女性支援プロジェクトの闇が深まる!家庭崩壊と借金リスクの実態とは?

女性支援プロジェクトの闇が深まる!家庭崩壊と借金リスクの実態とは? 女性支援プロジェクト

女性支援プロジェクトによる悪徳商法の実態がますます明らかになってきました。

久道さおりを中心とするこのプロジェクトは、女性の自立を謳いながら、その裏には家庭崩壊と借金地獄が潜んでいるとの報告が相次いでいます。

久道さおりの女性支援プロジェクトは、自己投資や借金を強制させる発言をし、多くの主婦たちが旦那に黙って150万円の支払いを強いられており、その後の苦悩は計り知れません。

被害を受けた人々の証言や、消費者保護の観点からの解説も交えながら、悪徳商法に巻き込まれないための注意喚起をしていきます!

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

女性支援プロジェクトはさらに悪徳商法だった!

田原
田原
以前も話題にしたと思うんですけど、女性支援プロジェクト。

垣内
垣内

久道さおりさん。

田原
田原
はい、久道さおりさんの進展があったんですか?

垣内
垣内

いっぱい来たよ情報、すごいよー。
驚いた俺。酷いね。
女性支援プロジェクトってね、「女性の自立ができるよ」って言って、「保険屋で活躍して」「水商売で活躍して」「ちょっとこれ秘密になってるけど、マルチで全然うまくいかなくて」って言って、それで塾をやって。
で、その塾は何を教わるのっていったら、ほとんど内容は営業なんだって。

田原
田原

ふーん、なるほど。

垣内
垣内

だって、その人の営業って何を学ぶの?

田原
田原
www

保険屋さんなんでね。

垣内
垣内

保険ですごい人ってMillion Dollar Round Table(MDRT)のメンバーだったりするけど、そういうのもないわけでしょ。
銀座で水商売とか言ってるけど、本当にその人がすごい成績だったんだったら、銀座のどこどこの店って言うわけじゃない。そうやってないわけじゃない。
だけど、ニュースキンをやっていたんだけど、それは言わない。
言わないでってオフレコ、かん口令が引かれてるんですよ。
どうですかね。

田原
田原

その塾がいくらでしたっけ?

垣内
垣内

150万スタートぐらい。
70万ぐらいって話だったんだけど、70万どころではないと。

田原
田原

ふーん。

垣内
垣内

みんな2ポジからって。1ポジだったら売れた時にフィーが少ないからって。
営業だって、そんな人から学んだってしょうがないよねって俺言いたいんだけど、実態はそれをやると「久道の塾に勧誘ができるよ」と。「勧誘して70万払ったら、10万円ちょっと入ってくるよ」って。

田原
田原

なるほど。

垣内
垣内

「1ポジだったら、10万円しか入らないけど、2ポジだったらに20万円も入るでしょ。だから150万セットの方がいいよ」って。

田原
田原

なるほどw

垣内
垣内

なんか意味が分からない。ネットワークなの?

田原
田原

はいはい。ネットワークみたいな仕組みと。

垣内
垣内

そうそう。

田原
田原

なるほど。

垣内
垣内

どこが問題か分かる?

久道塾の問題点はここ!

田原
田原

どこが問題か?
いや、全然分かんないです。

垣内
垣内

「これ買ったら、これができます」っていうのは役務提供みたいなビジネスモデル。
それから、Zoomとか時には会って勧誘するんだけど、久道とか久道の専務みたいのがいて、それまで営業に来るんだって。
そうしたら、電話勧誘とか訪問販売の法律に特商法に該当するんですよ。
つまり、クーリングオフが必須じゃないですか。だけど、無いの。

田原
田原

クーリングオフの制度がないんですか?

垣内
垣内

ないの。ないの。

田原
田原

じゃあ、払ってしまったら、終わり?

垣内
垣内

そんなの通用するわけないじゃん。
そういうビジネスモデルはクーリングオフを明記しなければいけない。
わかりやすく、明記の仕方まで法律あるがあるわけでしょ。
これ以上大きくしなさいとか、赤枠で囲みなさいとかあるんですよ。
分かりにくく書いてあったらダメなんですよ。特商法の中で。
ちゃんと明記しないといけないのに、それさえないんだったら、、、
ほら、契約は?

田原
田原

不成立ですよね。

垣内
垣内

そう、無効じゃないですか。
そしたら、「ちゃんとした契約を巻き直しください」って言わなきゃいけないし、巻き直したらクーリングオフの期間があるから、そこで初めて契約。
契約がないのにお金を払ってる人たちばっかりなんです。久道さおりさんのとこの塾生の皆さんがね。
そこで言ってるのが、
「私は裁判に負けたことがない」とか「返金するやつバカ」だとか、返金請求が起こりにくいように、「そんなのは情報弱者だ」とか散々やってるんだって。

田原
田原

うんうん。

垣内
垣内

しかも、その女性支援プロジェクトって主婦の人が多いらしいんやけど、言えないやん旦那に。
150万円を訳わからないところに支払ったって。
そしたら面倒くさいことなったら嫌だっていって泣き寝入りになる。

田原
田原

ああ、そういうことか。
旦那に黙ってお金を払ってるから。

垣内
垣内

旦那に黙ってお金を払ってるからって150万。
10万、20万だったとしても悪徳なのに、150万って。いつの時代なのと。
山崎たくみさんの60万が可愛く見えたよw

田原
田原

そうですよねw

クレジットカードを4枚作らされる?!

垣内
垣内

だって、この人何の実績もない、ミリオネアでも何でもないじゃんね。
養分からお金を取って儲けたフリをしてるだけでしょ。
まず、面白いことが分かったんすよ。入会までに、カードを最低4枚作れるかと与信があんの。

田原
田原

はい、クレジットカード?

垣内
垣内

クレジットカードを4枚とか平気で作らされるの。それもアフィリエイトになってるんじゃないみたいな。
「ここでカードを作りなさい」とか。
カードが通るのが分かってから発注させるの。

田原
田原

へぇー。

垣内
垣内

「そんなことも知らないの?」みたいに結構マウント取られるんだって。
いやいや、みんな主婦だから知らないでしょ。
事業やるのにカードローンって消費者金融と一緒じゃない。

田原
田原

そうですね。

垣内
垣内

あそこで、お金借りる人いる?

田原
田原

うん。

垣内
垣内

そんなとこでお金を借りさすビジネスは全部悪徳商法じゃない。

田原
田原

うんうん。

垣内
垣内

イーラもそうだったけれども。
そんなとこにお金を借りさすんだって。

田原
田原

ふーん。

垣内
垣内

「変わりなさい!」みたいな。
古いよ、久道さん。
よく「変わりなさい!」って、なんで変わらなきゃいけないのよ?

田原
田原

うんうん。

垣内
垣内

そんなんで、前は捨てろって言って仕事も辞めさせて、ここに全てを捧げろみたいな。
僕が聞いた人何人かいるんだけども、その人たちが入った時はそうでもなかったんやけど、最近は特に「全身全霊ここにやろう」と。
で、「借金は悪ではない」「借金しないと変われない」って散々言われんねんて。

田原
田原

なるほど。自己投資だと。

垣内
垣内

自己投資だと。よくあるよね、自己啓発で。いつの時代、古いよー。
山崎たくみさんのコーチングもそうだけど、もう全部が全部全部全部古い!
いつの時代?
びっくりしたわ、オレ。酷くない?

田原
田原

確かに確かに。
「借金は悪ではない」っていうのは、一理ある部分もあると思うんですよね。
事業やってく上で、投資した方が効率がいいケースがあるじゃないですか。

垣内
垣内

そうそう。

田原
田原

そこは分かるんですけど、ポジショントークで言ってると思うのでw

垣内
垣内

久道さおりさんしか良いとこないじゃないですか。
本当はこの人のために借金しないといけないわけじゃない。
資金調達、借金というのはデッドファイナンスなんですよ。
市場から調達する、要は株式を渡してとか、上場とかエクイティファイナンスって言うんですけど、デットとエクイティファイナンスがあるわけなんですけれども、これはお金を調達すると、その儲かるネタがあって、例えば広告費をぶっ込んだら売上が上がる、利益が上がるよね。
だから、資金調達なんですよ。
やっていけないから資金調達をしていたら潰れる。
こうしたら儲かるよねっていうことに対して資金調達をするわけじゃない。
例えば、美容室をオープンする。そのために、お店の費用で最初に1千万借りる、1千500万借りる。それは、分かります。
ここで売上あってそこで返していけるんだから。

田原
田原

はい。

垣内
垣内

でも、150万借りて、、、
えーー?!
参加しても久道の悪徳塾にあなたと同じような思いをする人を勧誘するだけでしょ。

田原
田原

塾勧誘ビジネスw

垣内
垣内

塾勧誘ビジネス。
要は僕がよく言うスタバで「あなたも飲めるわよー」ってね。塾勧誘ビジネスじゃん。
これは法的にも役務提供であったり、訪問販売であったり、通信販売であったりで特商法のカテゴリーですよって話なんですよね。
しかも、フィーもえげつなく安くて、久道さおりが儲かるだけのために借金をさせるわけですよ。
そしたらね、デッドファイナンスはありえないですよ。サラ金で借りるって。
その事業で利益が見込めて、店をオープンしたら事業計画はあって、こういう風にお客さんが来て、こういう利益でこうやって借金が返済していけますよね、っていうのがあるわけないじゃないですか。
久道の塾は無いわけじゃないですかww

田原
田原

勧誘するしかないですよねww

垣内
垣内

勧誘するしかないわけじゃないですか。
何のためにそれをやるんですかね。

田原
田原

でも、勧誘していく過程で営業力とかw
そういうスキルが身につくということなんじゃないんですか?w

垣内
垣内

笑ってんじゃねーよ。
今の時代、営業なんている?

田原
田原

ある種、しょうもない胡散臭い塾を売っていくっていうのは、営業力付くかもしれませんよねwww
こんなん売れんのか?みたいなwww

垣内
垣内

ネタですねw
しかも女性支援プロジェクトって。女性でしょ。

田原
田原

はい。

垣内
垣内
インスタとかやらされるんだけど、それがまた笑った。
ホテルのロビーとかでよくある。

続きの記事はこちらから読めます

女性支援プロジェクト久道さおりのブランディング詐欺!主婦を騙す極悪サロンとは?
女性支援プロジェクトの久道さおり氏は、女性をターゲットにしたセミナーでのブランディングやSNSでの情報発信を主軸としています。しかし、その実態はあまりにも怪しいものばかり。 彼女らが提唱するホテルでの優雅な生活やセレブ気取りの投稿は、実際に...

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


どうも、垣内です。
私はネットワークビジネス10年で1000億以上の売り上げと20億以上を稼いだ、最も成功した一人です。
そして何度も事業を支援、立ち上げ、インフルエンサーの募集育成にも長けております。
日本のトッププロ集団です。

あなたはネットワークビジネスは誰でも出来る、簡単だと思いましたか?
簡単ではなかったでしょ?

そこには、致命的な3つの課題があります。

①赤字の上で成り立っている。

②リストがない、リストを作る為にコストや労力、スキルが必要。

③消費者がいない獲得できない。
 
セミナーで人に会う、DM送ったり勧誘し、抽象的で具体性の無い、思えば叶う、成功者の真似をしろ、と言われてませんか?
 
そして新しい人がどんどん入れ替わっていくし、辞めてった方を見て、
【権利収入になってない】
をあなたは実感した事でしょう。
あなたの才能を伸ばしてくれないと、うまくいく訳がありません。

1億円以上かけた教育システムで、私どもが皆さんからお金を取るのではなくて、私どもがあなたに投資を致します。

 

そして高額塾や投資に騙されてる方もいらっしゃいます。
情報弱者からお金を巻き上げられるビシネスには騙されないでください。
お金を取り戻せる方法などもアドバイスさせていただいています。

まずは1人で悩まず、なんでもご相談ください。
人生を好転させましょう!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓

友だち追加
女性支援プロジェクト
シェアする
垣内重慶公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました