承認欲求が強いリーダーは地獄!リーダーは孤独で認められない!

承認欲求が強いリーダーは地獄!リーダーは孤独で認められない! ネットワークビジネス

今回の記事では、リーダーを目指す人々が抱える「認められたい」という願望について深く掘り下げます。

リーダーはそもそも認められないものであり、孤独なものです。
これを理解しないままリーダーを目指すのは危険です。

承認欲求の落とし穴や、人間関係、人生の考え方について学べる内容ですので、じっくりとお読みください。

《無料》相談・お問合せは
垣内重慶LINE公式から

↓ ↓ ↓

友だち追加

リーダーは認められない

田原
田原
よろしくお願いします
今回は、承認欲求について。
「承認欲求が強いリーダーについてどうなの?」っていう話をしたいと思います。
「認められたい!!」
「俺のことを褒めてくれ!!」
っていうのを。
アピールがにじみ出てる人っていると思うんですけど。
垣内
垣内
承認欲求ね。
いやー地獄じゃない?
承認欲求がある間は。
なぜか?
田原
田原

なぜか?

垣内
垣内
承認欲求が強い人は、ずっと苦しむよ。
そしてずっと養分になる。
ずっと何かに依存する部分があって、搾取される側にずっといると思う。
田原
田原

なるほど。

垣内
垣内

で、みんなが目指している、例えば

  • 成功だとか
  • リーダーになりたいだとか
  • ネットワークビジネスの人だったら、組織を作ってリーダーになりたい

と思ってね。
僕のとこで勉強したいと思って来て、ぶった切られて
「この野郎、クソ野郎、垣内ハゲ」
みたいに思ってる奴がいるかもしれないけど。
承認欲求あったら苦しむ。
その心は??

田原
田原

その心は?

垣内
垣内

なんか分かる?

田原
田原
難しいなぁ。
でも認められたいっていうことは、常に、見返りを気にしてなきゃいけなくないですか?
垣内
垣内

なるほどね。

田原
田原

ギバーっていう感じではない。

垣内
垣内

テイカーだよね。

  • ギバー:与える人
  • テイカー:奪う人
  • マッチャー:中間

っていうのがいるんですよね。
テイカーが多い組織っていうのは、非常に苦しむんですよ。
承認欲求が多い人って、テイカーが多いですよね。
自己啓発なんかもそうですけれども。
テイカーだらけの組織って、そこは居心地がいいわけがないし、成長するわけがないんですよ。

田原
田原

はい。

垣内
垣内
なぜならば、リーダーになりたいって少なくとも思ってるわけじゃないですか。
リーダーという仕事っていうのはね。
皆さん、やったことある人もいるかもしれないけど、認められないですから。
リーダーというのは、矢面に立つ人なんですよ。
リーダーの仕事は、矢面に立って、何かが起こった時に、組織を守ることなんですよ。
そしたら、どうして承認されるんですか?
いつも、承認されないのがリーダーという職業なんですよ。
垣内
垣内
わかります?
その中で、孤独との戦いをやってるのが、リーダーっていう職業なんですよ。
だから、承認欲求があったら、そもそも論で、リーダーはお前が目指してる姿ではない。
そこには、お前の望んでるものはないよって話です。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だからですよ。
承認欲求があったら、地獄になりません?
だって、俺が認められたいと思ってても、認めてくれないでしょ?
これ見てるお前たちよ!
こんだけやっててもさ。
ボロカス言われて、あいつが口が悪いとか。
垣内
垣内
逆に、みんながこの人が悪いぞ、お前間違ってんじゃないかって言えない組織のイエスマンになったら、終わりじゃないですか。
僕はね、2ちゃんねるとか、今の5ちゃんねるでね、
「垣内はイエスマン以外周りに置かない」
とか言われるけど。
俺の周りってさ、俺のことボロカス言うやつばっかりだからね。
認めてくれてると思いますよ。
でも、認めてくれてるからこそ、あかんとこはあかんと正直に言ってくれますよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
ちゃんと信頼関係があるから、ダメなところはダメって言えるんじゃないでしょうかね。
だから、俺が認められたいとか、褒められたいとか思ってたら、そうはならない。
俺は逆に、お前間違えてるぜって言われて、喜ぶんだもん。
「この組織は機能してる」
って感じじゃないの?
田原
田原

(笑)はい。

垣内
垣内
「何でも垣内さんの言うことは、間違えないっす!すごいっす!」
って言ってたら、俺は不安で。
逆に、そんな組織は不安でしょうがないけどね。
田原
田原
確かに。
リーダーが間違えてるケースってありますからね。
垣内
垣内
俺なんて、往々にしてあるじゃない。
結構、指摘してくれるんですよ。
垣内さん、これどうですかね?とか。
ものすごい指摘の仕方が上手なんですけど。
田原
田原

(笑)

垣内
垣内
これさ、なんか打ち合わせしてたろ、みたいな勢いで、仕組まれてる時もあるんだけど。
そういうのも含めて、気持ちいいもんね。
気持ちよく聞ける。
あそうか、俺が悪いんだな、みたいに思う。

リーダーは孤独

垣内
垣内
だって、俺だって人間なんだから自信持ってる部分もあるし。
俺は組織で、会社でもそうなんですけど。
「多数決では決めない」
って断言してる人なのよ。
だって、世の中ってバカな人が多いでしょ。
賢い人の方が多いわけないじゃない、世の中って。
人が集まれば、バカの方が絶対多いわけですよ。
垣内
垣内
多数決で決めるって事は、バカな意見を採用するってことでしょ。
民主主義を否定するわけじゃないんだけれども。
多数決は、やっちゃいけないことを決断するかもしれないじゃない?
垣内
垣内
だから、俺はトップだから、責任を取る立場なんですよ。
最終決断は俺がする。
多数決の意見が違くても、俺はこうだと思った方にする。
もちろん、認める時もある。
認める時もあるし、認めない時もあって、わがままで。
俺は、ちゃぶ台ひっくり返して、いざとなったらギリギリで、俺はそれをやりたくない、とか言うタイプなのよ。
でも、その時は、俺は俺で責任を取るから。
そうでしょ?
その覚悟を持って、多数決では決めないって宣言してるわけですから。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だからね、俺が承認欲求あって、認めてくれ!なんて言ってたらどうなる?(笑)
いや、認めてほしいよ、俺も人間だからさ。
俺なんか、全否定だぜ、かみさんも。
この前なんて、うちの息子の4歳のえーちゃんとうちのかみさんが、最近ね車を買い換えて、横にも乗ってくれないの。
後ろ座席に二人乗ってんの。
田原
田原

後ろ座席が快適な車ですもんね。

垣内
垣内

後ろ座席でふんぞり返ってるの。

田原
田原

(笑)運転手?

垣内
垣内
そう。
手袋はめなきゃとかいう感じなんだけど。
で、後ろでふんぞり返って、なんか言ったら、
「パパが悪いーぎゃはは!」
とか言ってるの。
もう息子とママといつもね、結託して。
女の子同士で結託するのってまだいいじゃん。
うち息子やない。
でもママが大好きで、やっぱりママと結託して俺をいじめにかかると。
くっそ、このやろうーとか思ってるんやけど。
垣内
垣内
どうやって承認されるの?ってこと。
お父さんなんで孤独だし、経営者なんて孤独だし。
だから経営者は孤独なんですよ。
わかります?
経営者って、リーダって、孤独なんですよ。
垣内
垣内
それが、認められたいなと思って、進んでいって、リーダーになったら、お金持ちになったら認められるなんて思ってたら、えらいことになるじゃない。
幸せ通り過ぎちゃうじゃない。
ここに幸せがあるのに、通り過ぎていくことになるみたいな。
後戻りできないじゃない、人生って。
田原
田原

はい。

イージーでアバウトにならないとストレスになる

垣内
垣内
そしたら、終着駅がなくなる、ゴールがなくなる旅を続けることになるわけですよね。
僕はよく、ネットワークビジネスの人たちを表す時に、ユニコーン探しの旅だと。
ありえないものを探す旅だと。
ユニコーンなんていないでしょって言って。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だから、ユニコーンなんていないから、旅が終わらない。
永遠に、グルグル回る。
そんな残念な旅になります。
垣内
垣内
俺は、ロバでよくね?っていうタイプです。
ロバだったら、どこにでもいるし。
ユニコーンはね、欲しければ画用紙でつのつけて、セロテープではって、遠くから写真撮ったらわからなくね?みたいな。
どっちでも一緒じゃん、みたいな。
ロバもユニコーンも変わんねえさあ。
俺はそういうタイプなの。
だから、もっとね、イージーでアバウトで、もう少しストレスがかからないような生き方をしないと、社長やリーダーなんかなれるわけねえじゃん。
ストレスで俺死んでるよ、そんなことしたら。
そんなこと、もうよくない?みたいな考え方があるから、リーダーになれるわけじゃん。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
どうしようもないことで悩むっていうのは、迷路に迷い込んでゴールがない旅を続けてるのと一緒ですから。
どうしようもないことで、悩んでも一緒だったら、もう忘れるしかないんです。
それ考えて、解決できるんだったら、悩んだらいいですよ。
何かね、メリットがあるんだったら、考えるのも一理ありますけど。
そうじゃないんだったら、忘れるしかないけど。
垣内
垣内
「そんなこともあるよね」
って。
「なんか自分に意味があるのかな」
と。
「自分はここで、どんな成長ができるのかな?」
と考えた方が、めっちゃプラスやん、とか思ってしまうわけですよ。
どんな出来事があっても、良かったよねって結びつかれるように、自分の頭を持ってった方が楽じゃないんですかね。
田原
田原
でも、家庭とかでも、認められない承認欲求がある人たちが、そういったネットワークビジネスとか高額塾の誘いが来た時に。
ここだったら、私は輝けるかも、みたいな感じで参加するんですよね。
垣内
垣内
「あなたはすごい」
「あなたを認めてくれないとおかしい」
とか言う、そんなやつ信用しちゃダメよ。
だいたい、あなたが悩んでる時、この人の悩みのネタを否定するような人は、あなたをおとしいれたい人ですよ。
あなたの友達が、あなたと一緒になって、旦那のことをひどい人ね、みたいに言ってる人はね。
事情を知らないわけですから。
垣内
垣内
あなたが旦那さんともすごい友達で、旦那さんから意見を聞いて、その中で全てを理解した上で、そういう判断もあるんだったら、一つの意見としてもいいと思うんですよ。
でも、そうでないのに、この人にとって、それって幸せなの?って話なの。
それは、DVでひどいことになって、その人がカサンドラになってるとか。
でも、この今の状況の中で、前後があるわけじゃない。
その人の意見は、一部を切り抜いてる可能性があるわけじゃない。
全部を知らないと、誰にもわからないわけですよ。
垣内
垣内
旦那は旦那で、ものすごくやり込められてて、ひどいことがあって。
奥さんは、いつも足が臭くて、水虫うつされて、料理を作らなくて、この前は腐った料理を出されて、腹壊してたかもしれないわけじゃない。
全部はわからない。
垣内
垣内
だから、僕は人の人生を左右するようなことで、アドバイスなんかできないって思うんですよ。
その人の話を聞いて、その人が問題と思ってるのは何なのかって、その人に気づいてもらわないといけないわけじゃない。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
だから、僕が何か、この人にアドバイスすると、僕がどう思われるかっていうことにつながってるわけじゃない?
僕は、
「僕がどう思われようと、この人が幸せの道を選んでほしい」
と思うのが、子育てであり、パートナーであると思うんですよ。
垣内
垣内
熟年離婚とかがいっぱいあるわけでしょ。
仕方ないよね。
それは、30年間も奥さんをないがしろにした、そこにジジイがいるって事でしょ。
会社の中では俺はすごいな、と思って。
大した給料じゃないのにね。
奥さんは、朝から晩まで子育てしてくれて。
家事とか散々してね。
最後に、会社の課長や部長でいる気分で、ドカンと家にいられたってね。
いやいや、あんた何なの?って話になるわけじゃない。
それわかるよねって話なんですよ。
田原
田原

はい。

垣内
垣内
でも、両方にやっぱり意見があって。
両方の立場になって聞いて、あなたがどう思うかって、自分の意見と言うんだったらいいんじゃないですか。
だから、
「わかるー認められたいよね。
そんなことも言ってくれないの?
じゃあ、あなたこうしたらいい。」
って、言うのは、悪魔に決まってる。
あなたのことを考えてないから、赤の他人だから適当なこと言うんだって。
垣内
垣内
俺、メルク(世界最大の製薬メーカー)の日本法人に勤めたんだけど。
入社式の時、俺、金髪で行ってさ。
ブチ切れられて、長崎の五島列島に飛ばされたわけだけど。
垣内
垣内
あの時、バンドやってたから金髪だった。
面接とかは黒にしてたんだけど、入社式の前日は金髪に戻ってた。
東京に乗り込んで、どこで染めたらいいんだろう?って思って。
今みたいに、毛染めがあちこちに売ってないじゃん。
髪染めるとことか、わかんないわけよ。
友達に聞くでしょ?
「どうしよう、これ金髪で。
そういうのあかんよね?」
って。
垣内
垣内
そしたら、みんな、
「大丈夫じゃない?いけるいける!」
とか言って、みんな適当やねん。
人のことやから、適当やねん。
みんなが言うから、
「これも行けるのかな?」
と気持ちが大きくなっちゃって。
冷静に考えたら、行けるわけないじゃん。
行けるわけないけど、俺みんながいけるいける言うから、
「いけるかも分からない」
と思ってしまって、ブチ切れられたからね。
「創業以来の不祥事です」
「金髪で入社式に来たやつはお前が初めてだ」
て言われた。
田原
田原

(笑)はい。

垣内
垣内
だからさ、人間はね、当てにならないってことですよ、みんな。
そんなに、真剣に考えてくれるのは、もう家族だけですよ。
赤の他人が、あなたに共感したように見せかけて、何かに誘導する罠が入ってたら、これおかしいですよ。
認められないもん。
垣内
垣内
だって、お母さんやっててもそうでしょ。
やってくれるのが当然でしょう。
お母さんてね、やらなかったら文句言われるわけじゃない。
やってくれて当然で、親孝行したい時には、親はいずって言ってね。
いざ親のありがたみがわかって、すごいなと思ったけど、親は死んじゃっていないわけでしょ。
垣内
垣内
そういうものの順繰りが、人生っていうものなわけじゃない。
認められないのよリーダーって。
だからね、それを分かって目指さないと、叶えても地獄になっちゃうから。
「幸せって何なの?」
「何のため俺頑張ってきたの?」
ということになりかねないから。
俺は承認欲求は辛いと思うなぁ。
田原
田原
ありがとうございます。

垣内重慶公式ブログLINE公式特典


このブログを見てくれているあなたは、
ネットワークビジネスに何かしらの違和感を感じていることでしょう。

その感覚や認識は間違っていません。

かつてネットワークビジネスで億を稼ぎ、帝王だったわたくし垣内も違和感を持ち、
プロの経営者としての視点から、この業界の展望が望めずに辞めました。

それほど業界には問題が多いのです。

そして業界の健全化のためにこのブログを発信しているのです。

あなたがネットワークビジネスを始めた真の理由は何ですか?

ご自身はもちろん、
ご家族やお子さんの幸せを考えて始めた方が殆どかと思います。

しかし一方で、
ご家族やお子さんとの時間を犠牲にしていませんか?

そして犠牲にしてまで活動している
その成果はいかがですか?

家族は何よりも大切すべきです。

4月になり新年度がスタートしました。

あなたやご家族はもちろん、
あなた自身が真に成長し、
本業や副業の結果がより良い方向に進むためにも、

一人で悩まず、ぜひお気軽にご相談くださいね!

公式LINE登録&質問回答で次の2大特典をプレゼント中!

特典1:垣内無料副業相談
特典2:ビジネスに役立つ特典動画プレゼント


ご相談はこちら
↓ ↓ ↓
友だち追加
ネットワークビジネス
シェアする
タイトルとURLをコピーしました