マルチ商法の井の中の蛙たち!ネットワークビジネスにハマる情報弱者の心理とは?

マルチ商法の井の中の蛙たち:ネットワークビジネスにハマる情報弱者の心理とは? ネットワークビジネス

今やネット上を騒がせるマルチ商法による詐欺被害。

ネットワークビジネスの成功者を自称する人物達がインターネット上でアピールしてるものの、その実態はとんでもない詐欺師の典型。彼らは自らの成果を証明せずに他社を否定し、情報弱者を騙して巧妙に利益を上げています。さらに、裏には赤字の事実が隠されており、彼らの成功話は多くが虚構に過ぎません。

具体的な事例を挙げながら、ネットワークビジネスのリスクや、情報を提供せずに他社否定に走る問題点を指摘しています。

本記事は、ネットワークビジネスに興味を持っている方々や、被害に遭わないための対策を考えている方々にとって、必読の内容となっています。

ビジネスの世界で詐欺師から身を守り、成功に近づくための重要な知識をお伝えします!

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

垣内は井の中の蛙?

田原
田原
ということで今日もですね、マルチ商法のバカに告ぐ内容になっておりましてw

垣内
垣内
俺が腹立って、俺がこの内容をやりたいって言ったんですよw
このマルチのバカ絶対晒してやるみたいな。
アニメのアイコンの奴から届いたメッセージを読みますよ。
これを論破していきたいと。この馬鹿を晒して論破していきたいと思うんですけど、

いくつかやってみて、お金にはなりましたが、少なくとも一つやってみて、一番上のタイトルを取って、その証拠を出してから、他社否定しないと、井の中の蛙ですよ。
お金持ちは悪い人だと言ってるのと同じだと思います。
達成した側からすると、何か小さな次元で生きているなと思います。
MLM自体は努力次第です。
努力すれば、どの会社のものでもうまくいきます。
ただ、会社やサービスによって確率が違うだけですね。
皆さんも、何でも良いので、努力すれば、あれこれ迷ってる時間があればやってみるのが良いと思います。

 

田原
田原
言われてますねーwww

垣内
垣内
あはははwww

田原
田原
この企画は面白いかもしれないなw

垣内
垣内
言われてますねw
「いくつかやってみて、お金になりました」というね。

田原
田原
井の中の蛙ですよ。

垣内
垣内
俺がねw
「お前は証拠出してから」とか。
どうやって証拠出したらいいかね、俺のことなんかみんな知ってるもんね。
ベストセラーになったのも知ってるし。

田原
田原
検索したらある程度出てきますよね。

垣内
垣内
ネットワークビジネスで僕がどんな人間か自分で言ってますけど、それ嘘だったら逆に問題になるでしょ。いろいろビジネスやってるので。
やりましたよ、ミリオネアになりましたし、百十何系列作りましたけど、数年でですね。
その中でアクティブは37系列で、そして最高タイトルがフロントで8系列で、何百人の最高タイトルを作りました。
それはニューウェイズっていう会社でしたけれども。
そんなこと誰でも知ってるんじゃないですか?
だから、何を出したらいいですかねー。

田原
田原
この人は色々やって、色々自分がやったけどお金になったよってのを言いたいんですよね。

垣内
垣内
どれぐらいのお金になったんだよ。
だってこれは、お金になったよっていうのはすごい誤魔化しで、どれぐらいのコミッションで、どれぐらいの経費で、どれぐらいのプロフィット・黒字を出してきたのか。
どれぐらいの資産やスキルを身につけてきたのか。
今何をやってるのかっていう、僕はそれは出してるつもりなんですよ。
出してるつもりなんですけど、出てないって言ったらどうやったらいいですか?逆に。
みんな出してるし、会社もあるし、分かってると思うんですけどね。
「その証拠を出してから他社否定しないと井の中の蛙」って。
いや俺は証拠を出して理論的な話をしてるんですけど、お前の話が理論的だとは当然思えないと。
「お金持ちが悪い人だと言っても同じだと思います」、言ってないwww

田原
田原
あはははwwww

垣内
垣内
お金持ちは悪いと思ってない。
お金持ちには理由があるっていう話をして、みんなにね、お金持ちになってほしいなと思ってます。お金持ちだけが全てじゃないですけど。

「達成した側からすると、なんか小さな次元で生きてるなと思います。」
それは認める!

「井の中の蛙じゃないか」と、そうだと思います。でも、お前よりは成功してる。

「MLM自体は努力して、努力すれば、どの会社のものでもうまくいきます。」
そうは思いません。

「ただ、会社サービスの確率が違うだけですね」って。
僕はだから理論的にこれをですね、否定してるんですよって話なんですよ。

「皆さんも何でも努力すれば、あれこれ迷ってる時間があればやってみるのが良いと思います。」
こんなマルチ商法にハマると、情報弱者で、お金が儲からないと思いますよって話なんですよね。

田原
田原
なるほど。

ネットワークビジネス成功者の多くは成功してるフリで、コミッションを見せない

垣内
垣内
これを理論的に今日は話します。
僕の収入とか、最高タイトル取ったとか、俺のことインターネットで検索がすごい増えてるんで、検索して調べろよ!俺のこと全部分かるからよ。
俺の家とかだって検索したらグーグルアースとかで見れるじゃない?
俺が乗ってる車も全部分かるじゃない。
俺のインスタグラムとかもあるから、俺のライフスタイルも分かるから。
少なくともお前よりは多分儲かってると思う。
少なくとも俺はアイコンをアニメにしないwww

田原
田原
www
いや分かんない、中学生の可能性もありますからw

垣内
垣内
俺は具体的なことを言ってる方だと思うんだけど、ネットワークの人ってね、そういうのを絶対公開しないし。
俺なんて逆に言ってきた方だし。
ネットワークビジネスやってた時のコミッションとか見せてきたもんね。

田原
田原
はい、そうですね。

垣内
垣内
実際に見たでしょ。
俺のコミッションで最高いくらのみたことある?

田原
田原
月1300万くらい。

垣内
垣内
ねぇ、見たよね?

田原
田原
見ました。

垣内
垣内
見た人いっぱいいる。
そういうコミッションを取った人です。
もちろん最高タイトルはとりましたし、最高タイトルを何百人作ったのも事実ですし。
それと、他社を否定してるんじゃないの!
これも間違えて欲しくないんだけど、これが法律違反だよねって話をしているの。
そうでしょ?

田原
田原
はい。

垣内
垣内
だから、ネットワークビジネスを全部ダメって言ってる訳でもないし、やってた人なので、これが法律違反でこういうことしてるからみんなに悪く思われるんだよ。
これ是正しないとって、これおかしくないですかって問題提起、注意喚起してるのに、他社否定ばっかりしてるとか言って。
だって、その会社に対しての苦情が届いてるわけじゃん。
苦情が来て、「調べてください」「これ見解を出してください」って依頼があって、僕らは事実に基づいた公共性・公益性で皆さんに注意喚起をしてるって、僕らは立場なんですよね。
それをなんで他社否定と思うんでしょうかね。

田原
田原
そうですねー。
まぁ、否定しているように見えますもんねぇww

垣内
垣内
はははwww
うまいね。なるほど、なるほど。

なぜネットワークビジネスがダメなのか?

垣内
垣内
なぜネットワークビジネスが駄目だと思ってるかというと、赤字の上で成り立ってますよと。
僕もミリオネアを11人作っても、その下に莫大な赤字がいたし、僕は納得できなかったんですよという話。

垣内
垣内
そして、リストがない訳ですよ。
リストを作るためにも異業種交流会やマッチングアプリだとか、不法な勧誘が横行してますよ。不法な勧誘ですよ。
しかもこれコストと時間とスキルが必要ですよと。
そんなスキルがあるんだったら、わざわざネットワークビジネスしなくても異業種交流会でうまくいく。
マッチングアプリで口説けるんだったら、そもそも論で、お前は他のことでうまくいくぜっていうことが言いたいんだよと。
それはお金も時間も無駄遣いだよと。

垣内
垣内
そして、もうひとつは消費者がいない、獲得できない。
戦後、商店街が流行ってた時代があって、バカなおじさんおばちゃんが、「シワ取れる」「貼れば良くなる」「ぬればどうにかなる」とか。
いやいや、言っちゃ駄目なんですよ、法律で。
しかも、その商店街に人いないでしょ。イオンになったし。
イオンどうなりました?楽天になりました。
楽天も通信業界で赤字です。Amazonも1万人のリストラですよ。
そしたら次は何ですかって。
何かが伸びると何かが落ちるって話をしてるんです。
だから、ローソンの社員に向かって、セブンイレブンのおっちゃんが「セブンイレブンやろうぜ」って勧誘してやる?

田原
田原
確かに。競合ですからね。

垣内
垣内
ローソンやろうよ、セブンイレブンやろうよって、やる?っていう風に僕はイメージを持ってる。
そうじゃなくって、ポッキーを置いてない店ってないわけですよ。
みんなにとってのポッキーにならないといけない。
その中の業界によってポッキーってみんなが欲しがるのは何だっていう。
消費者にとってもビジネスをやってる人もポッキーは儲かるから、ポッキーは甘くておいしいからっていうニーズが違う訳ですよ。
これを叶えられるものは、次世代の商法と商材と方法論が色々ある訳ですよ。

田原
田原
うん

垣内
垣内
だから、こういうのを考えて行くのがビジネスなんだけど、事実で言えば1963年から始まって、ネットワークビジネスはずっと伸びました。一回落ちました。
僕らブームを作りました。
2007年に3兆6千億というマーケットがあったと言われてますけど、そこから下がり続けてますよね。
これは、アメリカでも世界中でも同じことが起こってました。
世界的データによれば、大手ネットワークビジネスは、発展途上国にどんどん進出をしてるのに、トータルの売り上げは下がってますよ。
つまり、伸ばしたけど落ちてるってことは、本国はもっとひどい状態じゃないのかと考えられますし、業界最王手のアムウェイさんでは、2千億以上まで行って半分以下まで下がっているという事実がありまして、僕言ったことに間違いありますっていう事なんです。

田原
田原
うんうん。

垣内
垣内
そういう問題が起こってる。
赤字の上で成り立っているビジネスっておかしくないですかって話。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
ネットワークビジネスっていうデータを見ますと、3人以上勧誘できるのは3%しかいないんですよ。全部事実を言ってます。
そして、1年継続率は4%。
「うちは継続率が高い」ってちゃんと見ました?
会社のデータで細かく、何についてのパーセンテージを出してもらってください。

ちなみに、メラルーカさんは「愛用者ばっかりで継続率がすごいんですー」って言いながら、一ヶ月継続率については、最初からクリックが入ってて、自分が意図して解除しないとオートデリバリーで届くような、この還元率がすごいですよって言われて、何かすごいかさっぱりわからないという。
一年継続率はどうですかって話になって、数字で出てこない訳ですよ。
これって、まやかしでしかないですよねって話なんですよ。

僕はちゃんとした数字をやっぱり業界調べたら4%。
消耗品とかで大体普通のお店で15%とかなんですよ。

だから3%しか3人以上をリクルートする人ができない中で、一年継続率は4%なんですよ。
消費者がいないと95%が勧誘する人なんだと。
そして1963年タッパーウェアから始まって、2008年から下がり続けてる。
世界でも同じ状況。
逆に今世界中で出ているデータ、大体二桁ダウンが多いんですけど、これを掛け算したら10年後は十分の一になりますよと。
計算上、何を根拠にって、ソース元を僕は話しをしてるわけですよ。
これ皆さん全部自分で調べられる情報ですから、そのソース元から計算すると、僕はこうなるんじゃないですかっていうのをデータに基づいて話してるんです。
で、こいつは?www

上手くいってたら、そもそもいくつもやらないw

田原
田原
www
この人、「いくつかやってみてお金になりました」って書いてるんですけど、でも、うまくいってからいくつも基本的にはやらないんですけどねww

垣内
垣内
賢い。

田原
田原
思いません?

垣内
垣内
思う、思う。

田原
田原
基本的にはいくつもやるのもね、分散されるじゃないですか。

垣内
垣内
僕の友人には仕掛け屋さんがいて、いくつもから収入をとってる人がいますよ。

田原
田原
稀ですよね。

垣内
垣内
いない、いない。
それはもうトッププロだから、日本の。
業界を牛耳ってるトッププロの友人たちは、仕掛け屋さんで、いくつもからすごい収入を取ってる人がいるのは事実。

田原
田原
はい。

垣内
垣内
でも、コイツじゃない。
いくつもやったっていう発想じゃないし、そんなことをわざわざ言わない。
実はこいつが胴元だよねっていうのを僕ら知ってる訳じゃない。
だから、アニメのアイコンは使わないし、こんな書き込みもしないし、俺の友達は。
だから何言ってんだろうなって。
何度も言いますが、いつも事実に基づいてどう思うか、問題提起をしてるわけ。
赤字で、リストがなくって、消費者がいない、獲得できない、それを解決しないといけないし。
ローソン、セブンイレブンだって言ってたり、商店街の中で五十年前の法律違反の勧誘して、「お客さんいないよね」っていう。
僕はこういう比喩表現についても事実に基づいて話をしている。
具体的な数字も言ってる訳じゃないですか。
それについて、アメリカの事情とかもですね、これはもうちゃんと話してる。
アメリカFTC公正取引委員会です、日本で言えば。
FTCが業界大手ハーバライフ、これダイエットサプリメントのネットワークビジネスなんですけれども、ニューヨーク証券取引所に上場してる世界三位の会社、4千数百億の会社に対して、ピラミッドスキーム、ねずみ講だっていう訴訟2010年結審してます。
2012年ですね。
ネズミ講っていうピラミッドスキームに対して、それの非を認めて、200億和解金払ってます。
しかもFTCに圧力をかけて「消費者が70%以上じゃないなら給料払うな」っていう70%ルールっていうの圧力を掛けて、それで業界激震になって「ネットワークビジネスはダメだよね」と。
実際100~200億っていきそうな新しい信仰ネットワークビジネスが結局消費者いないということで、政府から潰されたケースもありますし、1000億円以上の売り上げが上がったアドボケアっていうのがありまして、こちらについても学生問題とかいろんなものがありまして、全部ですねネットワークビジネスに1000億円以上の売上が上がったのに撤退してる。
今言ったの全部事実です。
だから、あなたが何社もやって儲かったっていうのはちょっとよく分からないですけど、そういう人はいない訳じゃないんですが、あなたみたいな発言はちゃんとした人はしないので、多分バカなんですかっていう話。

「ネットワークビジネスは権利収入になる」ってプレゼントしてる人が多いですけど、それ自体が法律違反なんだけど、権利収入になるって言いながら、次は引っ越しっていうんだったら、嘘つきなの?っていう話。
そしてまた組織をこうやって移動してくるわけですよ。
僕は全部ゼロからカスばっか揃えて、ゴミを宝に変えたわけ。
カスを優秀な人間に育て上げたわけじゃないですか。
組織をどん、組織をどんっていうのは泥棒じゃん。
嘘つきと泥棒が成功している業界で、言ってる話は何が事実なの?って。
僕の話は全部ソース元があって、データに基づくファクトに基づいた話なんで、これに対して意見を聞かせてもらえないですか?

田原
田原
井の中の蛙って言われてもおかしくないくらい、すごい尖った、ターゲットの狭い発信をやってるじゃないですかwww

垣内
垣内
はははwww

田原
田原
でも、やっぱりある一定層が見てくれているんですね。

垣内
垣内
ありがたいですね。

田原
田原
ほとんどネットワーク経験者か、今やってるかですよね。

垣内
垣内
そうそう。
やってるか、やってたか、身内が騙されてるかみたいなw
そういう人が見てくれて。

垣内
垣内
もうその分野では圧倒的な情報量があって、圧倒的に相談がきてるのが僕ら。この分野では。
僕らはより尖ったものを発信していきますよ。
また楽しみにしてください。

田原
田原
ありがとうございました。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


どうも、垣内です。
私はネットワークビジネス10年で1000億以上の売り上げと20億以上を稼いだ、最も成功した一人です。
そして何度も事業を支援、立ち上げ、インフルエンサーの募集育成にも長けております。
日本のトッププロ集団です。

あなたはネットワークビジネスは誰でも出来る、簡単だと思いましたか?
簡単ではなかったでしょ?

そこには、致命的な3つの課題があります。

①赤字の上で成り立っている。

②リストがない、リストを作る為にコストや労力、スキルが必要。

③消費者がいない獲得できない。
 
セミナーで人に会う、DM送ったり勧誘し、抽象的で具体性の無い、思えば叶う、成功者の真似をしろ、と言われてませんか?
 
そして新しい人がどんどん入れ替わっていくし、辞めてった方を見て、
【権利収入になってない】
をあなたは実感した事でしょう。
あなたの才能を伸ばしてくれないと、うまくいく訳がありません。

1億円以上かけた教育システムで、私どもが皆さんからお金を取るのではなくて、私どもがあなたに投資を致します。

 

そして高額塾や投資に騙されてる方もいらっしゃいます。
情報弱者からお金を巻き上げられるビシネスには騙されないでください。
お金を取り戻せる方法などもアドバイスさせていただいています。

まずは1人で悩まず、なんでもご相談ください。
人生を好転させましょう!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓

友だち追加
ネットワークビジネス
シェアする
垣内重慶公式ブログ
タイトルとURLをコピーしました