジーが進化してるのに、同じことをやるんじゃなくて、やっぱり今に合わせたアムウェイっていうのを、これを見てくれてる人たちね、アムウェイをやりたい人もいると思うけど、アムウェイの中で新時代って何だ、法律を守ったりだとか、しっかりとした説明だとか、その家族を犠牲にしないとか、今働いてるところを大事に、家族を大事に、ということをみんなで考えた方がいいんじゃないですか?

田原
田原
なるほど

垣内
垣内
僕はそう思いますよ。

田原
田原
でも今のネットワークビジネスの業界のやり方だったら、正直できないですよね?

垣内
垣内
変えないといけないでしょ?

田原
田原
アポイントに行って、ミーティングとか集まりがあって、何かバーベキューとかパーティーとか、いろんな人のアップラインのセミナー、もうすごいスケジュールじゃないですか?

垣内
垣内
うん

田原
田原
で、誰かを勧誘するのに、そんな1人30分とかじゃないと思うので、仕事が終わって、会うわけですよね、人に。

垣内
垣内
お金にならないこと、夢に向かってない仕事っていうか、やらなきゃいけないことが多すぎるよね。
だから僕は無駄な会議、目的がない、ゴール・目的がない会議とか1秒でもしたくないって言うんですよね、スタッフに。
会議はするな!って言うぐらい、僕は効率化。
だから、いらないこと、それお金にならない、夢に向かってないよねということが多すぎるのが問題じゃないですか?

田原
田原
なるほど

垣内
垣内
アップラインの話って、なんで聞かなきゃいけないの?

田原
田原
モチベーション上がるんじゃないですかね?

モチベーションが上げないとできない仕事なの?

垣内
垣内
モチベーション上がらないとできないの?
吉野家の店員がモチベーション上がってのかね。

田原
田原
確かにw

垣内
垣内
だから、言ってることが俺にはわからない。

田原
田原
なるほど

垣内
垣内
それ必要なの?しなければいけない、逆に理由があるのって。
そのモチベーションを上げないとできない仕事なの?
普通はモチベーションがなくても、誰でもできることをやらないといけないねって。
ルーチンであったり、再現性が高かったり、効率、コストがかからないとか、それモチベーションって関係ないよねって。
やるべきことをやってから、成果に繋がるっていうことを、やっぱり考えていかないと、それは今の時代のビジネスって言えるんですか?って。

田原
田原
なるほど。
今からまたアムウェイ、違ったアムウェイを生み出す人が、生まれるかも知れない。

垣内
垣内
そうそう、大きな会社だからね。
アムウェイが好きっていう人は別に批判もしないし。
これは事実に基づいて話しただけなので、アムウェイさんの話で、初めてアムウェイってどうですかって話が来たので、アムウェイの見解について、素晴らしい会社だと思いますけれども、僕は今言ったのは全て事実なので、あなたはどう思いますかって。

田原
田原
はい

垣内
垣内
僕の見解はこういうふうに思ってますっていう。

田原
田原
でも何か違った見解でちょっと面白かったですね。

垣内
垣内
本当?

田原
田原
はい。
なんかいろんな人がアムウェイの動画出してるじゃないですか?
なんかちょっとやっぱ垣内さんの経験と経営者目線から見た、そのアムウェイっていう全体、すごいわかりやすくて面白かったですね。

垣内
垣内
おーー、やったー!

田原
田原
やったー

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


このブログを見てくれているあなたは、
ネットワークビジネスに何かしらの違和感を感じていることでしょう。

その感覚や認識は間違っていません。

かつてネットワークビジネスで億を稼ぎ、帝王だったわたくし垣内も違和感を持ち、
プロの経営者としての視点から、この業界の展望が望めずに辞めました。

それほど業界には問題が多いのです。

そして業界の健全化のためにこのブログを発信しているのです。

あなたがネットワークビジネスを始めた真の理由は何ですか?

ご自身はもちろん、
ご家族やお子さんの幸せを考えて始めた方が殆どかと思います。

しかし一方で、
ご家族やお子さんとの時間を犠牲にしていませんか?

そして犠牲にしてまで活動している
その成果はいかがですか?

家族は何よりも大切すべきです。

4月になり新年度がスタートしました。

あなたやご家族はもちろん、
あなた自身が真に成長し、
本業や副業の結果がより良い方向に進むためにも、

一人で悩まず、ぜひお気軽にご相談くださいね!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓
友だち追加
アムウェイ
シェアする
タイトルとURLをコピーしました