ネットワークビジネス・オンラインサロン・情報商材は詐欺ばかり!見分け方は簡単!

ネットワークビジネス・オンラインサロン・情報商材は詐欺ばかり!見分け方は簡単! ネットワークビジネス

このサイトではネットワークビジネスについて扱うことが多いですが、今回は、オンラインサロンや情報商材、高額塾についてもぶった斬っていきます!

世の中のこのようにビジネスは本当に詐欺的なものが多いです。

そこで、ちゃんとしたビジネスか、それとも、詐欺的なビジネスなのか?
簡単に見分ける方法、考え方がありますので紹介します。

変なビジネスに騙されないようにしてくださいね!

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

オンラインサロンについてどう思いますか?

垣内
垣内
オンラインサロンのほとんどがデタラメだからさー。
その人たちの実績をね。
まあ実績ある人から学ぶもんがあるんだったらいいんじゃないの?逆に。
安かったら。

田原
田原
うん

垣内
垣内
でも、高額塾はおかしいからね。
本当にいいもんだったらもう低価格でさ、堀江さんもやってるけど、低価格のやつを何千人、何万人か集めてやるんだったらありじゃないの?

アフィリコってどんなネットワークビジネス?

田原
田原
「アフィリコの方からめちゃくちゃFacebookで勧誘がきます。正直かなりうざいのですが、突っ込むと大抵ブロックされます!」
垣内さん、アフィリコは知っていますか?

垣内
垣内
知ってるよ。もちろんやってる人も知ってるし。
え?言っていいの?

田原
田原
言っていいんじゃないんですか。

垣内
垣内
情報商材のネットワークやんか。
情報商材のマーケットってどれくらいあるか知ってる?

田原
田原
情報商材のマーケット?
情報商材を欲しがる人ってことですよね?

垣内
垣内
情報商材がどれぐらい日本で売れてるのかって。

田原
田原
そんなのかなり少ないんじゃないですか?

垣内
垣内
そうそう、100億ぐらいしかないの。

田原
田原
はい、全体で?

垣内
垣内
そう全体で。全体で100億。それをネットワークにする。
情報商材って詐欺ばっかりやな。
もう9割以上詐欺やと思ってるんやけど。
まともなのもあるかもしれへんけどね。

田原
田原
はい

垣内
垣内
高額塾、高額ノウハウっていう詐欺、それが100億しかない。
それをネットワークにするの?
え、なんで?

田原
田原
確かに

垣内
垣内
余計儲からへん。
で、情報商材のノウハウはな、例えばこれで電子書籍の出版の仕方とかいろいろあるわけよ、そんなん。一位の仕方とか。
ネットに落ちてるから。
もうそんなカスみたいな、カスネタなんやけど。
カスネタ、詐欺ネタ、わざわざ買う?

田原
田原
いや・・・

垣内
垣内
それやったら、それで儲けたらいいやん。
それで儲かってる奴いますか?そこに消費者はいますか?って話なんですよ。
ほんなら、ネズミ講やんかっていう話やな、1つは。

田原
田原
うんうん

垣内
垣内
情報商材100億しかなくって、100億をネットワークにする?
本人たち、それでギリギリ儲かってる奴も、まあもうトップはすごいで。

田原
田原
うん

垣内
垣内
ほんまむちゃくちゃやん。
詐欺ネタばっか売ってると。ネット調べたらボロカス書かれてるわ。
だからそんなんをネットワークにする?
どこに消費者がおんねん。

田原
田原
はい

垣内
垣内
「そのノウハウがすごい」っていうても、そのノウハウで儲けている奴を探してきたらええやん。
なら儲からへんネタを売ってんの?ネットワークで?
それネズミ講や。

田原
田原
確かにw

垣内
垣内
そうやろ。そんなの何がすごいねんって話や。

田原
田原
アフィリコで儲かってる人がいるのかは僕ちょっと分からないですけど、アフィリコで扱ってる商材で喜んでる人じゃなくて、「こういうのがあるよ」って紹介して、ネズミ講みたいにしてるということですよね?

何でもできるは、何にもできない!

垣内
垣内
そうそう。
車も扱い、ブランド物のバックも扱い、携帯SIMもやるよ、何でもやるよって。

田原
田原
あー言ってました、言ってました。

垣内
垣内
「なんでもできるよ」って。
それ一見すごいやんか、素人から見たら。
あのな、なんでもやって言って儲かってる奴いないやんか。
ベンチャー企業とか色んな事業に手を広げるとな、投資家から「絞れ」って言われんねん。

田原
田原
はい

垣内
垣内
何が強みや、利益なのかって。
携帯SIMやったら携帯SIMだけやらんと。SIMなんか絶対儲からへんけど。
最近クラウドSIMの時代に携帯SIMありえへんねんで、今。

田原
田原
うん、なるほど

垣内
垣内
クラウドSIM、SIMがなくなる時代やねん。
そんな時代がもう情報弱者やねんけど、何でも一つずつ立ち上げなあかんのにな、それでなくてもまあ、素人、情報弱者が集まっとる、アフィリコなんか。アホや。

田原
田原
あははww

垣内
垣内
アホが集まってる中で1つもでけへんのに「何でも扱える」「何でもできる」は何にもできないです。
プロフェッショナルにならなあかんわな、その業界の。
商品特性だとか、差別化とか、こういうのSTP、セグメント・ターゲット・ポジションと言いまして、マーケットがあったら細分化して、そしてターゲット、どこに定めて、ポジション=差別化っていうのがSTP。
STPを明確にしないと、ビジネスで絶対に勝てないんですよ。

田原
田原
うん

垣内
垣内
何でもできるってのは、情報学者で素人がやってたら、そんな何にも起こらないです。
何にも起こらないです。
つまりネズミ講。
「これでお金儲かるよ」っていうネズミ講になってるよねって。
こんな昔からあるねん。

田原
田原
うん

垣内
垣内
この何でもあるっていうのがな。
何でもカタログ販売でとかな。いろんなものがあるねん。
ずーっと昔から、30年前からある。

田原
田原
一見表面だけ見たら、「なんかすごそう」って感じますよね。

垣内
垣内
そう、新しいな。
いや、だから、マーケット見ろよと。
それは何兆円とか、普通やったら大きなチャレンジするとしたら、何兆円っていうマーケットをターゲットにすんねんけど。
そのマーケット規模、この規模にお金が儲かる人っていうのは規模によるわけやから。

田原
田原
はいはいはい

垣内
垣内
規模が小さかったら少ないわけですよ。
規模は大きくないとあかん。

田原
田原
はい

垣内
垣内
規模を見るやろ。
そして、その利益率を見る。
例えば旅行って規模でかいな。

田原
田原
そうですね。

垣内
垣内
そやけど、利益ってインバウンド10%ないからな、利益。
これをネットワークにするっておかしいやろ?
しかも、海外旅行って今年の5月に何人行ってるか知ってる、日本から。
海外旅行違うわ、出国した人間、何人いるか知ってる?

田原
田原
いや、わかんないです。

垣内
垣内
5000人。
旅行じゃなくて仕事で仕方ないから。
旅行なんて行くわけないから、今。
旅行で利益率が低くて、海外旅行行くやつがいなくて、それをネットワークでやる。
ネズミ講やろ、それ。

田原
田原
うんうん。なるほど。

大切なのは、消費者がいるかどうか

垣内
垣内
そういうことやろ。
普通に考えたらわかるやろって。
・市場規模
・利益率
・成長性
で、大切なのは、消費者がいるかどうか。
例えばアフィリコさんの話だけど、消費者が誰やの?
どんな人が消費者、どんな方がターゲットで、どんな価値を、どんな方法で提供するのか?

田原
田原
うんうん

垣内
垣内
「情報弱者をだまくらかして儲かるねん」ってのが情報商材やったら、もう既にやっとるわけや。

田原
田原
確かに。

垣内
垣内
ネットで集客したらいいやんか。
なんでネットワークやるの?

田原
田原
確かになー

垣内
垣内
自分で売ったほうが儲かるやん

田原
田原
消費者はいないですよねw

垣内
垣内
いない、いるわけがない。
そのノウハウで儲かってる奴探してこいと。
だから「携帯SIMが売れるよ」「何々が売れるよ」「これが売れるよ」って言ってやってる。
「その権利が全部あるよ」って言って。
じゃあ、その集客はどうするの?って話。

田原
田原
うん

垣内
垣内
ブランド物、車、いろいろ、じゃあ売れるようになってみ。
売れてる奴おるかって、それ。
そこはそこをやり切った、そこのプロフェッショナルを育成して、そのターゲットゾーン、これとこれ、ABCでターゲットゾーン違うわけやんか。

田原
田原
はいはい

垣内
垣内
集客も違うねん。当たり前やけど。
ニーズが違うから集客も違うやろ。
それをネット集客、だれが成功してんねん?

田原
田原
はい

垣内
垣内
そこ教えてんやったら、大したものやなと思う。
無理やろ、そんなん。

田原
田原
売上なんか上がってないんじゃないですか?

垣内
垣内
上がってない。会費。会費。

田原
田原
ね、そうですよね。
会員数だけは何人、何万人いますけど、売上はないですもんね。

垣内
垣内
うんうん。

田原
田原
なるほど

ネットワークビジネスは副業として成り立つ?

田原
田原
「ネットワークビジネスは副業として成り立つのでしょうか?」

垣内
垣内
成り立ったよ。ぶっちゃけ。
成り立ったこともある、一瞬。
でも基本的には考え方やけど、副業で成り立つというのは、サラリーマンができるかどうか。

田原
田原
はい

垣内
垣内
これちょっと判断してほしい。
成り立つか成り立たれへんかって言ったら、成り立ったやつもおんねんけど、普通のサラリーマンで余裕時間が何時間あるかって話やねん。
何時間あると思う?

田原
田原
1日ですか?

垣内
垣内
うん、1日。土日も合わせて。ならした平均時間。

田原
田原
土日も合わせて?
2、3時間ですか?

垣内
垣内
3時間やねん。
ほなな、3時間しかないということやねん。
この3時間で得られる給料がコストを上回らなあかん。

田原
田原
はいはい

垣内
垣内
できる?w

田原
田原
あーなるほどなぁ。

垣内
垣内
ネットワークビジネスやってた人な、3時間しかない。これ、平均やねん。
子供さんいたらな、時間ないわ。
そして、忙しいブラック企業に勤めてる、給料が安いとか、いろんなケースがあるの。
上場企業や公務員とか、定時で帰れる人も合わせて3時間しかないねん、平均したら。

田原
田原
ヘえー

垣内
垣内
家庭もあるよ、子供のこともあるよ。
ということは、2時間でプラスになる、2時間が時給1000円もらえるとしたら、時給が1000円2時間で1日2000円なりますかって話だよ。
これが理論的に説明できますか?って言ったらほとんどアウトやろな。

田原
田原
なるほどなぁ。
じゃあ、ネットワークとか無理っすねw

垣内
垣内
リアルでネットワークビジネスっていったら、今の理論やからな。
3時間しかない。家庭のこともあるから2時間で収めなあかん。
その中で、経費を収入が上回るビジネスが設計されてるかどうかやな。
理論的に説明できるかどうかって話になったら、全部アウトちゃうか?

田原
田原
なるほど。

NMNサプリメントを扱ってるMLMについてどう思いますか?

田原
田原
「NMNのサプリメントを扱ったMLM、NMNのサプリメントをどう思いますか?」

垣内
垣内
あー、ニコチンアミドモヌクレオチドとビタミンB3の中におこなうベーターニコチンアミノ、いいんちゃうかな?
まあ、いいと思います。成分はですね、成分はいいと思いますよと。

田原
田原
はい

垣内
垣内
効果があるのかどうかもわからへんけど、日本のネットワークなのかアメリカのネットワークについて、まず違いますと。
そしたら、アメリカっていうのはGMP、グッドマニュファクチャリングプラクティスという基準があるから。
これ、日本って基準ないねん。

田原
田原
はい

垣内
垣内
あると言ったらあるんやけど、GMP。もう5ページしかない。
アメリカは800ページや。

田原
田原
はいはい、全然違う。

垣内
垣内
原材料のチェックと製造された製品のチェック、両方ある。
ないねん、日本。

田原
田原
はい

垣内
垣内
体の中で溶けるか溶けないかって検査があるやんか。
ないねん、日本。
製造設備の監査とかあるけど、ないねん、日本。
要は5ページ書いたら、いやだからアメリカってサプリメントなんかは信用ができるっていうな。法律やから。

田原
田原
うん

垣内
垣内
日本やとしたら、うーん、どうなんやろなと思うし、NMNがいいかどうかは知らないけど、まあ見た感じ成分的には良さそうなんですけど、老化防止とかにすごい良さそうですけど。
どんだけの容量があって、どんだけの吸収があって、体内で臨床データですよね。
臨床的にどうなるのかっていう研究がなされてるのかっていう話と、それをサプリメントにした含有量とか、やっぱ色んなものがあるから、いやいやほんまに効果あるのって?話だし。

田原
田原
うん

垣内
垣内
それをMLMにすると、さっきの市場原理、だって、サプリメント2兆円の中でMNMはどんだけのマーケットがあるの?
どんだけのマーケットが取れる可能性があるか。
今のマーケットと想像できる、仮説である取れるマーケット?
何人、単価なんぼで、どれぐらい取れるのっていう、それを目指してビジネスする、それをMLMにする必要ある?

田原
田原
うーん、なるほどね。

垣内
垣内
だってこんなんやで。
こう思ってるMLMやったらまだわからんでもないけど、でもMLMで消費者がいないビジネスは全部アウトやねんけど。
マーケットを見ないとあかん。
サプリメント2兆円、日本国内で。その中で優位差別性が必要ですよと。

田原
田原
うん

垣内
垣内
NMNがいくら凄かったとしても、どうやって差別化して、どうやって消費者に訴えかけるのかと。
例えば僕がNMN知らない。
調べたら、分かった分かったっていう感じやんか。

田原
田原
うん

垣内
垣内
ええと思うねんで。
っていう専門家がそう言う感じなのを、一般人がそれやって、マーケットが消費者でブームを起こせるのかと。
ムーブメントは起こせるのかと。マーケットが作れるのかと。
そこが疑問やから、それが日本で、そんなネットワークビジネスをやるとしたら、いや、1000%無理やろうと。

田原
田原
うーん、なるほどですね。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


このブログを見てくれているあなたは、
ネットワークビジネスに何かしらの違和感を感じていることでしょう。

その感覚や認識は間違っていません。

かつてネットワークビジネスで億を稼ぎ、帝王だったわたくし垣内も違和感を持ち、
プロの経営者としての視点から、この業界の展望が望めずに辞めました。

それほど業界には問題が多いのです。

そして業界の健全化のためにこのブログを発信しているのです。

あなたがネットワークビジネスを始めた真の理由は何ですか?

ご自身はもちろん、
ご家族やお子さんの幸せを考えて始めた方が殆どかと思います。

しかし一方で、
ご家族やお子さんとの時間を犠牲にしていませんか?

そして犠牲にしてまで活動している
その成果はいかがですか?

家族は何よりも大切すべきです。

4月になり新年度がスタートしました。

あなたやご家族はもちろん、
あなた自身が真に成長し、
本業や副業の結果がより良い方向に進むためにも、

一人で悩まず、ぜひお気軽にご相談くださいね!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓
友だち追加
ネットワークビジネス詐欺
シェアする
タイトルとURLをコピーしました