アムウェイでの勧誘と法的規制の現実について詳細を解説!

アムウェイでの勧誘と法的規制の現実について詳細を解説! アムウェイ

今回の記事では、アムウェイを例にあげネットワークビジネスを法律を守ってやっていく難しさについて詳しく解説します。

勧誘する時は、勧誘する側がどう思うのかではなく勧誘した相手がどう思うかが重要で、勧誘した相手に「騙された」と思わせたらアウトです。

勧誘され嫌な思いをされている方は、証拠があれば返金・返品が可能ですので消費者センターに相談してください。

前回の記事はこちらから読めます

アムウェイのデモンストレーションの真実を科学的に説明します!
今回はアムウェイのデモンストレーションや空気清浄機について、科学的な事実に基づいた情報を提供します。 嘘のデモンストレーションを見て買った人は、証拠をもって 「こうやって言われてこう思い込んで買ったんだけど違うじゃないか」 ということであれ...

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

勧誘時に相手がどう思うかが基準

田原
田原

今回は、アムウェイスクープの続きということで。

垣内
垣内
僕は、マッチングアプリしてる人たちの、
「本当に出会いを探していたんだ」
っていう言い訳は通用しないと思う。
田原
田原

はい。

垣内
垣内

基準って何かって知ってる?

田原
田原

基準?

垣内
垣内
「いや、僕は彼女を作りたかったんですよ。
本当にそうなんです。」
っていくら言ったって、基準は何ですか?ってことなんです。
田原
田原

相手がどう思ったか?

垣内
垣内

その通り!

田原
田原

こっちの言い分は関係ないってことですね。

垣内
垣内
ウィキペディアとかで検索してほしいんですけど。
弁護士の見解では
「ネットワークビジネスは日本では原則的に禁止なんですよ」
って言ってる。
禁止なんだけど、
「厳しい法律を守っていたらやってもいいですよ」
ってなってる。
田原
田原

はい。

垣内
垣内

自動車免許は誰でもとれるでしょ?

田原
田原

はい。

垣内
垣内
教習所へ行って、運転免許センターに行って、誰でも免許を取って、誰でも運転できる。
そして違反をすれば、点数引かれたり、罰金、交通刑務所もある。
垣内
垣内
ネットワークビジネスビジネスは、基本的には
「誰でも運転はできません」
ってことです。
「運転はしちゃいけないんですよ」
ってこと。
「でも、こんだけ厳しいことを全部守ってやるんだったら、運転するのを許可してあげましょう」
っていう法律になっている。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
そしたら、どうやってやるんだろうね?
連絡とかLINEの段階で、
「アムウェイのディストリビューターです」
「製品購入を伴うリスクを伴うビジネスの話をしてもいいですか?」
って話をしないといけない。
田原
田原

確かに。

垣内
垣内
それで
「いいですよ」
って言われないといけない。
そうではなくて
「マッチングアプリで彼女を探してたんだ」
って言っているのかもしれない。
それは彼女とか奥さんがいたらアウトじゃない?
そしたら、本当に彼女とか奥さんがいないモテない子しかアムウェイを頑張れない、ってことになる。
モテない君ばっかりなのかね?
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だから、すごい難しいことをやってたんですよということ。
それで、マッチングアプリで彼女を、ということだったら。
野球、フットサル、バーベキューいろんなもの。
これ、全部アムウェイは禁止してますよ。
禁止してるんだけど、YouTubeのKENZ0君の情報によれば、バンバンやってるわけじゃないですか。
田原
田原

うん。

垣内
垣内
「何も現場は変わってないですよ」
ってことを言われてる。
田原
田原

確かに。

垣内
垣内
会社はこれをどう考えているんですか?
会社を守るためだけのことをして、ディストリビューターは何も意識が変わってないでしょうか?
という話なんです。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
これを見ているアムウェイのビジネスオーナーの方や勧誘された方。
「こういう形で勧誘されました」
とすぐに消費者センターに行ってください。
あなたが嫌な思いをしたら、あなたが全て正しいんです。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
勧誘目的だって知らずに行ったら、勧誘目的で後ろに待ち構えてたっていうのはアウトだよってことです。
田原
田原

アウトですね。

垣内
垣内
家で鍋やったり、家に呼んでもだめです。
逮捕の件は、サロンに連れてったわけです。
その場所の指定がもうダメなわけです。
時間も夜9時から8時まで原則できません。
原則的に勧誘できる場所は、公衆の出入りできる空間。
アムウェイ本社での新規勧誘だめじゃないですか?
田原
田原
そうですね。
基本的には一般の人は入らないですよね。
垣内
垣内
「いや、これは誰でも自由なんです」
って言うかもしれないけど。
またさっきの話で
「誰がそう思ったのか」
「相手はどう思ってるのか」
という話。
「騙された」
と思われたら全部アウトです。
正しくやらないといけない。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だから、家のサロンとかやってた人もいるじゃない?
それからフットサルやらいろんなイベントもあるじゃない?
「それらは全部だめじゃないですか?」
という話です。
田原
田原
確かに。
薬機法についても、景品表示法についても。特商法についても。
相手がどう思うかがすごい大事で、証拠があってということであれば、返金・返品ができる。
垣内
垣内
できる。
会社としても返金する義務がありますから、やらなきゃいけない。

受け取り手が「効果がある」と思ったらアウト

垣内
垣内
それで、
「体感があった、とても良いんだ」
と言っても通用しない。
よくネットワークビジネスであるんだけど
「これがすごい!
あっ、ここは薬機法に引っかかるから、ちょっと言えないんだけどね」
って言うのがオッケーだと思ってる人がいる。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
これも、受け取り手が
「効果がある」
と思ったらアウトなんです。
効果があると示唆するだけでだめ。
田原
田原

へえー!

垣内
垣内
言った、言わないんじゃないんです。
よく
「薬機法があるから~」
とか、喋りながら薬機法違反するおばさんがいるんですが。
言った言わないじゃなくて、示唆しちゃだめ。
効果がないんですから。
化粧品とかも薬機法の56のワード以外を喋れないんですから。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
それでこの製品が何等かの効果をイメージしたり、
「効果があるようにに思いました」
「ほんとは効果がないんだけど効果があるように感じました」
それでアウトなんです。
受け手がどう思うかなんです。
田原
田原
難しいな。
垣内さんが商品を扱っている側とするじゃないですか。
じゃあ、この商品って何がいいのっていうのは、セールスされた側としては普通に気になるじゃないですか。
そう聞かれたら、
「自分がこういう体感があったよ」
って話はしそうだと思うんですけど。
垣内
垣内
だから、基本的にコンサルティング営業できる人しかうまくいかないんですよ。
その人の課題についてたくさんの製品の中で、
「あなただったらアムウェイもいいんじゃない?」
っていう話ができないと。
ちゃんとしたロジカルな部分で。
例えば保湿が必要で、この中だったらレンジもこんなのあるけどどうですか?っていう。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
「あなたが気に入るのありますか?それであなたをプロデュースします」
っていう専門家じゃないとなかなか難しい。
素人が言うとどうしても薬機法違反になっちゃったり。
ネットワークビジネスの人は、
「この製品がいい」
ってやってるから、これは全部法律違反。
だから、難しい時代だよね。
田原
田原

難しい時代です。

垣内
垣内
ほんとに素人でやってる人たちは、いつ逮捕されてもおかしくない。
捕まる、捕まらないは別として、常に法律違反の温床になっている。
これをこうやってネットでさらされて、すぐインターネットで調べられる時代に、そうやってリテラシーの低い人を使って情報弱者を集めて成立してたビジネスはことごとくなくなっていく。
田原
田原
しかもここ数年で、今までは会社に処分がくだってたのが、個人が逮捕される時代なった。
やりにくいというか、自分は被害者だったはずなのに、加害者になる可能性があるってことですよね。
垣内
垣内
ありますよ。
だから、会社のスタッフが全員、コンプライアンス違反をどこまで理解してて、リーダーたちがどこまでこの厳しさを理解しているか。
それで、売れる方法を考えないといけない。
今の時代にマッチした売上の上げ方を考えないといけない。
田原
田原

はい。

アクイジションコストとLTV

垣内
垣内
僕はその時に、カスタマーなり、ディストリビューターなり、獲得単価(アクイジションコスト)をできるだけ下げないといけない。
アムウェイでやっている方法で下げられます?
マッチングアプリでお金がかかって、会うのにお金と時間がかかって、その中で法律違反して、逮捕されて。
何やってるかわからない。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
じゃ、コストを下げるのは何だっていうのを理論的にしっかり検証していかないといけない。
その逮捕の件は被害者が買って、私は不当な勧誘をされたって警察に駆け込んだんでしょうね。
そうなると、その人ってワンタイムで1回しか買ってないんです。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
これっていうのは、カスタマーライフタイムバリュー(LTV)っていうのがあります。
お客様が、生涯にわたっていくら価値を提供してくれるか、どれだけ商売をやっている人間に対して価値を提供してくれるかっていうのをLTVっていうんですけど。
アクイジションコストを下げて、LTVを上げないといけない。
だけど、さっきの逮捕の話はアクイジションコストが上がってLTVが下がってるよね。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
で、ディストリビューターの人はみんな、権利収入って言う。
どうしてそうなるの?
田原
田原
www
どういう方程式でそうなるのっていう。
垣内
垣内
アムウェイさんは会社の発表で、更新率は4%ですよって出てる。
でも
「私はちゃんと安定しています」
って話がやってくるわけです。
その人はそうかもしれません。
優秀な人なのかもしれません。
優秀な人なのかものすごい悪党なのかわからないけど。
やりきっている人なんでしょうねっていう話です。
でも、その一部の例じゃなくて、全体として継続購入が4%しかない。
田原
田原
なるほど。
それがもうデータじゃないですか。
安定してるって聞いたら、例えば100人のチームがいてその100人がずっと商品を買ってくれてる状態が安定だと思うんですけど。
100人のチームで毎月30人がいなくなる。
でも毎月30人が入るっていうのも売上的には同じ可能性があるじゃないですか。
その更新率っていうのが1年で存続する人が4%しかいないってことですか?
垣内
垣内
そう。
これがどれくらいひどいかって話。
アムウェイの人って、
「店を出すとか言ったら、お金かかるし大変でしょ?」
「アムウェイは使っているものを変えるだけだから、その方がいいでしょ?」
みたいな話をする。
田原
田原
確かに、ネットワークビジネスの人は
「実際に事業をするなり、例えばコンビニをやろうと思っても何千万かかるよね」
みたいな、たとえ話をだす人が多い。
クロージングの時に対比させて、
「アムウェイだったら、こんなに低コストで低リスクでできますよ」
っていうトークですよね。
垣内
垣内
でしょ?
それを次回は理論的に話をしたいと思います。
それは全部ウソです。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


どうも、垣内です。
私はネットワークビジネス10年で1000億以上の売り上げと20億以上を稼いだ、最も成功した一人です。
そして何度も事業を支援、立ち上げ、インフルエンサーの募集育成にも長けております。
日本のトッププロ集団です。

あなたはネットワークビジネスは誰でも出来る、簡単だと思いましたか?
簡単ではなかったでしょ?

そこには、致命的な3つの課題があります。

①赤字の上で成り立っている。

②リストがない、リストを作る為にコストや労力、スキルが必要。

③消費者がいない獲得できない。
 
セミナーで人に会う、DM送ったり勧誘し、抽象的で具体性の無い、思えば叶う、成功者の真似をしろ、と言われてませんか?
 
そして新しい人がどんどん入れ替わっていくし、辞めてった方を見て、
【権利収入になってない】
をあなたは実感した事でしょう。
あなたの才能を伸ばしてくれないと、うまくいく訳がありません。

1億円以上かけた教育システムで、私どもが皆さんからお金を取るのではなくて、私どもがあなたに投資を致します。

 

そして高額塾や投資に騙されてる方もいらっしゃいます。
情報弱者からお金を巻き上げられるビシネスには騙されないでください。
お金を取り戻せる方法などもアドバイスさせていただいています。

まずは1人で悩まず、なんでもご相談ください。
人生を好転させましょう!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓

友だち追加
アムウェイ
シェアする
タイトルとURLをコピーしました